通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%81%A8%E3%81%AE%E6%AD%A3%E3%81%97%E3%81%84%E4%BB%98%E3%81%8D%E5%90%88%E3%81%84%E6%96%B9+%28DIS+COVER%E3%82%B5%E3%82%A4... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 e.style東京
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品の為、カバーに多少の使用感、ヨレ、シワ、キズ等がございます。著者、訳によりカバーデザインが異なる場合がございます。ご希望がある場合はご購入前に必ずお問合せ下さい。<検品担当者より>チェックは万全を心がけておりますが、万が一見逃しがあった場合はご了承下さい。発送時は、可能な限り48時間以内にゆうメールにて発送を致します。(お問い合わせはメールのみにてお受け致します。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

科学との正しい付き合い方 (DIS+COVERサイエンス) 新書 – 2010/4/15

5つ星のうち 4.1 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 140
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 科学との正しい付き合い方 (DIS+COVERサイエンス)
  • +
  • 面白すぎる天才科学者たち 世界を変えた偉人たちの生き様 (講談社+α文庫)
総額: ¥2,074
ポイントの合計: 64pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

Dis+coverサイエンス創刊第2弾は、なんとなく難しそうで近寄りがたいイメージのある
「科学」とのゆるいかかわり方、楽しみ方について、
文系と理系の間に立ち、サイエンスコミュニケーターとして活躍してきた
内田麻理香さんが語るものです。

「私はもともと科学アレルギー」「科学なんか、別に知らなくていい」
よく聞くこんな話。それって、ほんとうでしょうか?
そもそも、そう思い込んでいるだけ?
その結果、自分の視野が狭くなっているとしたら?

あたりまえを疑うことから、科学との付き合いがはじまります。
身のまわりにあふれている科学技術の種を拾うだけで、
「新しい扉」が開かれ、あなたの毎日は変わることでしょう。

文系目線の、文系のための科学リテラシー本の決定版の誕生です。

内容(「BOOK」データベースより)

あたりまえを疑うことから、科学との付き合いははじまる。身のまわりにあふれている科学技術の種を拾うだけで、「新しい扉」が開かれ、あなたの毎日は変わることだろう。文系と理系の間に立ち、サイエンスコミュニケーターとして活躍してきた著者が、科学技術とのゆるいかかわり方、楽しみ方について語る。文系目線の、文系のための科学リテラシー本の決定版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 288ページ
  • 出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン (2010/4/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4887597932
  • ISBN-13: 978-4887597938
  • 発売日: 2010/4/15
  • 梱包サイズ: 17.4 x 11.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 292,895位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
子どもたちの理科離れが問題となってから20年以上経つのではないかと思います。
これが、国や地域社会の科学技術の発展のブレーキになり、産業が廃れていくことにもなりかねない危機的なことであると痛感します。

高等学校でも、教員も生徒も、身の回りの科学的事象・事物と向き合い、新しい知識を身につけたり、自分の意見を周りの人に伝えたりする機会を提供するように努力を続けています。高等学校の経験が、それぞれの人の中で生きてくれることを信じながら。
私自身も、この社会で科学に関心を持っている人を増やし、科学的思考を身につけて生活の中で生かしていこうとする人を増やしていくのは、難しさを感じます。その難しさの原因をしっかり考えさせてくれるのが、この1冊です。
もちろん、この1冊で答えが出るわけではありません。ただ、周りの人に科学の楽しさ、おもしろさを伝えようと日々努力をされている方々の心構えに反省点があるのは事実であることには共感します。伝えようとしつつバリアを作っている研究者・各学校の教員は、日本社会に多くいらっしゃるように思います。私自身も、新しく意味のある一歩が踏み出せるよう、自分自身のあり方を考えていきます。

研究職の方、学校関係者の方、科学技術の分野に携わる方、科学技術系の進路を考えておられる学生の方に読んでいただきたい1冊です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この本では、初級編、中級編、上級編と分けられていて、

初級編では、「科学」って聞くと、食わずぎらいのように、
苦手意識をもつ人も多いけど、科学って、日常的な、身近な生活にも
関係するものなんだし、苦手意識をもつ必要はないんですよ、という話。

中級編では、「科学リテラシー」の身に付け方として、
疑うことが大切ですよ、わからないことは知ったかぶりをするんじゃなくて
わからないことをまず認めて、質問もどんどんしましょう、という話。

そして上級編では、科学と上手に付き合うために、ということで
3つの視点を紹介している。

時には科学者のことを批判などもしつつ、すっごく真摯に書かれた本。

だけど、ある程度、科学リテラシーとか、疑似科学とか、
サイエンスコミュニケーションに関する本を読んだことがある人には、
あまり新味はないと思う。

あと、瀬名秀明さんが書かれた書評も参考になると思います。

[...]
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
本書を手にするのは、どんな人たちだろうか。著者の内田麻理香さんが願うように、理系に苦手意識を持った文系の人だろうか。それとも、やはり理系に関心を持つ人だろうか。理系・文系を問わず、テレビなどで内田さんを見て、内田さんに関心を持った人が手に取る可能性は小さくないかもしれない。サイエンスコミュニケーション“業界”では、内田さんはもはや有名人だから、本書に目を通す“業界”関係者も少なくないように思う。いずれにしても、内田さんがいう「普通の人」たちに本書がどこまで広まるかだが、正直なところなかなか難しいだろうという印象を持つ。

だからといって、本書の出版に意味がないとはまったく思わない。理系マニアを自認する内田さんだが、本書で「科学はありふれたもの」だと繰り返し説いている。昨年の事業仕訳でスパコン予算が凍結されたとき、ノーベル賞級の著名な科学者たちが一堂に会して緊急集会を開き、マスコミにも大きく取り上げられた。内田さんはこの様子を「科学教の狂信者集団」、科学者たちを「親にダダをこねる子ども」と同じと評した。知らず知らずのうちに、理系を特別扱いしている専門家やマニアにとっては、いわば内側から冷や水を浴びせられたようなものだろう。

現代という時代は、科学が大きな権威を持つに至っている。ところが、少しよく考えてみると科学の権威は「裸の王様」にすぎないこ
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
『カソウケンへようこそ』でファンになった彼女の、久々の新刊を読んだ。

なんというか、これまで、「カソウケンの研究員」やTVでの「失敗キッチンの人」
といった役を演じることが多かった彼女の、心の声を初めて聞いたような気がした。

特に読みどころは、中盤の「疑う心を阻害するもの」のなかの、
「「科学教」を狂信する」のくだり。
昨年末、話題になった「事業仕分け」への、科学者の言動をバッサリと切って捨てているのだ。
(しらなかったけど、まりか先生って、意外と辛口だったらしい)

「スパコンが世界で1位でなければならない」という科学者の演説を、
最初から諸手を上げて賛成するつもりで聞いている科学者たち。
科学者の本懐は、「目の前のものを疑うこと」ではなかったのか?と冷めた目で見る彼女。

この本で、内田麻理香氏は、今後はコスプレを脱ぎ捨て、身ひとつで勝負することを決意したようだ。
そんな彼女の覚悟に満ちた本書は、ある意味、彼女のほんとうのデビュー作なのかもしれない。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー