この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

秋田・廃村の記録―人口減時代を迎えて (秋田ふるさと選書) 単行本 – 2016/11

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 3,471 ¥ 2,372
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

戦後、さまざまな理由から、数多くの集落が廃村となって、地図の上から、記録から、人々の記憶から消え去っていった。だが、住民がいなくなった、すべての廃村が野に還ったのだろうか……。調査の結果から見えてきた意外な事実とは。 名著『秋田・消えた村の記録』を基として、日本全国の廃村調査をライフワークとする浅原昭生が気鋭の研究者林直樹とともに県内69か所の廃村を調査し、考察を加えた意欲的な報告書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

浅原/昭生
職業訓練法人日本技能教育開発センター職員。Team HEYANEKO代表。昭和37年、大阪府生まれ。近畿大学大学院化学研究科博士前期課程修了。中学校、高等学校教師を経て、現在に至る

林/直樹
金沢大学人間社会研究域人間科学系准教授。特定非営利活動法人国土利用再編研究所理事長。昭和47年、広島県生まれ。京都大学大学院農学研究科博士後期課程修了、博士(農学)。横浜国立大学大学院環境情報研究院・産学連携研究員、東京大学大学院農学生命科学研究科特任准教授などを経て、現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 206ページ
  • 出版社: 秋田ふるさと育英会 (2016/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4870225727
  • ISBN-13: 978-4870225725
  • 発売日: 2016/11
  • 梱包サイズ: 18.6 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 185,295位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2016年11月3日
形式: 単行本
review imagereview image
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年1月17日
形式: 単行本
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告