Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 399
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[幼女公爵]の私達を撮らないで(1) JS純粋少女の強制撮影ロリ陵辱 田舎村の思春期少女は知らない人の男根におかしくなるまで中出しされた 私達を撮らないでシリーズ (YKロリータ文庫)
Kindle App Ad

私達を撮らないで(1) JS純粋少女の強制撮影ロリ陵辱 田舎村の思春期少女は知らない人の男根におかしくなるまで中出しされた 私達を撮らないでシリーズ (YKロリータ文庫) Kindle版  [アダルト]

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 399

商品の説明

内容紹介

――誰も知らない山奥で、少女の無垢な大陰唇が、発情した肉棒に割り開かれようとしていた。

※この作品は過激な官能表現を含んでおります。書籍の内容やジャンルについては以下の説明文をご覧ください。
※この書籍は官能小説シリーズ「私達を撮らないで」の第1巻です。「私達を撮らないで」はそれぞれの話が独立しているため、どの書籍から読み始めても問題なく楽しめるようになっています。

【基礎情報】
ジャンル:JSロリータ+レイプ+犯罪臭
全体的な作品傾向:少女 陵辱 羞恥 田舎 自然 鬼畜 撮影
全体的な鬼畜度:高(田舎に住む女の子が知らないおじさんに捕まって、陵辱撮影されてしまう話です)
表記:横書き
備考等:官能小説シリーズ「私達を撮らない」の第1巻です。この作品単体でもお楽しみいただけます。

【属性とプレイ】
鬼畜 レイプ 小学生 無垢 思春期 オナニー おしっこ 盗撮 誘拐 撮影 ペッティング クンニ 全裸 ディープキス 初体験 膣挿入 破瓜 アナル挿入 二穴セックス 中出し 闇ビデオ 組織犯罪

【作品概要】
雲が流れる青空の下で、水田に挟まれた焦茶色の土道を、ワンピース姿のロリータが歩いている――。一年前に両親を亡くし、おばあちゃんの家に越してきた小学五年生「白崎陽菜」は、村に馴染み、友達も出来て、夏休みの日々を満喫していた。「強姦」なんて「レイプ」なんて言葉でさえ存在しない平和な世界に包まれていた。しかしそんな日常はあの日に壊れて無くなった。オスの太い指先が彼女の乳房を愛撫する。裸にされ、唇を奪われ、成人男性の肉棒が子供まんこに押し付けられる。知らない人のおちんちんが入ってきた。カメラのレンズが私を見ていた。吐息が漏れる唇を結んだ。涙と喘ぎ声が身体の底から溢れてきた。彼女は空の灰色を見ながら男に中出しされていた。やめて。撮らないで。私の裸をばらまかないで。連続女児姦淫事件は夏の田舎で始まった。(文字数約60000字)

【目次】
・第1章 夜闇がまだ明けぬころ(約14000字)
内容:陽菜は自慰にのめり込む。彼女を狙うオス達の激しすぎる欲望も知らずに……。小学生の淫らな悲劇は夏の田舎で始まった。
要素:寝室 オナニー 性の目覚め 田舎 危険 闇ビデオ 陵辱の予感 絶頂

・第2章 反転した村落の日常(約12000字)
内容:白崎陽菜はワンピース姿でお友達の家に笑顔で出かけた。しかし森の暗がりには誘拐犯が潜んでいた。
要素:夏休み 日常 思春期 おしっこ 盗撮 誘拐 拘束

・第3章 剥き出しにされた少女の性(約11000字)
内容:???
要素:レイプ ペッティング 乳首責め クンニ 撮影 指マン くぱぁ 視姦

・第4章 知らない人のおちんちんがおまたとおしりで脈打った(約23000字)
内容:???
要素:レイプ 撮影 ディープキス 挿入 破瓜 セックス 連続中出し フェラチオ 口内射精 アナル 二穴セックス 絶頂 事後


【登場人物】
●白崎陽菜:しらさきひな(10) 山奥の思春期少女
村立奥森小学校の5年生。山奥の村に住む、黒髪ロングで白ワンピースのあどけない女の子。133センチのほっそりとした体型で、胸が全く膨らんでおらず、おまんこもつるつるで初潮はまだ来ていない。しかし彼女も高学年の女子であり、おませな先輩の影響もあって、男女関係やエッチなことにも多少の興味を持っている。いけないいけないと思いつつ、オナニーをしてしまうこともある。一年前の夏休みに交通事故で両親を失い、母方の祖母に引き取られる形で田舎の村に越してきた。村に馴染み、友達も出来て、澄んだ空気を満喫しているが、どろどろとした暗い欲望は直ぐ側にまで迫っていた。

●白崎綾子;しらさきあやこ(65) 陽菜のおばあちゃん
陽菜の祖母。ぱさぱさとした髪質のセミロングを流す60代の女性。髪は黒く染められており、肌には数々の皺が刻まれているものの、年齢の割には若く見え「おばあさん」という雰囲気ではない。事故で亡くした娘と義理の息子にかわり、孫の陽菜を女手一つで育てている。生業の農業からは半ば引退しており、日に日に美しく育つ孫の成長を見守るのが生きがい。

●永野亮司:ながのりょうじ(36) 堅物そうな誘拐犯
陵辱の実行犯。整えられた短髪の真面目そうな中年男性で、黒縁のメガネをかけており、鼻下には髭がある。身長は170センチ台で体型は中肉中背。数年前まで中小企業の社長をしていたが、業績悪化の末に倒産し、妻とは離婚することになった。今も借金苦とともに人生を送っているが、彼の下には、母親を選ばず、父親の亮司と暮らしている娘がいる。借金を完済し、娘を大学まで通わせることが目標だが、利子の支払いもままならないのが現実であり、手段を選ぶような余裕はなくなっていた。

●増山智昭:ますやまともあき(34) 身体が大きな誘拐犯
陵辱の実行犯。にこやかで気の優しそうな雰囲気の男性。身長は180センチ前後で、どっしりとして大柄な体格をしている。ロリータビデオの購入をネタに脅され違法ビデオの制作に参加するが、陽菜の可愛らしい盗撮写真を見てからは、むしろ撮影を楽しみにするようになった。口数豊かで社交的な性格をしているが、性的な趣味はかなり鬼畜で、涙を流す美少女にも容赦がない。


【文章サンプル】
「ううぅっ! んっ、んっ……! ふーっ、ふぅ、ふぅ、んっ、はぁぁ、はあぁ、はぁっ……!」
「感じてきた……? 感じてるんだね……?」

陽菜は手のひらで口元を抑えている。それでも声が漏れてくる。長らく未体験だった内側からの快感で、陽菜の身体がメスの反応を示している。オスの生殖器が内側で勃起し、爆発寸前の状態になっていた。そんな状況で陽菜のおまんこは、膣壁で智昭の肉棒を優しく包み、強引な侵入者のためにびちゃびちゃと粘っこい愛液を分泌しているのであった。

おまんこが意思を持っている。動いて欲しいと言っている。おまんこで気持ち良くなって、ビュービュー出して欲しいのだと要求している。破瓜の痛みはまだかすかに続いており、知らない男性とセックスする悲しみも変わらないが、億単位の年月で種の繁栄を実現してきたおまんこは、精液を飲み干す機会を決して逃そうとしないのであった。気持ち良くなる。蕩けてくる。女の子のための脳内麻薬がおまんこからの信号でどばどば脳に溢れていた。

「はぁぁ、はぁ、はぁぁ……! あっ、あっ、あぁっ、あッ……!」
「陽菜ちゃん……! 陽菜ちゃん……!」

智昭は感極まって名前をこぼした。

「ハァ、ハァ、そろそろ、痛くなくなってきたみたいだね……? 良くなってきたのかな……?」

智昭はそんなことを言いながら、汗だくで寝そべる陽菜の身体に、再び抱きついて正常位に体位を変えた。挿入シーンは撮影したので、あとは男女として交尾をすれば良いだけなのである。智昭は陽菜の背中に手を回し、ずんずんとペニスを突き入れて、子供と大人の交尾を本格的に始めるのであった。男性の胸板と女児のちっちゃなおっぱいが、体温を高めながらお互いに密着している。大きな腰が小さな腰に打ち付けられて、陽菜のお尻がひくんひくんと引きつるように痙攣していた。

智昭は陽菜の中で動きながら、震えるような背徳感とペニスの快楽を味わっている。子供と本気でセックスしている。小学生の女の子とセックスしてしまっている。とうとうレイプ魔になってしまった。自分は子供を強姦している。罪悪感は殆ど残っていない。智昭も陽菜も冷静になれるような状態ではない。動物的な交尾のなかでオスとメスになっている。

脅迫というたった一つのきっかけで、智昭は少女を陵辱する性の獣になってしまった。後戻り出来ないという事実に対する悪寒と、まともな人生を送っていたら絶対に味わえない快楽を得ているのだという優越感。ああ、小さいのに、凄く熱心に吸い付いてくる。智昭は射精するまでこのおまんこから抜け出せない。

「ハァ、ハァ、陽菜ちゃん……!」
「ふぅ、ふぅぅ、うぅ、んッ……! ふうぅ、ああぁっ、ああぁ、あぁッ……!」

おちんちんがかき混ぜる。おまたがぐちゅぐちゅ鳴っていた。子宮口が突かれるたびに陽菜は甘い悲鳴を上げた。ロリ蜜壷がかき混ぜられる。おまんこの穴がぐりぐり擦れる。入念なひだがおちんちんに絡みつき、ペニスが前後して生まれる刺激で、陽菜の身体に気持ち良さが帰ってくる。子供の膣内でピストン運動が続いていた。大人のおちんちんが快楽と刺激で子供まんこを責めている。陽菜の胸が上下する。呼吸が荒くなっていく。ぞくぞくと心地良い膣内の快楽電気が、じんと周囲に染みだして、下半身全体がぽかぽかと心地良い気分になってくる。陽菜は自分に言い聞かせる。気持ち良くない。気持ち良くない。絶対に、絶対に、絶対に……!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 448 KB
  • 紙の本の長さ: 98 ページ
  • 出版社: ロリ少女官能小説集 (2016/8/14)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01KGAVLNI
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
特に面白かったのは「某匿名ネットワーク 発禁作品研究会」からの引用とされる部分です。引用内の説明によって、読者は物語の出来事を現実のものとして体験し、ビデオに収録されたシーンを鑑賞しているような気分になるのです。
「某匿名ネットワーク 発禁作品研究会」からの引用部分の他にも、この小説の中には好きな部分がたくさんあります。
1.私が特に面白く感じたのは、ふたりの男が村に向かい撮影に備えるという事件の計画が示されていく場面です。謎に包まれたスポンサーの存在も、物語に彩りを加えています。計画のために必要な準備の描写によって、小説のそれぞれの部分が非常に上手く進行していくような印象になっています。
2.最初のセックスが終わった直後の"目の前で繰り広げられているかのような"文章描写も大好きです。永野亮司が最初の中出しを撮影し、結合部を接写する部分は、これらの光景が映像としてまさにこの画面の中で再生されているかのようでした
3.主人公の少女がカメラ機材を見つけた時の心理描写が本当に好きです。撮影の行方にどのように怯えているかが書かれた始まりの部分や、その後のセックスの中でだんだんと考えることをやめていく部分などの心情描写が本当に大好きです。
4.最後に。単にメインのセックス描写が終わるだけでなく、少女が身体を洗う過程まで描写して
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover