通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
私情により捕まえます! (ビーズログ文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

私情により捕まえます! (ビーズログ文庫) 文庫 – 2014/9/13

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 605
¥ 605 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ヤツはとんでもないものを盗んでいきました――!? 恋と賞金の争奪戦、開幕!

駆け出し賞金稼ぎアイシャの標的は、賞金首の義賊≪影猫≫。
彼を追って危険な事件に首を突っ込むアイシャに、周りの仲間はハラハラ!!
そんなある晩、なんと当の影猫が寝室に現れる――!
月明りを背負い、魔術と仮面で素顔を隠した彼に「君を危険に晒したくない、追わないでくれ」と優しく囁かれ、
ますます正体が気になってしまい!? 絶対に、逃がさない――恋と賞金の争奪戦、スタート!

内容(「BOOK」データベースより)

駆け出し賞金稼ぎアイシャの標的は、賞金首の義賊“影猫”。彼を追って危険な事件に首を突っ込むアイシャに、周りの仲間はハラハラ!!そんなある晩、なんと当の影猫が寝室に現れる―!月明かりを背負い、魔術と仮面で素顔を隠した彼に「君を危険に晒したくない、追わないでくれ」と優しく囁かれ、ますます正体が気になってしまい!?絶対に、逃がさない―恋と賞金の争奪戦、スタート!


登録情報

  • 文庫: 249ページ
  • 出版社: KADOKAWA/エンターブレイン (2014/9/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047298859
  • ISBN-13: 978-4047298859
  • 発売日: 2014/9/13
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 824,255位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
えー、おもしろすぎてとりあえず「おもしろい!」しか言葉が出てこない!(笑)

さすが「灰と王国」の"本道"?極めたる作家さんだけあって、軽いノリの中にもしっかりとした舞台背景と確固たるヒトの信念が生きています。
主人公カップル(未満?)はそれぞれ立場も考え方も全く違いますが、「自分とは違う人」との交流に驚いたりめげたりはしても、けっして絶望しない強さと、自分なりの結論まで考え抜く力を持っています。これはなんだか簡単そうに聞こえて、最近の世の中では弱ってきているように感じることも多く…。残念なことです。

良い本というのは皆そうかもしれませんが、お話の世界は魅力的で、微笑ましいような羨ましいような気持ちになる。それは、やはり影の主役!?ピーリーちゃんをもにゅもにゅできるからでしょう!!!
ああっ、うらやましい〜。・°°・(>_<)・°°・。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告