通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
私を通りすぎた政治家たち がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 shop-echo
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 3刷・帯無・カバーに多少スレキズはございますが差ほど使用感もなく概ね良好です。ゆうメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

私を通りすぎた政治家たち 単行本 – 2014/8/28

5つ星のうち 4.3 55件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,782
¥ 1,782 ¥ 19

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 私を通りすぎた政治家たち
  • +
  • 私を通りすぎたマドンナたち
  • +
  • 私を通りすぎたスパイたち
総額: ¥5,022
ポイントの合計: 150pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

今回、「最後の著書」と銘打って刊行した『私を通りすぎた政治家たち』は、いわゆる「佐々メモ」に基づく政治家閻魔帳ともいうべき本です。政治家でもあった佐々さんの祖父(友房)や父(弘雄)をはじめ、幼少の頃から遭遇し、学生時代に教えを請い、官僚になってから職務上接触したさまざまな内外の政治家を取り上げています。
よくいわれる話ですが、政治家には、「政治家」(ステーツマン)と「政治屋」(ポリティシャン)の二種類があります。権力に付随する責任を自覚し、ノーブレス・オブリージュ(高貴なる者の義務)を心得ている人は「政治家」。権力に付随する利益や享楽を優先して追求するのは「政治屋」と、佐々さんは定義しています。
その観点から戦後日本の政治史で、ベスト5の「政治家」といえるのは、、1吉田茂、2岸信介、3佐藤栄作、4中曾根康弘、5石原慎太郎。
一方、国益より私益を優先したワースト5の「政治屋」といえば、1三木武夫、2小沢一郎、3田中角栄、4加藤紘一、5河野洋平。「要は、佐々さんはリベラルが嫌いなだけだろう」と感じる向きもあるかもしれません。しかし、そうではない。自民党内のリベラルな人は、いささか無節操で、新聞世論に迎合するだけのタイプの政治家が多かった。それに比べて、同じリベラルでも野党にいる人はちょっと違うタイプの政治家もいました。
例えば、本書には「憎めない政治家たち」という章がありますが、そこに登場するのは、不破哲三、上田耕一郎、大出俊といった、反自衛隊反警察の共産党、社会党左派の論客たちです。国会答弁でも、何度もやりあった「天敵の仲」ですが、こういう人たちは思想信条が首尾一貫しており、論敵ではあったけれども、どこかで心が通じ合うものを感じていたとのこと。佐々節が冴えるユニークな政治家論です。

内容(「BOOK」データベースより)

「佐々メモ」による初公開、政治家閻魔帳。語気鋭く改憲を迫ると明確な答えが返ってきた吉田茂、一警視として国会警備を担当したが、あの反安保デモにも屈しなかった岸信介、香港暴動の時、「自衛艦派遣すべし」の我が献策を受諾した佐藤栄作、『日本列島改造論』を我々官僚に書かせて法外な原稿料で操った田中角栄、『日本改造計画』の安保論は拙論の丸写しだった小沢一郎、東大時代からの半世紀以上の論敵だが憎めない不破哲三、防衛施設庁長官室で解任された私を労ってくれた上田耕一郎…ほか。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 304ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2014/8/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163901132
  • ISBN-13: 978-4163901138
  • 発売日: 2014/8/28
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 55件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,574位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
政治家を、権力意志を持つ者(本物の政治家、ステーツマン)と、権力欲を持つ者(政治屋、ポリティシャン)とに明確に区別して実名で記載し、その具体的根拠を述べている。マスコミによって作られてきたイメージと大きく異なる評価を受けた政治家もいる。

仕事柄、政治家たちとは長年付き合ったが自身は政治家ではないという、適度の距離から観察できる立場から述べたもので、歯に衣着せぬ物言いであるが、密告の陰湿さや、自分は秘密を知っているんだという小賢しさには無縁である。しかし、佐々氏も人の子、主観の入る部分もあるようだ。

著者の政治家評価のポイントは3つと考えられる。
1.物事に対する考えや姿勢が一貫しているか。転向を最も軽蔑する。
2.自分の利益や保身よりも、国民の保護や国の利益を優先するか。
3.著者自身を評価してくれたか、それとも理不尽に扱ったか。

ステーツマンとされた政治家の例は、吉田茂、岸信介、佐藤栄作、後藤田正晴、中曽根康弘、上田耕一郎、不破哲三、石原慎太郎、扇千景、小渕恵三、小泉純一郎、安倍晋三など(敬称略)。ただし小泉は晩節を汚したと評価する。

ポリティシャンは、福田赳夫、三木武夫、田中角栄、海部俊樹、石井一、亀井静香、河野洋平、加藤紘一、小沢一郎、菅直人など。とくに著者の
...続きを読む ›
コメント 88人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 金山寺味噌 #1殿堂トップ10レビュアー 投稿日 2014/8/31
形式: 単行本
佐々淳行氏による、明治から平成までの日本を代表した政治家・官僚たちの評伝集。自身の祖父の佐々友房から小泉
進次郎までを網羅し、独自の観点から評していく。例えば若き日の佐々氏が吉田茂に対して語気鋭く改憲を迫ると、吉
田からは実に明確な返事が返ってきたという。
  「今は経済再建が第一である。経済力が復活しなくて再軍備も何もあり得ない。経済力がつくまで
   の間は日米安保条約でもってアメリカに守ってもらうのだ」(48ページ)「経済力がついたら憲法改
   正して自衛軍にするのだ。それまでの間は身を潜めていなくてはいかん」(49ページ)
当時の状況を考えるとこれがベターな選択であったろう。この返事に納得した佐々氏は安保条約支持派になったそうだ。

岸信介・佐藤栄作兄弟、田中角栄、中曽根康弘、竹下登、小泉純一郎といった歴代首相、佐々氏が人生の師とあおぐ後藤
田正晴、盟友石原慎太郎、論敵だが憎めない存在だったという上田耕一郎・不破哲三兄弟など、政界の大立者たちの興味
深いエピソードが数多く紹介されている。例えば、佐々氏が尊敬してやまない後藤田正晴は中曽根・竹下両首相を評してこう
言ったという。
   「政界でも男女間でも、人間関係を繋ぐ力は三つある。『尊敬』と『愛情』と『
...続きを読む ›
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 佐々氏の書かれたものは、ほとんどを読んできて、裏切られたことはなかった。振り返れば、昭和40年台はじめにお茶の水駅近くの大学へ通っていたが、駅近辺の道路の敷石は日大闘争に使用されたため剥がされて無く、無残な状態であり、駅前に出ると東大から流れてくる催涙ガスのためか、目がシクシクした。その後文芸春秋誌上で、東大落城 を読み、警察官僚でこれほど筆がたつ人がいるのかと、感嘆した。東大落城は、文芸春秋誌の読者賞を貰ったと記憶している。鋭く厳しく肺腑をえぐる批評で定評のあった、故谷沢永一氏は、文筆家として最も羨ましく、自分も欲しい賞は、読者の投票で選ばれる文芸春秋の読者賞であると書いていたが、佐々氏は文筆家としても、早々と最高の栄誉に輝いたわけである。この本が自分としては最後の著述となるかもしれぬと、佐々氏は書いておられる。本書は内容からして、佐々氏の回顧録の総決算であり、一世の国士の日本国民に対する遺言と呼んでよいものとなっている。祖父の佐々友房氏の来歴の紹介からこの本は始まっているが、この爺様にしてこの孫あり!と、思わず膝を打ってしまった。武士の家系であり、脈々と遠祖の戦国武将である佐々成政の血が流れていることが分かる。だいぶ前に古本屋で、友房の著述である戦袍録を手に入れたが、読まずにツンドクになっているので、読んでみようと思った。佐々氏は日本の超エリートとして、noblesse ob...続きを読む ›
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 本の帯に「最後の手記」と書かれており、思わずどきりとして購入した。
 本書は、学生時代から官僚としてまた、危機管理の評論家として生きてきた中で、実際に交流のあった政治家たちの、「佐々流」とでもいうべき評伝である。
 筆者は、政治家をステーツマン(政治家)とポリティシャン(政治屋)とに分類し、政治家とはかくあるべしと評論している。
 筆者の評価する、ステーツマンとしての政治家は、吉田茂、岸信介、佐藤栄作、後藤田正晴、石原慎太郎、安倍晋三などで、評価しない、ポリティシャンとしての政治家は、田中角栄や小沢一郎などで、おおむね納得できる評価分析をしている。
 筆者が直に接した政治家としての感触を歯に衣着せず率直に個々のエピソードも交えて紹介しているので、大変興味深い。
 また、今後に活躍が期待できる政治家として、安倍晋三現首相や石破茂、小泉進次郎らを挙げており、これもまた肯ける論評をしている。
 
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー