通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
私をつくった名著 人生を変えた1冊 黄金のブックガ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

私をつくった名著 人生を変えた1冊 黄金のブックガイド 大型本 – 2008/11/28

5つ星のうち 3.4 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

著者について

〈Chabo!を応援する著者の会〉
勝間和代(経済評論家、公認会計士)
神田昌典(作家、経営コンサルタント)
小宮一慶(株式会社小宮コンサルタンツ代表取締役)
酒井穣(J3 Trust B.V. CFO)
高野登(ザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニー日本支社長)
竹川美奈子(ファイナンシャル・ジャーナリスト)
久恒啓一(多摩大学経営情報学部教授)
山口一男(シカゴ大学教授、社会学科長)
山田昌弘(中央大学文学部教授)
和田裕美(株式会社ペリエ代表)
小飼弾(プログラマ、投資家、ブロガー)


登録情報

  • 大型本: 128ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2008/11/28)
  • ISBN-10: 4492043241
  • ISBN-13: 978-4492043240
  • 発売日: 2008/11/28
  • 商品パッケージの寸法: 25.8 x 18.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 871,427位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 遠雷 投稿日 2009/10/25
形式: 大型本
慈善とは、「功なり名を遂げた人」が人生の最後に社会にご恩返しをするものだと思います。
この本は、慈善を販売の促進に利用しようとしています。その心が反映された内容となっています。
2 コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
8年前に発行された本。なによりも誌上に登場する見慣れた人たちの顔写真が、若いのに驚く。ちょうど「学び本」(ビジネス書?)ブームの頃であったらしく、ブーム生起の理由として「これまでの常識が通じなくなってきた」ことをあげ、「今の時代をサバイバルするためには、地殻変動後に生まれた新しい概念と、普遍的に正しい知識、この二つを組み合わせて“新しい常識”を生み出す必要がある」と勝間和代氏が(『プロローグ』に)記している。

神田昌典氏は、私の人生を変えた「運命の本」との出会いとしてJ・マーフィーの『眠りながら成功する』をあげている。「何といかがわしい本だろう?」と、当初、思ったのだそうである。ところが、勧められるとおり「紙に書いた願望」がそのとおりになり、潜在意識の及ぼす力に目覚めたという。後に、その翻訳者:大島淳一こと、つまり渡部昇一先生と対談の機会も得る。かくのごとく、「100冊読めば、4、5冊は良い本と出会える」と氏は説く。フォトリーディングを勧める方ならではの提案である。記事の中には(昨年)「2015年は価値観の大転換が起きる・・その備えは?」という話題も出ていた。(以下、目次から)。

勝間和代:「底流型の本」と「適用型の本」との、“組合せ読書”。(この2つを行ったり来たりしながら「新しい常識」にたどり着く// 神田昌典:「運命の本」との「偶然
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
本が大好き、お金はさらに大好きなメンバーによる読書談。

CHABO!では読者からの寄付金額を毎月公開しているが

作者たちの寄付金額は公開していない。

なにかあるのでは?と思われても仕方がないだろう。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
Chabo!という著書の印税を寄付するプログラムに賛同している著者たちが自分たちの読書論を語った本。ブックガイドというより、著者たちの読書への思いが良く伝わる本だ。
主な著者は、勝間和代氏、神田昌典氏、小宮一慶氏、酒井穣氏、久恒啓一氏、小飼弾氏など私もよく読む人たち。
特に印象に残ったのは、酒井氏と小飼氏。
酒井氏は、本というメディアを情報の「圧縮」と「解凍」という概念を使って説明しているのが、なるほどと思った。たしかに、1冊の本を読むためには、圧縮された情報を解凍する技術、能力が必要だ。また、彼が挙げている「ゲーデル、エッシャー、バッハ」は大学時代読んであまりの難解さに音を上げた記憶があり、懐かしかった。今なら読めるかな?カミュの「シーシュポスの神話」も高校時代に読んだが、これも懐かしい。
小飼氏も本は自家再生できる最強のメディアと呼んでいるが、これも同意。デジタル時代が進んでも、本のページをめくる官能からは離れられそうもない。しかし、一時間に10冊の本は自分には読めないなぁ。

私も本好きで良く読むが、あまり自分を成長させようとか、社会的、経済的な成功を目的として読んできたことはない。とにかく、自分が興味を持った本をむさぼるように読んできたが、それで自分が成長したという実感はないなぁ。ただ、それが、いい意味でも悪い意味
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告