通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
私はコーヒーで世界を変えることにした。 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

私はコーヒーで世界を変えることにした。 単行本 – 2013/5/7

5つ星のうち 4.9 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 690

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 私はコーヒーで世界を変えることにした。
  • +
  • コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味いのか (ポプラ新書)
  • +
  • Coffee Hunting Note 100カップログ
総額: ¥3,434
ポイントの合計: 105pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

小山薫堂氏推薦!
「自分の仕事を愛し尽くす……
男の真の幸せとは、こういうことなんだ! 」

コーヒー界の「インディ・ジョーンズ」、
世界中を駆け巡る! !
世界を股にかけた圧倒的な
面白さのビジネス活劇! !

「ガイアの夜明け」「世界ふしぎ発見! 」
「おしゃれイズム」など番組出演も多数!

「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)にて
コミック連載が2013年開始予定!

*********************

18歳で単身、中米エルサルバドルに渡り
国立コーヒー研究所に入所。
エルサルバドルの内戦で多くの知人を失ったり、
グアテマラでは大地震、ジャマイカではハリケーンに
巻き込まれながらも世界各地でコーヒー栽培に携わり、
「コーヒーハンター」と称賛される。

「著者がJALのコーヒーをプロデュースして
機内で飲める世界一のコーヒーになり売り上げもあがった」など
世界の政治経済と深く関係するコーヒーと
波乱万丈の半生を通して、
夢をかたちにすることの素晴らしさを問う。

美味しくて持続可能なコーヒーが
環境問題や貧困問題までも変える
大きなきっかけになる!

*************************

(プロローグより)

私が「コーヒー屋になる」と
決めたのは小学生のとき。
子どものころからずっと、
コーヒーの生産国にあこがれていた。
そして、その夢を叶えるため、
十八歳で単身中米のエルサルバドルへ留学した。

座右の銘は、
「何人かが、当然それを為すべき筈である。
それなら、自分が何ゆえ為さずに済むものか」
すごい生産者がいる、
すごいコーヒーがあると聞けば、
どこへでも飛んでいく。
たとえ、それが中南米の密林の奥地であろうと、
アフリカの高地であろうと、
アラブの荒野であろうと……。
おいしいコーヒーがあるところを目指して、
ただひたすら突き進む。

いつのころからか、
私は「コーヒーハンター」と呼ばれるようになった。
「コーヒーのために私ができることはすべてやる」
私は、それを実践して生きている。
子どものころからやりたかったことが、
こうして私の一生の仕事になった。

内容(「BOOK」データベースより)

18歳でエルサルバドルのコーヒー研究所に入所。内戦や大地震に巻き込まれながらも、世界中でコーヒー栽培に携わり「コーヒーハンター」と称賛される。波瀾の半生を通して、夢をかたちにすることの素晴らしさを問う。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 268ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2013/5/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591134598
  • ISBN-13: 978-4591134597
  • 発売日: 2013/5/7
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 74,876位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
今まで読んできた本で、一番オススメしたい一冊

読んで後悔する事は絶対ない
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Coffee&Books 投稿日 2013/6/15
形式: 単行本
「XXのためなら何でもする!」という言葉を日常を耳にする機会は多いけれど、本当にここまで出来る人は滅多にいないでしょう。

「コーヒーのために出来ることはすべてやる」と決めた著者による、エルサルバドルでのコーヒー研究、南米から始まりハワイやアフリカ、インドネシアなど、各地での農園経営や幻のコーヒーを探す旅、といったコーヒーを求める人生を語る自伝的な一冊。とはいえ、著者は人生をまとめる段階ではないため、最後まで勢いが楽しめました。

著者はおいしいコーヒーを生産し、商社や販社に売るだけではなく、実際の飲み手(消費者)に届けるカフェや小売、航空会社へのおいしいコーヒーを提供するための協力など、世界を変えるための色々な取り組みをされていて、後半はこれらの取り組みが語られています。
たとえば、メディアでも取り上げられる機会の多いグラン クリュ・カフェ。初めて目にした際には、スペシャルティコーヒーブームに沿って登場したものかと誤解していたのですが、そうではなくて、著者のような人たちが真剣にコーヒーに取り組んだ結果としてブームは起きていて、グラン クリュ・カフェはブームよりもずっと前から向き合った著者がはじめていたことなのだと、感動しました。

それにしても、著者がUCC上島珈琲で長期にわたり働いていたことに驚きました。
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
自分のやりたいことを一生の仕事にできる。このことがどれだけ幸せなことか、著者の半生をこの本でたどるといやが上にも納得してしまう。
それだけ著者の仕事に打ち込む姿は生き生きとしており美しい。

そして読むにつれ引き込まれていく著者のすさまじい海外体験。テロや天災といった非日常の世界と常に隣合わせで生きてきた足跡は活字の上からもその凄さが伝わってくる。
そしてそれをくぐり抜けてきた著者のバイタリティーに脱帽する。文中この生き方の教えを「ストリートスマート」と紹介している。この考え方は誰しもが知っておいて損はないと思う。

巻頭には著者の写真がふんだんに載っている。それらを見て思うのはとてもいい顔をしているということである。仕事に充実し、人生に充実した人の顔はこんなにもいい顔をしているのだと、しばし見入ってしまった。

コーヒーをひたすら追い求めた生き様、純粋さが詰まった一冊だと思う。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
著者はコーヒーハンター。
著者は世界をまたにかけてコーヒーを作り続けている。
まだ日本人が足を踏み入れていない各国で。
自らその土地で栽培するのに相応しい場所とコーヒーを見出し実現し、今もそれ
は継続中。
コーヒーを巡って壮絶な戦いを繰り広げている。
“これはフィクションではないか?”と思ってしまうぐらいに。
その戦いを切り抜けてきた基盤は一体何なのか?
自分は、副題-夢をかたちにする仕事道-にある“夢と情熱”。そう解釈した。
夢と情熱を持っていれば何事も成し遂げられることを教えてもらえる本だと思う。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者の川島さんは、「コーヒー界のインディージョーンズ」と言われるコーヒーハンター。

1956年、静岡県にあるコーヒー焙煎卸業の店に生まれ、コーヒーの香りとともに育ち、子どもの頃から「中南米でコーヒーの仕事をしたい」という強い想いを持って高校卒業後、エルサルバドルに留学しコーヒーを学び、様々なことを経験されます。

エルサルバドルの内戦中も残ってコーヒーの研究を続けていましたが、内戦が激化してやむを得ず一時期米国・ロサンゼルスに滞在中、UCC上島珈琲の創業者・上島忠雄氏に直々にスカウトされUCC上島珈琲に入社。当時25歳。

上島忠雄氏の「海外にコーヒー農園を持つ」という生涯の夢を託され、ジャマイカでゼロから農園を立ち上げます。

その後も、ハワイ、インドネシア等でコーヒー農園を次々と開発。

さらに「絶滅した」と言われるコーヒー種をマダガスカル島で発見、「コーヒーハンター」と呼ばれるようになります。

51歳でUCC上島珈琲を退職。

今は会社を創業し、コーヒーで世界を変えるために、様々な活動をなさっています。

 

私たちが何気なく毎日飲んでいるコーヒーは、実は南北問題を象徴する商品です。
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー