通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
私はどうして販売外交に成功したか (Life & ... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 天に汚れあり。中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

私はどうして販売外交に成功したか (Life & business series) 単行本 – 1982/8

5つ星のうち 4.6 72件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,258
¥ 1,258 ¥ 719

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 私はどうして販売外交に成功したか (Life & business series)
  • +
  • 新訂 孫子 (岩波文庫)
総額: ¥1,971
ポイントの合計: 61pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 ノミネート作品決定!
「サピエンス全史」や『鬼速PDCA』、『LIFE SHIFT』など話題作ほか >> 今すぐチェック

商品の説明

商品説明

   あのデール・カーネギーをして、「本書を一冊手にするためには、シカゴからニューヨークまででも、喜んで歩いてゆく」と言わしめた名著中の名著。不幸にも試合中に腕を折り、選手生命を絶たれた大リーガーが、やがてトップセールスマンになるまでの半生を記録したもので、何と1964年の初版以来、28版を重ねるに至っているという、奇跡の1冊である。

   原著はデール・カーネギーの存命中に書かれており、前書きをそのカーネギーが担当している。彼はいみじくもここで、「本書は保険の外交員だけでなく、すべてのセールスマンに益するところはなはだ大で、フランク・ベトガーの死後も末長く不滅の貢献をなすであろう」と述べているが、その言葉は、彼らの死後、確かに実現したと言えるだろう。

   内容も、決して読者の期待を裏切らない。小手先の営業技術について書かれた本が多いなか、本書で述べられているのは、営業マンとしてもっとも大切な心構えである。さすがにカーネギーの教えを受けた著者だけあって、人間である顧客の心をいかにして導くか、といった点がよく書かれている。「25年間に4万回人を訪問し面談した」という著者のストイックな生活態度からも学ぶところは多いだろう。

   失敗談を含め、ドラマチックなエピソードも枚挙にいとまがない。とくにベトガーの「アフター・ケアのすすめ」を実践した宝石商の話は、感動のあまり、思わず涙してしまいそうなほどである。心構えから技術、そしてエピソードまで、まさに営業マンの人生そのものが詰まった1冊として、すべての営業マンに、そして仕事人に自信を持っておすすめしたい。(土井英司)


登録情報

  • 単行本: 196ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社; 27版版 (1982/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478540098
  • ISBN-13: 978-4478540091
  • 発売日: 1982/08
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 72件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,712位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
この本は、社会で仕事をする上においては、バイブルみたいなものです。
販売外交に成功したい人だけが読むものではありません。専業主婦の
方が読むべきかもしれません。受験生が読むべきかもしれません。く
じけている学校の教師が読むべき本かもしれません。ちなみに、私の
中3の息子の夏休みの課題図書に、これを選んで与えたところ、夢中
になって読んでおりました。一言「感動した。」 
人はくじけやすく、傷つきやすい。しかし、自分を奮い立たせて立ち上
がることもできる。山があり谷がある。やがて自分を発見し、人生の
意味や人の機微がわかりはじめる。小さな努力を継続してゆき、小さ
な成功から大きな成功へと進んでゆく。
キーワードは「人の心」「分析」「継続すること」ではないでしょうか。
とにかく単なるノウハウものでないことは確かな本です。
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
当サイトにて『私はどうして販売外交に成功したか』を勧められました。
私は知らなかったのですが古典的名著との事。早速購入しました。
感想は「星5つ」です。
この本を読むと以下に挙げた自分の中の「?」が解決すると思います。
・ 非常な成果をあげる人とそうでない人との差が理解できます。・ しかもその差はほんの少しのものである事が解ります。
・ 訪問やアポ取りなど具体的手法も理解出来ます。
・ 心構えが変わってきて「拒否される恐怖」がなくなります。
・ 自分を過小評価しなくなり、問題を過大評価しなくなります。
・ 商売人って格好いい、心の底からそう思える様になります。
紹介されなかったら出会えなかった本でした。ご紹介ありがとうございました。
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 初版1960年のロングセラーである。著者は野球の世界に挫折したあと保険のセールスパーソンとして成功した人である。序文を有名なデール・カーネギーが書いている。著者はデール・カーネギーの話し方教室に通っていたらしい。
 結論から言えば、デール・カーネギーの「人を動かす」という本の「ほぼサブセット」である。デール・カーネギーの「人を動かす」に書かれていることを営業に適用した場合の実践論、という印象。デール・カーネギーを知らなければもう少し感銘を受けたかもしれないが、デール・カーネギーの本を読んでいる身からすると得るものは少なかったというのが率直な感想である。
 内容としては、たとえば、自分の営業行動を記録せよ、相手に反論するな、しっかり聞け、質問しろ、競争相手をけなすな、名前は絶対覚えろ・・・みたいな話である。当時(1960年代)としては画期的な内容だったのかもしれないが。営業本としては「組織の営業効率を高めるための戦略論」ではなく「個人の営業能力を向上させるための戦術論、いわば心構え」というタイプであるといえる。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 デール・カーネギーをして「本書を一冊手にするためには、シカゴからニューヨークまででも、喜んで歩いてゆく」と言わしめた名著。所謂「外交」に携わる者にとってはバイブルと言える一冊だし、すべてのビジネスパーソンにとっても価値ある一冊。本書の出版は1964年、東京オリンピック当時の米国だが、40年にわたる風雪に耐え読み継がれてきた一冊なればこその重みは、今の時代の営業にも当然に通じる必読の一冊だろう。
 本書では、表題の如く販売外交に関する具体的なノウハウがふんだんであり、外交に身をおく者にとっては自身の活動を点検する視点に富んでいる。
 しかしそれだけではない。著者であるベドガーが、野球選手として失敗したその失意の底から、トップセールスパーソンにまで至る道程には、一人の人間が持つ底力を見せ付けられる。人生、そう簡単に捨てるものではないし、自分の態度如何によって人生はおおよそ如何ともなるのだと考えさせられる。
 また、改めて、彼の記述を通すにつけ、知識以上に実行する「事上磨錬」の大切さ、これを続ける自己動機づけの重さを考えさせられる。ノウハウではない、習慣なのだ。こうした当たり前だがなかなかできないことが、ぐっと迫ってくる。
 営業、渉外、外交、販売、サービスパーソン。呼び方は様々だが、客商売に携わる人々にとっては、長年の座右足り得る一冊である。<
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー