中古品:
¥ 1,330
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 風来坊堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆保証付。アマゾンから迅速発送◆概ね良好なコンディションです。【検品担当者より】ケースとディスクの出品になります。小冊子付。ケース・ジャケットに日焼けが少しあります。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

私は「うつ依存症」の女 [DVD]

5つ星のうち 3.9 20件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:7¥ 938より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: クリスティーナ・リッチ, ジェシカ・ラング
  • 監督: エーリク・ショルビャルグ
  • 形式: Color, Dolby, Letterboxed
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.66:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日 2004/01/23
  • 時間: 99 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 20件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00012T10W
  • EAN: 4947127529310
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 84,951位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

「うつ病」の本質に迫ったエリザベス・ワーツェルの自伝小説を映画化。前途有望な美少女が様々な出来事に直面して情緒不安定になっていく様を描く。出演はクリスティーナ・リッチ、ジェシカ・ラングほか。

レビュー

製作総指揮: ウィリ・バール/アヴィ・ラーナー/ダニー・ディムボート/トレヴァー・ショート/ジョン・トンプソン 製作・脚本: ガルト・ニーダーホッファー 製作: ギャルト・ニーデル/ブラッド・ウェストン/R.ポール・ミラー 共同製作・出演: クリスティーナ・リッチ 監督: エーリク・ショルビャルグ 原作: エリザベス・ワーツェル 脚本: フランク・ディージー/ラリー・グロス 撮影: アーリング・サーマン=アンダーセン 編集: ジェイムス・ライオンズ 音楽: ケイサン・ラーソン 出演: ジェシカ・ラング/ジェイソン・ビッグス/アン・ヘッシュ/ジョナサン・リース・マイヤーズ/ミッシェル・ウィリアムズ/ルー・リード
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
主演のクリスティーナ・リッチがプロデュースに関わるほどの思い入れを持った作品と言う事で観てみました。
まだうつ病が社会的に十分な認識を得ていなかった80年代初頭が舞台で、原作者であるエリザベス・ワーツェルの自叙伝の映画化です。
機知に富み優秀な頭脳を持ちながら、うつ病という制御不可能な心の病を背負ってしまったがゆえに、家族や友人からも孤立を強いられてしまう主人公の悲劇を真正面から描いた非常にシリアスな内容の作品です。
この映画で特筆すべきは、やはり主演2人リジー役のクリスティーナ・リッチと彼女の母親を演じたジェシカ・ラングの渾身の演技でしょう。
娘を心から愛しているにもかかわらず問題を抱える娘を理解できず、更にシングルマザーとして彼女を育て上げなければならないという重圧とによって常に過度のストレスを抱えている母親と、その母親の心痛や苦労を理解し、申し訳ないという気持ちを持っていながら、自分をコントロールできずに母と対立し、苦しめてしまうてしまう娘。その母娘の凄まじい葛藤を、主演の2人は見事に演じ切っています。

リジーの極端な感情の起伏は尋常ではないとは言え、彼女の抱える問題は決して特殊なものではなく、ごく普通の人間がややもすれば陥りがちな問題であることがこの映画を見ているとよく分かります。自分は何のために存在するんだろう
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
映画化されたことは知っていましたが、観るのを躊躇していました。
タイプライターで心理告白をしてはいますが、やはり映画ではエピソードがメイン。
いきなり泣き出す、ヒステリーを起こす、その場を出て行くの繰り返しで病気の症状の描写ばかりの
ような印象です。原作ではリジーは襲ってくる情緒不安定と戦うため、猛烈に勉強をする。
レポート(原稿)を書くという生産的なことをしている時、自分の感情をなんとかコントロールできるから
(旨)といいます。
「ハーバードに入ればなんとかなる」「勉強している時はなんとか保てる」
病気の脅威と戦う自衛手段(逃げの手段)がリジーには孤独な勉学だった。
その結果が優秀な成績だったのです。
映画では母親との心理的確執ばかり。母親も少し情緒不安定。
しかし強盗に襲われたことをきっかけに母親が娘の人生を娘のものと理解する。
唐突で少し違う話のように思えます。BFとのエピソードも、彼が少しの間自分から離れるという
ことがリジーには耐え難い不安を与える。彼女自身ばかばかしく思うほど感情がコントロールできない。
肉体関係もリジーは相手の心を引き止める手段として使う。この病気は強烈な不安を症状とし、結果
おろかな行動をさせて人間関係を破壊する
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 19901115 投稿日 2010/2/14
形式: DVD
欝病 故に云える事
リジーの感情の落差、腕を切ったら、薬を呑んだら
落ち着ける事は出來るが
欝病は治らない。
医者は医者と謂う職業であるが人間で有るからして
欝病と診断を下されても自己では欝病すら自分すら分からなくなる
世間一般とは掛け離れた行動や言葉を其の場の感情で出して終う
数分前には躁であり、数分後には欝と化す
其れ程に欝病は精神に多大なる影響を及ぼします。

映画では私的にリジーの母親、
サラの放つ言葉がずっと脳髄に痛い程に残ります
「精神科医にいくら払ってると思うの」と云う台詞では
自己嫌悪と涙が止まりません。

其の後のリジーが豹変をするさまも
映像の中にだけ存在するのではなく現実に有る

欝病を含め、精神病を知らない人間が観れば
「詰まらない」と御思いになるのでしょうけれども、
私にとってはこの作品の言葉ひとつひとつを
噛み締めて今日を生きるのです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
パッケージのイメージ画はなんとなくおどろおどろしく見えますが、ストーリーは、どこにでもあるような普通の家庭で、どこにでもいそうな女子大学生の生活についてです。彼女は子どもの頃、大好きだった父親が家庭を去った後、心に病気を持ってしまいます。母親は、彼女が有名大学に入学したことをきっかけに元気になってほしいと願っていましたが、環境の変化や理想と現実のギャップに対する傷心からますます病気が悪化してしまいます。周りの人々は、ぜひとも助けようとするのですが、最後は去っていってしまいます。うつ病を持つ人との友だち関係で、うつ病の人もかわいそうですが、その人の行動が病気のせいとは理解しながらも、どうしてもこれ以上は受け止められないと自分の限界を悟るほうのひともきっと悲しかったと思います。うつ病の人やその周りの人の気持ちを知ることができ、とてもよい作品です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック