中古品
¥ 4
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★ガイドラインに沿った出品です★■特記事項■カバーに軽い傷み、小口にわずかによごれ、その他概ね良好。※品質には十分注意しておりますが、万一不具合等ございましたらご連絡下さい※使用品の為、多少の傷や微ヤケ・微ヨゴレ等はご理解下さい※特記事項において全てのページの書込みや傷みを確認する事は出来ませんので、あくまでも目安となります。どうぞ宜しくお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

私は、産みたい 単行本 – 2004/12/2

5つ星のうち 3.4 21件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 500 ¥ 4
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

40歳で職場結婚した国会議員を待っていた、不妊治療の高い壁。間断ない検査、憂鬱な服薬・注射、そして恐れていた緊急入院…。32歳の若さで国政に飛び込み、37歳で戦後最年少大臣に就任した女性が赤裸に綴る。すべての働く女性に贈る、勇気ある告白。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

野田/聖子
1960(昭和35)年、福岡県生れ。田園調布双葉高等学校中退後、米国に留学。ミシガン州ジョーンズビルハイスクールを卒業。’83年、上智大学卒業後、帝国ホテル入社。’87年、岐阜県県議会議員となり、政治家の道を歩み始める。’93(平成5)年、衆議院議員初当選。’98年、戦後最年少大臣として郵政相に就任する。2001年、参議院議員の鶴保庸介氏と結婚(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 191ページ
  • 出版社: 新潮社 (2004/12/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4104729019
  • ISBN-13: 978-4104729012
  • 発売日: 2004/12/2
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 47,759位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 N4 投稿日 2010/9/8
形式: 単行本
50歳の体外受精ということで、野田の価値観を知りたくなり急遽入手。

通読した感想は、野田聖子は自分のほしいものは、
子供に限らず地位や名声など何が何でもほしい種類の人ということ。
こういう粘り強い強欲者は、目標設定が正しいなら、
それなりの結果を残せるのだが…

欲望のために道理を追いやり、
立法者である国会議員に関わらず法の不備を突く。
子供がほしいのはわかる、不妊であるのも不幸だ。
でも50才を過ぎて、他人の卵子と内縁の夫の精子を、
自分の腹で生むのは、めちゃくちゃで、公人のすることとは思えない。
生まれる子は法的には野田の子だが、社会通念的にはグレーゾーン。
めちゃくちゃな出産するより、
現実に追いつかない法の不備を整備するべきだった。
コメント 130人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kazaguruma 投稿日 2012/1/21
形式: 単行本
彼女は、子供が欲しかったのではなく、ただ出産がしたかったのです。
出産後の彼女の言動を見ても、障害を持って産まれ多数の手術に苦しんでいる、一番苦しいはずの子供を気遣う子供の目線からものは一つも無く(彼女は子供の事をムスコと読んでいます、あえてカタカナで)常に自分中心の苦労を語っています。
彼女の行動はいつも自分の感情を第一にしています。高齢出産を推進する運動は、生物学的にも、社会的にも間違っているとしか思えません。また、自分を擁護するものとしか。
普通の政治家ならば、20代の女性が安心して出産育児出来るような社会を目指すものではないでしょうか。
もちろん、女性が子供を持ちたいという気持ちは分かります。そのためなら何でも、例え彼女の今回の異常とも言える執念を持つことも理解できます。
しかし、彼女のその後の、子供に対する愛情のなさは、ただ自分を虚飾するために活動を行っているとしか思えません。一番苦しいはずの子供に対する言動が無いことは、寒気すら思える所業です。
彼女の悪魔的な自分本位さ、政治家に必要なマクロな視点の無さ、感情優先の行動は最高に良く言っても政治家失格です。
願わくば、ヒトのエゴの被害にあった子供のために、彼女が少しでも他の人に対する思いやりを、持っていることを願います。
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
文字通り後がなかったようですね。正直、"美談"や"感傷"として取り上げるにはムリがあるように思えました。 反面教師として読むべきです。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
微妙な本である。

野田氏の様に、夫より子供誕生を最優先する姿勢に共感する人は決して多くは無いだろう。
むしろ夫である鶴保庸介の自然に任せて、出来なければそれは、それで仕方が無いという考え方のほうが
一般人として普通に感じる。

とは言っても、本書で書かれている某元首相(M?)の発言のように、「夫婦別姓を主張しているから子供が出来ないんだ」という、
暴論を支持する人はもっと少ないだろう。

社会の無理解があり、夫も無知。しかし当の本人の対応にも問題ありの三すくみ。
読後感はよくない。

しかしそれでも、この本に教訓を求めると、

本当に「私は生みたい」と考えるなら

・キャリアよりも、夫よりも、20代での出産を考える
・20代の内に卵管とか機能に問題が無いか検査する。

・リミットは45歳ではなく35歳である

 つくづく妊娠しやすい10代20代に中絶、避妊を勧める
この国の社会も時代に合わなくなったと感じる。

生物学的に30過ぎれば妊娠の可能性はぐっと下がるのです。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 乃木マリー 投稿日 2008/10/17
形式: 単行本
鶴保庸介の言い分を聞くと凄まじいんですよね。
体外受精に対して
『オレはオマエの子供をつくるための道具じゃない』
と反発して、
野田は
『妊娠しないのはアナタにも原因がある』
と反論。
もうこんなの愛じゃないわけで。
愛のないところに子供が生まれるのはおかしい。
鶴保には野田が夫婦関係を暴露したことへの怒りもあった。
野田は『女は45歳まで産める』という期待だけで仮面夫婦を続け、
ダメだとわかった途端に離婚。
こういう女性が子供を持つ資格はないと思う。
コメント 159人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー