通常配送無料 詳細
通常1~3か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
+ ¥350 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 <爆進堂>
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーにスレ、ヤケ、小口に汚れがあります。クリスタルパックに梱包し発送いたします。※発送先のご住所にお間違いないか、ご確認下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

私は、悲しみも劣情も、静やかに眺める。 単行本(ソフトカバー) – 2017/10/27

5つ星のうち5.0 3個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2017/10/27
¥1,870
¥1,870 ¥4
この商品の特別キャンペーン SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。 1 件
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

甘ったるい流行りのスピリチュアル書を抜けて、
人生と真っ向から向き合う、血の巡るスピリチュアルへと!





本書には、

現実に生きるひとりの人間として、
喜びも悲しみも、楽しみも辛さも、背負った著者が、

そのすべてを味わい切り、そして、
それごと愛してやろうと試みる、「人生の愛し方」が綴られてある。


著者独自の世界の見渡し方・・・・これを「中庸なこころ」と表現する。


中国古典の「中庸」とは違い、

善悪、美醜、悲喜、愛憎、自分と他人など、
近代以降、社会に生きる人間には、当たり前になりすぎてしまった
この価値の二元論を、著者は乗り越えようとするのである。

人生のすべての感情を認め、
その、すべてとしっかり向かい合い、味わい切り、
そして、両極まるごと愛してやろうとする、「生きる姿勢」「意欲」そのものである。
その方法として、著者が提案するのが「中庸なこころ」いう場所。



二元論をかかえたままでは、
喜びは受け容れるが、悲しみは受け容れられない、
と言うことになりかねない。

ただ、すべて社会は陰陽にささえられ、暗闇があるから光が存在するのと同じく、
悲しみも喜びも、
お互いを支え合い、
ひとつの価値として、塊のように存在している。


ひとりの人間が、
だれとも比べることなく、
ひとり、我がこころと対話する時にも、この「中庸なこころ」は役に立つ。


「私」と「本当の私=私の感情」との対話において、
社会と接することによって、捻じ曲げられてしまった自分の姿を超えて、
どこまでも正直に生きるための方法がここでも提示される。

それは、
「私」と「本当の私=私の感情」の二元論を乗り越え、
「私」が「私」の中で統一され、「私らしさ」への結合していく道を指し示すのである。



著者は、重度の自閉をもつ子を育てる、ごくありふれた女性である。

地方で、ありきたりの生活を送りながら、
人生をごまかすことなく見つめ、
悪びれるでもなく、斜めに見ることもなく、素直に世界と自分の調和する場所を見つけようとする。

それが、「中庸なこころ」という場所であった。


文芸ともエッセイとも違う独特な文体が残す、揺れ動く読後感。
全編書き下ろし。280頁。

内容(「BOOK」データベースより)

どんな現実も受け止める、心の在り方を求めて―すべての感情を溶かしこむ、心の「中庸な場所」。そこには「善い」も「悪い」もなく、ただ「私」だけがいた。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 288ページ
  • 出版社: Clover出版 (2017/10/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4782534825
  • ISBN-13: 978-4782534823
  • 発売日: 2017/10/27
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.3 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 556,016位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
評価の数 3
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件のカスタマーレビュー

2017年11月13日
Amazonで購入
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年2月19日
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告