中古品
¥ 364
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 Media Station
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付。カバーに多少の使用感や小汚れ等がございますが、中身の状態は書込みや目立つ傷みも無く、概ね良好です。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。◆万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。◆商品は丁寧に防水梱包の上、迅速に発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

私の脳はなぜ虫が好きか? 単行本 – 2005/6/30

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 12,836 ¥ 304
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

『バカの壁』『唯脳論』など多数の著書で、人間と人間、そして人間と自然について鋭い考察を行ってきた養老孟司。その幼少時代から現在にいたるライフワークは、実は昆虫採集と昆虫研究である。本書は、そんな著者にとって、初めての「昆虫と自然」「昆虫とヒト」に関する書籍だ。
虫の視点で、時にユーモラスに、時に鋭く、ひとを、科学を、社会を、経済を、政治を見つめ、そして語る。ときに、虫の目に立ち返って人間について思考し、ときに虫をもとめてアフリカ、マレーシア、オーストラリア、ブータンと世界中を渡り歩く。養老哲学の原点である「虫の目で考えること」をたっぷり教えてくれる、面白くってタメになる哲学と自然科学の本!

内容(「BOOK」データベースより)

ほんとうは、ムシのことだけ、考えていたい。虫がわかれば世界がわかる?養老ワールドの真髄、ここに開陳。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 226ページ
  • 出版社: 日経BP出版センター (2005/6/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822244563
  • ISBN-13: 978-4822244569
  • 発売日: 2005/6/30
  • 梱包サイズ: 19.5 x 14 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 450,290位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2007年6月11日
形式: 単行本
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2006年5月16日
形式: 単行本
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2005年7月7日
形式: 単行本
0コメント| 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告