この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 324 (20%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 1,296
Kindle版
¥ 1,620
ハードカバー価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 324 (20%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
  • ポイント: 49pt (3%)
通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
私の夢まで、会いに来てくれた —— 3.11 亡き... がカートに入りました
+ ¥ 257 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■全体的にややヤケ、傷み有。■中古品になりますので経年劣化、使用感のある場合がございます。本の状態は良好です。(複数購入での送料割引は御座いません。)■ご注文確認後、水濡れ防止にて丁寧に梱包し、迅速に発送させて頂きます。■配送形態は、基本的に日本郵便のゆうメールのみとさせて頂きます。但し、重さ、サイズ、金額によりゆうパックでの配送となる場合がございますので、予めご了承下さいませ。ご不明な点がございましたら、メールにてご連絡下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
10点すべてのイメージを見る

私の夢まで、会いに来てくれた —— 3.11 亡き人とのそれから 単行本 – 2018/2/20

5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 920

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「1212」を入力すると最大12%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 私の夢まで、会いに来てくれた —— 3.11 亡き人とのそれから
  • +
  • 魂でもいいから、そばにいて ─3・11後の霊体験を聞く─
  • +
  • 呼び覚まされる 霊性の震災学
総額: ¥5,508
ポイントの合計: 167pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

メディア掲載レビューほか

私の夢まで、会いに来てくれた―東北学院大学震災の記録プロジェクト 金菱清(ゼミナール)編

社会学者・金菱清がゼミ生とともに、東日本大震災で身近な存在を亡くした人々の夢を記録した。

夢の中で死者たちは、死に際の様子を教えたり、悲しみにふけってばかりいる家族を励ましたり活を入れたりする。夢には震災前の何気ない姿で見えることも、震災後の成長した姿で現れることもある。語り手の話からは、彼らがこの7年間死者を切り捨てることなく、日々の暮らしの中でどのように亡き人と向き合ってきたかがしみじみと伝わる。

夢記録である意義はここにある。夢は過去から未来への線的な時間の流れを無化し、亡き人が現在にも、未来にも存在できるようにするのだ。だが、未来にだけ主眼が置かれた復興の過程では、死者が排除される。そのことが遺族を再び傷つける。復興の在り方を再考する機会にしてほしい。

評者:すんみ

(週刊朝日 掲載)

内容紹介

「石巻のタクシー運転手と幽霊現象」などの研究で
注目を集める金菱ゼミナールの最新調査

東北学院大学の金菱清教授とゼミ生たちが
東日本大震災の被災地で集めた「遺族が見る亡き人の夢」の記録、27編。
家族や友人との突然の別れを経験した人たちが
悲しみと向き合いながら前向きに生きる姿も描く。
大切な人を亡くした人への励ましともなる一冊。


◎一章「ブルーシートの下から手が伸びてくる」から
夢は安置所に入るところから始まる。ブルーシートを一枚一枚めくるところは、両親が見つかる前に見た夢と同じだ。昌良さんは、「ああ、もう親父もおふくろも見つかったし」と、悲しみの中にもほっとした気持ちを感じていた。
夢が以前と違っていたのは、そこからだ。安置所を出ようとしたときだ。ブルーシートの下にいた数人の遺体から手が伸び、昌良さんの足をつかんだ。その力は弱く、まるで死の淵にいる人が「待って」と助けを求めてくるようだった。
昌良さんは隣に寝ている妻が驚くくらいの勢いで飛び起きた。
「夢だった」

◎一章「やっと触れた懐かしい母のほお」から
それから三カ月たった秋の彼岸も近い九月上旬、あけみさんはヤツ子さんと夢の中で再会した。
(中略)
遺体に触れることができなかった悔しさを「母が夢の中で慰めてくれた」とあけみさんは話す。
「いつまでもくよくよしてんな。いつも一緒にいるからって言いに来てくれたのかもしれないね」

◎一章「あのとき『行くな』と言えていたら」から
雄介さんは、夢の中で何度も「いや待て、危ないから」「行くな」と言おうとした。しかし、それがなぜかできない。
「口が勝手に『わかった』って動くんだ。見たくない夢なのに、こんなに繰り返し見るのは、何かに見させられているんじゃないかな。だって、俺が止めていたら、あいつ、助かってたと思う。『なんであのとき、止めてくれなかったんだ』って恨まれているんじゃないかと思うときもあるんだ」

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 271ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2018/2/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022515333
  • ISBN-13: 978-4022515339
  • 発売日: 2018/2/20
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 30,967位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

5件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

5件中1 - 5件目のレビューを表示

2018年3月13日
形式: 単行本Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年3月11日
形式: 単行本
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年2月25日
形式: 単行本Amazonで購入
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年3月14日
形式: 単行本
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年4月17日
形式: 単行本
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告