通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯なし】◆簡易クリーニング済み。アマゾン倉庫から迅速発送◆中古品としての使用感はありますが、概ね良好な状態です。★ここに特に記載の無い特典・付録は付きません。★十分な検品をして出品しておりますが、もし商品の状態がアマゾンのコンディションガイドラインと異なる場合は、評価前にご連絡いただければ返金保証しております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明 単行本(ソフトカバー) – 2011/2/24

5つ星のうち 4.2 42件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 277

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明
  • +
  • モノを捨てよ世界へ出よう
総額: ¥2,808
ポイントの合計: 85pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「僕も含めて、みんな自分のことを意外と分かっていない。世の中がグチャグチャになっている今こそ、『自分』を向き合うことが一番重要だ」。仕事を初めて20年、中間地点を迎えたいま、自分の地図を見直すことで、これからの方向性が見直したい! 公私ともにいま最注目のキーパースン・高城剛は今何を考え、どこに向かおうとしているのか? Q、発想法は?Q、好きな店は?Q、収入は?Q、良いアイデアとは?Q、リラックス法は?Q、未来はどうなる?Q、日本の問題点は?Q、愛とは?Q、離婚騒動は?彼のすべてがわかる144のQ&A

内容(「BOOK」データベースより)

僕も含めて、みんな、自分のことを意外とわかっていない。世の中がグチャグチャになっている今こそ、『自分』と向き合うことが一番重要だ。最注目パースン高城剛のすべてがわかるQ&A144。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 216ページ
  • 出版社: マガジンハウス; 4-6変版 (2011/2/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4838722281
  • ISBN-13: 978-4838722280
  • 発売日: 2011/2/24
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 42件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 19,593位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Wka 投稿日 2011/2/28
形式: 単行本(ソフトカバー)
沢尻エリカの夫で有名な人でそれ以外知らなかったが、
この本は興味深く、氏がどのような人かかいま見る事ができた。
申し訳ないのですが自己顕示欲の固まりの人という先入観があったが、見事に払拭された。
内容も正論で頭のいい人だと思いました。
楽しかったです。
コメント 85人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
啓発を受けました。
この本には震災後の世界にテーマをしぼった続編も出ており
それと合わせて読むとかなりお勧めです。

正直、高城さんのことはよく知らなかったが、千田琢哉さんの本で「お勧め本」に入っていたので手にした。資産の9割を捨てて、クリエーターとして活躍できる能力を垣間見れる。沢尻エリカの妻とのイメージが強いけど、そんなワイドショー的な視点でこの人を見たらいけないと思い知らされる。その意味でもワイドショーってほんとくだらないなとも思った。
 しかもこの本は、よくある30分インタビューして編集者がまとめて内容をふくらました的なものではなく、2年かけて、著者本人がかなり力を注いで作っている。それだけに、著者の40数年の人生で得たものを学べるものになっている。鋭い視点で切り込むので読み応え抜群です。ただ、万人向けというわけではなく、やはり何か世の中で成し遂げたいものがある人向けな気がします。若い人向けかな? あえて不満点を言えば、著者が家庭を持っていないためか、家庭とか家族とかそういった視点からの内容がなかったのが残念でした。

特に心に残ったのは以下の点です。
●人とつながる前に、自分の内面を探求すべき。自分が何をしたいのか。その上で人とつながれる人が他者依存ではない自立した個の集団になる。
...続きを読む ›
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
高城剛さんの22歳~41歳までの経験を綴った本。
1人の人間、それも日本社会では異質と捉えられがちな人物の自伝を読むことで人生観を考えるきっかけになりました。
私は20代ですが若い人にもオススメできます。多様性が広がることは間違いなし。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
24歳で周りより少しだけで社会に出るのが遅く、これからも少し自由に生きて行こうとしているこの今にこの本に出会えてよかったです。文章からは謙虚さ、優しさが伝わり、読み終わってみて、僕にもできるんじゃないかと正直思ってしまっています。現実はそんなに甘くないかもしれません。でも高城剛さんの好きな言葉として挙げられていた一寸先は光を信じて生きていきたいです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
羨ましい生き方です。
「テレフォンのゴールはテレパシーになる」
と心が丸見えなので思いやり溢れる清らかな人だけが残る。
よこしまな考えを持つ人は生きられなくなる。
面白い。楽しい。
隠したい心を持つ私など辛い。
言い訳もみんな筒抜けは辛い。

住所不定ってすごい。
自分にできないことをできる人を尊敬します。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
普段からホリエモン、メンタリストダイゴなどいろいろと自己啓発本を読んでいて
偶然普通のウェブサイトの記事で、ホリエモンと高城さんの対談をみたことがあり
ダイエットなんて、まずDNA検査しなければ何が合うかわからないよねっていう部分が印象的で
自分には全然考えたこともない引き出しだったんですが、そりゃそうだな!確かに!と思って
そこからずっとこの人の本を読めば、もっといろいろ核心的な情報があるんじゃないかと今回初めて手をつけました
想像以上に今まで読んできた他の著者の本より内容がおもしろかったです。
QアンドAの部分が特にいいなと思い
はなから、メールマガジンのQアンドAだけの白本2黒本2も立て続けに読みましたが
そちらはさすがにQアンドAだけだとあまり本としてのインパクトがないというか読んでるうちに飽きます。笑
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 edge walker トップ500レビュアー 投稿日 2013/7/7
形式: 単行本(ソフトカバー)
本書は色々な形でメディアをにぎわせている高城氏がQ&A形式で「自分を語る」というものです。

高城氏というと、ハイパーメディアクリエイターというよくわからない肩書き、結婚問題などの断片的な報道しか耳にしていなかったのですが、それがいかにいい加減なものかよくわかりました。
本書では氏の哲学、生き方、仕事などが述べられていました。
各時代に適応する形で生き方を変化させてきて、現在はノマド(放浪)的な生き方を選択しているようです。
それでもスジの通った生き方、世界を仕事にしながらも母国にかける思い、人や情報に流されることなく自分で確かめて、自分で考えながら得た哲学はとても興味深いものでした。

本書で語られているのは、ある意味「自分語り」というものかもしれませんが、類書とは異なり、内省的で、自己顕示を感じさせない、淡々とした語りには好感がもてました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック