通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
私のいない高校 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 モロヘイヤ
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【注意】図書館のリサイクル本です。角の潰れ・押印・表紙にラベル・ビニールカバーが貼られてますが、読むのに問題はありません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

私のいない高校 単行本 – 2011/6/14

5つ星のうち 3.6 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 353

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 私のいない高校
  • +
  • このあいだ東京でね
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 104pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

『これまで読んだ中で、もっとも不可解な小説』――豊崎由美氏

カナダからの留学生(でも英語が苦手)を受け入れた、とある高校での数ヵ月――。描かれるのは至ってフツウの学園生活のはずなのに、何かが、ヘン……。
“物語”の概念を覆す、本邦初「主人公のいない」青春小説!

わかるのに、わからない。わからないのに、愉しくてたまらない。愉しくてたまらないのに、説明できない。説明できないのに、おすすめしたい。

これまで読んだ中で、もっとも不可解な小説に驚愕&驚喜。「私」のいないヘンテコな小説を書いた青木淳悟は、私の大事な作家になりました。――豊崎由美氏(書評家)

内容(「BOOK」データベースより)

カナダからの留学生(でも英語が苦手)を受け入れた、とある高校での数ヵ月―。描かれるのは至ってフツウの学園生活のはずなのに、何かが、ヘン…。“物語”の概念を覆す、本邦初「主人公のいない」青春小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 234ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/6/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062170086
  • ISBN-13: 978-4062170086
  • 発売日: 2011/6/14
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 112,428位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
正直、一度目に読み終えたときにはすべてが「???」な小説であった。
あまりにもわけがわからず、もう一度読んでみた。
すると途中から、コツのようなものがわかってきたように感じられ、別の風景が見え始める。

わからなさと面白さが混濁しており、その全てを遠くのほうからカメラのような目線でみている感覚。
読みやすい文章。難しい語彙もない。設定も、とある高校の様子と至極普通。にも関わらず、全体としては超絶技巧のような小説。

なんと書けばいいのか…専門家の意見を探したところ、鴻巣友季子氏の書評を発見したので、以下抜粋する。

「…もっと言えば主人公はいない。担任はごく弱い働きの視点人物だが、語り手ではない。群像劇でもない。フォーカス自体がない。プロットもない。いわんやストーリーをや(中略)小説には無視点の客観描写という概念はある。しかし本作の場合、担任という視点人物はいるのに焦点がないのだ。そんな小説あったろうか。”何ではない”ではなく”何である”と定義できない小説。それでも登場人物たちは読み手の中にきっちり痕跡を残す…プロットだの人物造形だのが小説成立の要件というのはウソだったのか?」

読む人を選ぶ小説かもしれないが、”物語”という概念を覆す試みとしては類を見ない1冊という観点から星5つ。
小説を読んでいて、ここまで不可思議な体験をしたのは初めてかもしれない。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ブラジル系カナダ人の留学生、ナタリー・サンバートンを受け入れたある女子高のクラスの、一学期の記録……こう説明するとなんだかよくありそうな青春群像劇みたいだが、もちろん青木淳悟がそんなものを書くわけがない。
青木淳悟の文章は、どこから出てきているのか、わからない。どう見ても「本気」で書いていないのだ。たとえば『四十日と四十夜のメルヘン』の冒頭、
《そんなことをつづけるうち、二枚入れくらいは許されてしかるべきではないかと考えるようになっていった。》。
ここで「許されてしかるべきではないか」と意見を表明しているのはいったい「だれ」なのか。「わたし」が言っているようで、それはことわざ的な社会的コードかもしれない。
『私のいない高校』にも、カギカッコで囲まれた、いかにも高校で使われる「お決まりの」言葉が混在する(「仲のいい者同士で固まらないように」「ご理解いただく」など)。
また担任は生徒たちの行為にいちいち「もっともらしい」感想を持ったりする(留学生と同じ班の生徒たちが手に名前を書いてネームプレート替わりにしていることに《そこに配慮した周囲の行動に痛く感心》したり)。作者は一行たりとも、この小説を「本気」の言葉で書いてはいないのだ。
見えないところから思わぬ言葉が出てくる、文章を読むこと自体を楽しむという得難い経験を、この小説は、
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
こんな怖い小説は読んだことがない。
何の事件も起こらない高校の日常が「担任」の「日誌」として最後までただ淡々と続くだけなのに、だんだん背筋が寒くなってきた。
なぜか?
この高校には「私」がいないだけじゃない、誰もいないからだ。
冒頭は「千葉県には山がない」という教室での話題。
「ない」話から始まる。
そこにはカナダからの留学生ナタリー・サンバートンが「いる」。
ところが、この留学生、どんどん正体がわからなくなってくる。
カナダだから来たのだが、英語が苦手。カナダのフランス語圏の出身か?いや、実はブラジルからカナダへの移民でポルトガル語が母語。
どんどんアイデンティティがずれていき、それとともに存在が希薄になっていく。
日本人の生徒たちは「牟田順子」とか「居ヶ内(おりがない)和実」 など妙にリアリティがある名前で呼ばれる。
ところが彼女たちにはどの子にも個性というか「顔」がないのだ。
この生徒たち、ほんとうは「いない」のじゃないか?
と感じて、そろそろ寒気がしてくるのだが、決定的なのは修学旅行先の萩での出来事、というか、これも「起こらなかった」、「いなかった」話。
自由時間に萩市内に散っていった生徒たちの様子をそれとなく見ようと、先生たちがあちこ
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
留学生を迎えた高校の先生の記録?
一人称を変えたり、カナダから来たはずの留学生が実はブラジルにルーツを持っているとか、淡々とした文章の中に気味悪さが漂う。
「名前はあゆみなのに、走っているほうが似合う」とか、何度も出てくるセンテンスには意味があるのかなあ。
新しい試み、ってことなのかなあ。私にはよくわからなかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー