通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
私たちはなぜ税金を納めるのか: 租税の経済思想史 ... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯付】◆保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。【検品担当者より】ページ周辺と紙面に日焼けがあります。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

私たちはなぜ税金を納めるのか: 租税の経済思想史 (新潮選書) 単行本 – 2013/5/24

5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 649

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 私たちはなぜ税金を納めるのか: 租税の経済思想史 (新潮選書)
  • +
  • 日本の税金 新版 (岩波新書)
  • +
  • 日本の納税者 (岩波新書)
総額: ¥3,175
ポイントの合計: 96pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

国家と経済と私たちの行く先は? 21世紀必読の税金論! 市民にとって納税は義務なのか、権利なのか? また、国家にとって租税は財源調達手段なのか、それとも政策遂行手段なのか? 17世紀の市民革命から21世紀のEU金融取引税まで、ジョン・ロックからケインズそしてジェームズ・トービンまで――世界の税制とその経済思想の流れを辿り、「税」の本質を多角的に解き明かす。

内容(「BOOK」データベースより)

私たち市民にとって、税金とはいったい何なのか?また、国家にとって租税は財源調達手段なのか、それとも政策遂行手段なのか?17世紀イギリスの市民革命から21世紀のEU金融取引税まで、ジョン・ロックからケインズそしてジェームズ・トービンまで―世界の税制とそれを支えた経済思想の流れを辿り、「税」の本質を多角的に描き出す。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 302ページ
  • 出版社: 新潮社 (2013/5/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4106037270
  • ISBN-13: 978-4106037276
  • 発売日: 2013/5/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 36,885位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
租税の観点からみる経済思想史ということで、
第1章は市民革命期のイギリスでの社会契約に基づく「権利」としての税思想、
第2章は19世紀ドイツ財政学における「義務」としての税思想、
第3・4章で公平課税を求めたアメリカの所得税制、ニューディール期の「政策手段」としてのアメリカの税制、
という形で歴史が整理され、
第5・6章で、今話題のEU金融取引税と近未来の税制について論じておられます。
従前日本では、イギリス、ドイツの税制については比較的よく論じられてきましたが、
アメリカの税制について本格的に取り上げて整理されている点で画期的な一冊。
加えて、税と切っても切れない国家の存在を越えた企業活動に対する税制の行方についても
意欲的に論じられています。
国家は税なしに存続しえない、
にもかかわらず、タックス・ヘイブンに代表される経済のグローバル化、
金融工学による投機的な金融経済の進展に、
もはや国家レベルの税制は追いついていけない。
税制のあり方は私たちの社会を左右する重要問題であり、
世界の税制四百年史から現代社会を問い直すこれだけ高度な内容が、
専門家でない私にとっても本当に読みやすい文章でつづられている。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 θ トップ500レビュアー 投稿日 2014/12/7
形式: 単行本
「税金」というのは「お上に嫌々ながらむしりとられるもの」という認識で語られがちである。
しかし、階層が固定されていた昔ならいざ知らず、現在は「税をとられる国民」はまた「徴税する政府をコントロールする存在」でもある。
そのため、社会契約を唱えたホッブスやロックは、むしろ「国家を作るために我々は積極的に税を納める」という考え方を用いている。
これと対照的なのはドイツの国家有機体論の見方で、国家を成り立たせるための個人の「義務」として納税が捉えられる。

最初の二章はこういう話で、サブタイトルの「租税の経済思想史」にもあっているのだが、そこから先は「思想史」というよりは「税制の世界史」という感じになっていく。
アメリカで所得税が導入されていく歴史(最高裁は所得税を違憲としたこともあった!)や、ニューディール期に今の消費税・高い累進性の所得税に加えて法人税を強化した三本柱が確立する話などが紹介される。
非常に面白いが、思想というよりは「政治的駆け引き」の話がメインに来ている感じである。
その後は、トービン税とEUの金融取引税の関連等が出てくるが、トービンの思想の話だけが浮いている感は否めない。

中身は大変に面白い(そこには文句はない)が、願わくば「租税思想」に絞るか、「税制の歴史」に絞るか
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
フランス革命から始まり、ホッブズ、そしてグローバリズムと国境越えの問題まで、
これほど税金の歴史全史を網羅している本は希なのではあるまいか。
重税で第三身分の反乱からフランス革命が起きたことを述べ、
税金が国家転覆や革命の原因になりうることから話し始めている。
ここで私はこの本にハマッた。
ホッブズの国家論やロックの国家論にも触れているのがまたすこぶる佳い!
当然、ニューディール租税政策やトービン税にも触れているし、
経済のグローバル化が租税に深甚な影響を及ぼしている問題も論じている。
正直言って税金の本は面白くない本が多いが、
本書は本当に読むのが楽しく面白い希有な書であった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
英国、ドイツ、アメリカにおいて各種税制が導入された経緯の分析は非常に分かりやすく説明されている。

一方でそれらを踏まえた上での一般化が弱い印象を受けました。

なぜ税金を納めるのか?という質問に具体例を多数挙げて説明するスタンスの記載の為、「結局なんで?」という疑問が読後に若干残りました。

もちろん読者側で自分なりに整理は出来るくらい情報は十分に入っていますが、その纏めのトピックがあればより完成度の高い著書になったのではないかと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告