¥ 1,004
この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 356 (35%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 648
Kindle版
¥ 1,004
ペーパーバック新書の価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 356 (35%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
私たちの国で起きていること 朝日新聞時評集 (朝日... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
7点すべてのイメージを見る

私たちの国で起きていること 朝日新聞時評集 (朝日新書) 新書 – 2019/4/12

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 1,004
¥ 1,004 ¥ 2,047

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 私たちの国で起きていること 朝日新聞時評集 (朝日新書)
  • +
  • 父権制の崩壊 あるいは指導者はもう来ない (朝日新書)
総額: ¥1,879
ポイントの合計: 30pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

《日本と世界を見つめ続けた8年間の思索の軌跡》
社会の不寛容に立ち向かい、
この国のかたちをどう考えていくのか?


●2011年から19年には様々なことがあった。
●震災と原発事故、第2次安倍政権の誕生、安保法制とその抗議運動、
難民危機、トランプ政権、公文書改ざん、排外主義や「ネット右翼」の台頭、
外国人労働者問題、雇用や社会保障の揺らぎ……。
●こうした個別の事象の向こう側にある社会の変動をみつめ、
そのプラス面を活かしていく道を考えるのが重要と著者の小熊英二氏は鋭く説く。

【本書で展開される小熊英二氏の論考から一部紹介】
19世紀英国の首相ディズレーリは、英国は「二つの国民」に
分断されていると形容した。
私見では、現代日本も「二つの国民」に分断されている。
そのうち「第一の国民」は、企業・官庁・労組・町内会・
婦人会・業界団体などの「正社員」「正会員」とその家族である。
「第二の国民」は、それらの組織に所属していない「非正規」の人々だ。

この分断の顕在化は比較的最近のことである。
私が国立国会図書館のデータベース検索で調べたところ、
雇用関連の雑誌記事の題名に「非正規」という言葉が使われたのは
1981年が初出だ。そしてそれは2000年代に急増する。

それ以前も「パート」「日雇い」「出稼ぎ」などはいた。
だが、それらを総称する言葉はなかった。「パート」や「出稼ぎ」でも
「正社員の妻」や「自治会員」である人も多かった。
単に臨時雇用というだけでない「どこにも所属していない人々」が増えたとき、
「非正規」という総称が登場したともいえる。

彼らは所得が低いのみならず、「所属する組織」を名乗ることができない。
そうした人間にこの社会は冷たい。関係を作るのに苦労し、結婚も容易でない。(中略)
所得の問題だけではない。昔なら低所得でも、所属する企業・親族・地域の紹介で
「縁」が持てた。所属のない人々はそうした「縁」がないのだ。(中略)

それにもかかわらず、「第二の国民」が抱える困難に対して、報道も政策も十分ではない。
その理由は、政界もマスメディアも「第一の国民」に独占され、
その内部で自己回転しているからだ。(中略)

放置された「第二の国民」の声は、どのように政治につながるのか。
誰が彼らを代弁するのか。この問題は、日本社会の未来を左右し、
政党やメディアの存亡を左右する。
これは、この文章を読んでいるあなたにも無縁の話ではない。
(本書所収「二つの国民」より)


〈目次から〉
はじめに
【I 論壇時評 2016 ‒ 2019】

・冷戦後30年の日本 世界の変化になぜ遅れたか
・この国のかたち タブーなき議論で再確定を
・富山=北欧論争 「日本土着の改革」の可能性
・閉じこもる言論 固定ファン頼み、こぼれる声
・外国人との共存 ずさんで不透明な壁が阻む
・報道の自由 記者の「特権」、質問してこそ
・安倍政権の総括 幸運の歩み、問われる冬へ
・戦争の呪縛 政治不信、逃れられぬ社会
・豪雨災害を機に 地方行政の単位、見直す時
・ゲーム依存と核 関係性の歪み、北朝鮮にも
・観光客と留学生 「安くておいしい国」の限界
・政治と官僚 透明な人事へ、審査機関を
・原発の経済効果 神話に安住している間
・移民と自衛隊 現実、追認せず合意形成を
・福祉の逆説 充実を支持する層は
・弱者への攻撃 なぜ苛立つのか
・政党のあり方 「他党と違う」は重要か
・総選挙の構図 「希望」が幻想だったわけ
・選挙を前に 政治は社会に追いつくか
・沖縄と本土 「自らの現実」はどこに
・人間と機械 AIが絶対できないこと
・右派の改憲 今なぜ「反体制」なのか
・現代の保守 「大日本帝国の虚妄」でなく
・日本国憲法 改正されずにきた訳は
・思考実験 最低賃金を時給2500円にしたら
・東芝と原発 時代が止まってはいないか
・社会の分断 他者思う大人はどこに
・脱ポピュリズム 「昭和の社会」と決別を
・トランプ現象 合意より分断、悪循環生む
・世襲化と格差 社会のビジョンはあるか
・テロ対策 「宗教」で説明しようとする前に
・天皇と「公務」 「お言葉」を受け、考える
・メディアの萎縮 「まずい」報道、連帯で脱せ
・21世紀型選挙へ 人との対話が「回路」ひらく
・二つの国民 所属なき人、見えているか
・日本の非効率 「うさぎ跳び」から卒業を

【II 時評 2011 ‒ 2016】
・被災地と向き合って 欠落した知恵と勇気
・「無難」な報道機関、必要か
・世界の解雇規制 ルールに透ける「社会」
・揺らぐ政治秩序 20世紀の常識、不適合
・連立与党の公明党 政界適応で招いた危機
・変わる社会の枠組み 「難民」の定義、時代遅れ
・デモから選挙へ 自己規制を取り払おう
・国会前を埋めるもの 日常が崩れゆく危機感
・「戦後」とは何なのか
・社会の「断片化」 政治家の失言を考える
・憲法という噓に誠を見いだす 鶴見俊輔さん追悼
・政策と目標 原発比率に見る無責任
・自民党の基盤 衰弱が生んだ政権独走
・政策決定の背景 拙速に進む英語教育
・米軍基地の辺野古移設 日米安保条約、誤解あり
・「ネット右翼」への対処法
・復興、どうあるべきか 生きる意欲の回復こそ
・首相の解散権 あえて根拠を問い直す
・人権への意識 耐え忍ぶ美徳のワナ
・本当のコスト 何のための原発保護か
・占拠の背景 単純な「反中」ではない
・「誤解」を解く 「枢軸国日本」と一線を
・そんなことをやっている場合なのか
・科学と社会 STAP事件の必然
・与党勝利の構造 「縁」で集票、未来ない
・法の支配と行政 危うい、お上の言いなり
・誰が最後に残るのか 原発事故対策の制度的不備
・改憲問題 国民の期待、読み誤るな
・時代認識 枠組みが古くないか
・「脱原発」実現しつつある日本
・選挙に頼れない今、対話を
・ネズミの群れと滅びる恐竜
・原発コスト、国民意識に比例
・公共事業と原発、日本の縮図
・東北と東京の分断くっきり

内容(「BOOK」データベースより)

人間の尊厳を軽んじていることが、停滞と閉塞感の根底にある。日本と世界を見つめ続けた8年間の軌跡。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 384ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2019/4/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 402295017X
  • ISBN-13: 978-4022950178
  • 発売日: 2019/4/12
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.7 x 1.9 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 473位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2019年4月19日
形式: 新書
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告