Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 270
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[一ノ瀬 芳葵]の私たちのバイクの旅と、ささやかながら与えられた救いについて (Hybrid Library)
Kindle App Ad

私たちのバイクの旅と、ささやかながら与えられた救いについて (Hybrid Library) Kindle版

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 270

紙の本の長さ: 102ページ
【ライトノベル ストア】: ラノベの人気レーベル、ベストセラー、新着・ニューリリースをチェック。 ライトノベル ストア へ


商品の説明

内容紹介

「私たちのバイクの旅と、ささやかながら与えられた救いについて」
著:一ノ瀬芳葵/表紙・挿絵イラスト:じゅり

【作品概要】
少女が東日本大震災に見舞われた地を訪れて、少しだけ成長する物語。

菜津美は、反抗期まっさかりで世間に疲れている女の子。
やれ受験だ、やれ頑張れと急かしてくる世の中に疑問を抱いている。
人はいつか必ず死んでしまうのに、頑張ってなんになるのだろう、と。

そんな菜津美には、東北に住む大好きな祖母がいた。
いろんなことを教えてくれた祖母は、数年前に病気で他界した。
その祖母の夫である、気難しくて口数少なかった祖父――菜津美は苦手だった――も、2011年3月11日の東日本大震災の津波で帰らぬ人となった。
祖父母を失って無常観が深まったのか、無気力に日々を生きる菜津美だったが。

ある日。
菜津美の前に、大型バイクに乗った女性、加菜が現れる。
加菜は、生前の菜津美の祖父と文通をしていたらしい。
菜津美の祖父が津波で亡くなる数日前に、手紙で『とても大切なことを、あなたにお話しておきたい』と伝えてきたという。
だがその内容が伝えられることはなく、祖父は津波で命を落とした。
加菜はその真相を求めて、家族である菜津美たちの元を訪れたのだ。

菜津美は最初、加菜の目的=苦手だった祖父の『大切なこと』に興味を示さなかったが、
祖父の『大切なこと』が、自分の大好きだった祖母に関わることかも知れないと思い始めると、居ても立ってもいられなくなる。
奈津美は母親に嘘をついて家を飛び出し――加菜のバイクの後部座席に跨がり、東北の地へと向かう。

二人は、津波の爪痕が今も残る地で、人々と触れ合いながら真相へと近づいていく。
菜津美にとって、津波の恐ろしさを味わった人たちの想いと生き様は、はじめは理解を超えるものだった。
だが、旅の終わりに祖父の『大切なこと』を知った菜津美は、感じるのだった。
ほんのささやかながら、幸せな気分になれている自分を。

【情報】
文庫本換算、約140ページ。
表紙イラスト1枚、挿絵9枚+α。

【※レーベル『Hybrid Library』(ハイブリッドライブラリー)とは】
直訳で、『雑多な叢書、本の集まり』。
プロアマチュア無関係の有志で本当に書きたいもの・読んでもらいたいものを発刊していく場として、2015年5月に立ち上げ。「Hybrid Library」のレーベル・団体名で電子書籍の刊行や各種イベント参加等活動中。
略称「HL」「はいぶらりー」。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 11311 KB
  • 紙の本の長さ: 102 ページ
  • 出版社: Hybrid Library (2016/2/2)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01BFK3DYS
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 74,897位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
東日本大震災を題材にした、ということで正直避けているところがありましたが、いざ購入して読了すると、そんなことを申し訳なく思うほどの完成度でした。
東日本大震災は確かに人々の心に大きなダメージを与えましたが、それでも人は生きようとしている。前に進もうとしている。

被災者の「今」を小説という媒体で的確に伝えている、そんな作品だと思います。あと表紙のデザインも素晴らしい。ほんとなら表紙分で星+1したいところですが(笑) 最大は星5なので星5とさせていただきます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
 東日本大震災の小説です。しんしんと降り積もる雪のように
文章が心にしみてきました。雨や風、雪や乾いた空気はすぐ
側にあるんだなあと感じさせてくれます。
 震災から月日はたっても、誰かの大切な思い出は、決して
失われる事はないでしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover