この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

私たちにとって本当に必要な「小さな政府」とはどんなものか? 単行本 – 2006/5


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

「小さな政府」とは何? 知っているようでまったく分かっていない「小さな政府」のあり得るべき本当の姿が、初めて明快に理解できる画期的な本の登場です。
「大きな政府」のままだと日本を超インフレが襲う可能性大!「小さな政府」を目指すことは、必要にして最善の策なのです。具体的には官僚の天下りを禁止することによって、「小さな政府」実現の道が開けるはず。このようにいくつかの具体的な提言をこの本は示しています。
本書は、今後の経済生活を見通すうえで必読の内容となっています。

出版社からのコメント

著者・跡田直澄は、現在、慶応義塾大学教授であるとともに、政府に対し数々の財政政策提言を物申す財政通として知られています。先に上梓した単行本『利益が上がる!NPOの経済学』(集英社発売)は、NPOにも経済原理を導入することが可能だと説き、各界を驚かせて、大評判をとりました。今回の新刊書も新鮮な驚きを与えるとともに、「小さな政府」への誤解を正す本になっています。
中高生・大学生の副読本にもお勧めです!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 213ページ
  • 出版社: 集英社インターナショナル (2006/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797671483
  • ISBN-13: 978-4797671483
  • 発売日: 2006/05
  • 梱包サイズ: 19 x 13.2 x 1.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,528,957位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう