通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点 単行本 – 2009/10

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

熊谷/伸一郎
1976年、横浜生まれ。ライター・編集者。現在、出版社勤務。環境・沖縄・在日外国人問題など幅広いテーマでルポを各誌に寄稿する。ライフワークとして元日本軍兵士の戦場体験の聞き取りを進めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 167ページ
  • 出版社: 合同出版 (2009/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4772603948
  • ISBN-13: 978-4772603942
  • 発売日: 2009/10
  • 梱包サイズ: 21.2 x 14.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,287,315位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本書はアジア侵略の開始から太平洋戦争終結へ至る70年間を語り継いでいくために
20〜30代の世代が中心となり、一連の戦争は日本がアジア各国へ侵略していった
過程あるいは結果として引き起こされたものであると前提を置き、日本が加害者で
あったという事実に向き合い、被害者の声と顔を知り、そして再び同じ過ちを
犯さないためにどんな視点を持つべきかを示す、という目標へ向かってまとめたものです。

本書はそれぞれの執筆者が記述した30の項からなり、内容は大きく4章で構成され、
1章では大義名分の下に戦争から戦争を呼ぶ侵略がなぜ起きたか、2章で戦時下の
言論弾圧やマスコミの戦争翼賛や国内外の反戦活動についてまとめ、本書の主たる
目的については3章の日本がアジアでしたことと、4章の戦後の責任という視点、
の2つの章で述べられています。

それぞれの項では注釈が必要な用語や背景を下段に別枠を設け、写真を交えながら
理解の促進が図られ、文末の【もっと知りたい人のための参考文献】では3冊ずつ、
30項で計90冊の新旧の書籍が紹介されています。

戦中の世代から2世代下った70年〜80年代生まれの20人近くの執筆者陣は
敢えて生年を示し、
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 重松 投稿日 2012/10/22
形式: 単行本
史実に全く基づいていない推論で書かれているこの本は、はっきりって読む価値はないと考えます。
まず、歴史認識は国、人で立場が違うため多少異なりますが、捏造した歴史を幼少期から教えている中国韓国に対し迎合し正確な歴史認識のないまま
歴史、戦争を考察した本にどのような意味があるのでしょうか?
たとえば政府主導の従軍慰安婦は朝日新聞の捏造であってことはもう証明されていますが、それに対する見解がありません。
慰安婦は募集で集められ存在していたことの区別がついていないようです。
正確な戦争の事実を学ぶべきでしょう。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告