Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 432

¥ 31の割引 (7%)

(税込)
ポイント : 2pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[ぢゅん子]の私がモテてどうすんだ(7) (別冊フレンドコミックス)
Kindle App Ad

私がモテてどうすんだ(7) (別冊フレンドコミックス) Kindle版

5つ星のうち 3.3 8件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 私がモテてどうすんだ(別冊フレンドコミックス)の11の第7巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 432
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463 ¥ 1

紙の本の長さ: 160ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

花依(かえ)の好きな戦国アニメ「かちゅ☆らぶ」朱(あかね)ちゃんのモデルとなった殿の命日が近づき、花依達は聖地巡礼の旅へ! 五十嵐(いがらし)達は花依と同じ宿にお泊まりすることになるけど!!? 浴衣姿や入浴シーンなどサービスショット満載!! 別フレ50周年記念ショートも!

著者について

ぢゅん子
11月28日生まれ、いて座、A型。神奈川県出身、東京都在住。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 37454 KB
  • 出版社: 講談社 (2015/10/13)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B0166D2H7S
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
前巻の全員告白→検討→「やっぱり二次元」は流石にどうかと思いましたが、今回ではようやく花依もヒーロー達を異性として意識し始めた模様。
と言っても、イケメンと身体急接近でドキドキ☆というシチュは(既巻でも多くありましたが)、花依の見た目に惚れた男達とまだ大差ないレベルではあります。もっと彼らの内面を見ようよ。
ラブコメのお約束ですから別段この主人公だけが悪いわけではないのですが、巻数を見ればそろそろ八方美人から脱却し始めてもいい頃ですね。

ヒーローズ各人の評価はおそらく他の多くの方々と大差ありません。
六見先輩一択なので、彼のターンだけは超ベタ展開だろうが今巻での微速進展が嬉しいしもっと見たいです。
あとの有象無象(特にシオン似と後輩ショタ)は正直どうでも…賑やかしに尺取り過ぎだとしか。端役レベルの中身なのに無駄に美形で画面をゴージャスにするためか出張ってくるので、そろそろ花依争奪戦から脱落してもいいんじゃないかな。
対抗馬(一応)の五十嵐くんと百合枠の二科さんが花依を取り合いつつケンカップルフラグを立ててるっぽいので、次巻以降はもう少しギアを上げていってくれるとありがたいです。
願わくば前巻みたいな、全員の真剣な思いから逃げてBL最高!みたいな最悪のオチにだけはなりませんよう…。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ns トップ1000レビュアー 投稿日 2015/10/14
形式: Kindle版
いつもの6人で聖地巡礼の泊まりがけ旅行に行くんだから、
ドタバタするのは容易に想像できます。

しかしそのドタバタっぷりが想像の斜め上で面白すぎる。
今までで一番7巻が面白かった気がします。

以下ネタバレ含む。
面白いネタは数えきれないくらいありましたが
個人的には五十嵐が七島の人工呼吸をするくだりが一番ツボでした。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 うお 投稿日 2015/11/8
形式: Kindle版 Amazonで購入
 あまり長編を得意じゃないということがあるので、どうしてもうざったく感じてしまうだけなのではないかと思いますが、そろそろ決着つけて欲しいと思ってしまいました。
 できればあまりグダグダと長く続けずに10くらいでキリよくエンディングになってくれればいいなと思っております。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
毎巻楽しみにしています。
7巻は、「かちゅ⭐らぶ」の殿のモデルになった戦国武将の聖地巡礼のお話がメインです。
鎮魂祭、首塚のある島を探検、ホラー的な展開、また日常に…と、安心して読めました。でも、旅行中に五十嵐、二科、四ノ宮、六見先輩は花依と、それぞれ一歩ずつ進展が。それにあせりながらも、自分なりに花依と進展させようとする七島のエピソードで次巻に続いています。最後のページはドキドキ!どうなるのか楽しみです。
番外編の花依の祖父母とのエピソードも面白いですよ。DNA強し!に笑ってしまいました。
次巻には嬉しいお知らせがあるそうです。(アニメ化でしょうか?)気になりますね。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover