通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
私がハーバードで学んだ世界最高の「考える力」 がカートに入りました
+ ¥257 配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 usakoj819
コンディション: 中古品: ほぼ新品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


私がハーバードで学んだ世界最高の「考える力」 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/1/30

5つ星のうち2.2 4個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本(ソフトカバー)
¥1,540
¥1,540 ¥1,300
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 2 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から260円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から260円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


ブックマイレージカード
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から260円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 私がハーバードで学んだ世界最高の「考える力」
  • +
  • ハーバード・ジュリアードを 首席卒業した私の 「超・独学術」
総額: ¥3,080
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

◎トップ1%はこう考える!
大分の県立高校から
独学でハーバードに現役合格&首席卒!

世界最高峰のジュリアード音楽院も首席卒

◎世界トップに学べ!
ハーバード流で最高のパフォーマンスを引き出す

~受験や仕事に即役立つ59のルール~

【著者より】
“Out of comfortable zone"という言葉を聞いたことがありますか?
直訳すると「快適なゾーンから出る」、つまり現状に安住することなく新しいことに挑戦する、という意味です。

私は生まれ育った大分県大分市の公立高校から米ハーバード大学に現役合格して、いわゆる「首席」で卒業しました。
その後進学した米ジュリアード音楽院も首席で卒業して、現在はニューヨークを拠点にバイオリニストとして活動しています。
また、ニューヨークにて音楽コンサルティング会社を起業し、CEOも務めています。

私は18歳でハーバードに入学するまでは、海外生活や留学の経験はありませんでした。
塾に通ったことすらなく、通ったのは公立小中高のみ。
普通に大分で暮らし、大分の学校に通っていた私にとって、
突然アメリカに渡ってハーバードに入ることはまさに"Out of comfortable zone"でした。

入学後は大分での日常が一転、驚きの連続。
いちばん驚かされたのは、ハーバード仲間の「知的好奇心」と「思考力」の高さです。

友人と食堂で交わす会話1つとっても、ただの雑談とは違いました。
“超"がつくほど専門的な生物学の話だったり、投資会社が駆使する応用数学の数式の話だったりするのです。

しかも、一度1つのトピックについて話し始めると、かなり突っ込んだところまで共に熟考させられる。
しかし不思議なことに、最先端の生物学や応用数学の話でも、ハーバードの仲間が話すと堅苦しくも退屈でもありませんでした。
むしろ、1時間でも2時間でも議論を交わしていたい、と思わされる魅力がどこかにありました。

ハーバードの仲間と話しているうちに、私は「考えること」の楽しさに気づかされました。
考えるたびに新たな発見があって、それを友人と意見交換しているうちにまた次の発見が生まれる、このワクワクする好循環。
ジュリアードへの進学も、卒業してからの起業も、ハーバードで鍛えられた考える力が導いてくれたと思っています。

かといってハーバード生は、まるで違う世界に住んでいるというわけではありません。
私たちと同じ世界で同じものを見ているのに、あふれるような好奇心と考える力で、心がドキドキと高鳴るような発見をしているのです。

本書が、皆さんにとって"Out of comfortable zone“と思えるような知的冒険旅行のガイドブックとして役立つことを著者として祈っています。

出版社からのコメント

【著者より】

ハーバードの授業は15人程度の少人数制で、発言や議論が活発に飛び交います。
教授が問題提起をすると、われ先にと意見を言い合う学生ばかりです。
授業では出席をとらないので、一度も発言しなかったら欠席とほぼ同じ扱いになります。
記録をとるのは、発言の内容と回数のみ。
学期末の評価も、中間・期末テストの成績だけでなく、授業中での発言の記録が25%以上を占めることがほとんど。
成績≒存在価値(バリュー)なのです。

しかも、他の学生と同じ意見では評価されません。
「私もそう思います」では、何も新たな価値を生まないからです。
自分の前に発言した学生とほぼ同意見だとしても、新しい視点で何かをつけ加えなければ存在価値はありません。
だから授業中、学生たちは自分の存在をアピールするために、頭をフル回転させながら必死に考え、発言します。

私は当初、この授業スタイルにまったく馴染めませんでした。
まずは「英語力」の壁がありました。
英語力にはある程度の自信がありましたが、授業で飛び交う英語は、まったくの別物だったのです。
「これでは授業に出ても満足に発言できない……」
そう危機感を募らせた私は、1学期のうちに教授にSOSを出しました。

私のSOSに教授はきちんと対応してくれました。
「日本人ばかりではなく、アジアからやってきた学生たちには、授業中に自己表現するのが苦手なタイプが多いのはわかっている。
いきなり適応するのは難しいだろうから、最初は私が指名します。私からふられたら意見をいってください」と提案してくれたのです。
そのうえ授業では、私が聞きとりやすいように、質問もゆっくりと投げかけてくれました。
それ以降、私は教授にふってもらった質問に着実に答えられるようになり、
そのうち教授からふられなくても自分から手を挙げて発言できるようにもなりました。
そして、学生同士のディスカッションに勇気を奮って飛び込めるようになったのです。
こうした経験を踏まえ、ハーバード1年目に私がたどり着いたコツを紹介します。

1 授業前の予習の時点で、何を発言するか決めてメモしておく
2 とりあえず誰よりも先に意見をいう
(誰かに先にいわれてしまうと価値が半減してしまうから)
3 細かい指摘をする
(似たような意見を先にいわれても新たな視点を提起できるから)
4 意地でも他の学生とかぶらない意見を考える
5 これらがどうしてもうまくいかない場合、かじりつくように議論を聞いて、なんとか新しい意見を固める

こうして私は、なんとか毎回の授業を生き延びたのです。

あなたは他の人と同じ意見で思考を狭めていませんか?

内容(「BOOK」データベースより)

世界トップに学べ!ハーバード流で最高のパフォーマンスを引き出す!受験や仕事に即役立つ59のルール。

著者について

廣津留すみれ(ひろつる・すみれ)
大分市生まれ。小中高と地元の公立校に通い、学習塾や海外留学の経験はなく、独学でハーバード大学に現役合格。ハーバードでは、音楽理論を中心とした音楽を専攻、国際保健(グローバル・ヘルス)を副専攻し、首席で卒業。その後、芸術分野で世界大学ランク1位のニューヨーク・ジュリアード音楽院に入学。バイオリンを専攻し、卒業時に2名だけに与えられた最優秀賞を受賞(修士号取得)。3歳から続けているバイオリンでは、世界的チェリスト、ヨーヨー・マとたびたび共演。音楽の殿堂、カーネギーホールでも演奏した。ゲーム・ファイナルファンタジーシリーズ(XII & XV)のサウンドトラックに参加。弦楽グループアンソニア・カルテットとして演奏。執筆活動では日経カレッジカフェへの連載やジュリアード公式新聞のインタビュアーを務めた。教育分野では社会起業家として、ハーバード生による教育プログラムSummer in JAPANの設立・運営などに参画。大学で培ったビジネスシンキングを生かし、大学院卒業後にニューヨークで起業。2018年6月、日本テレビ系『人生が変わる1分間の深イイ話』の「高学歴な人は本当に幸せなのか?SP」に出演し話題となる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

廣津留/すみれ
大分市生まれ。小中高と地元の公立校に通い、学習塾や海外留学の経験はなく、独学でハーバード大学に現役合格。ハーバードでは、音楽理論を中心とした音楽を専攻、国際保健(グローバル・ヘルス)を副専攻し、首席で卒業。その後、芸術分野で世界大学ランク1位のニューヨーク・ジュリアード音楽院に入学。バイオリンを専攻し、卒業時に2名だけに与えられた最優秀賞を受賞(修士号取得)。教育分野では社会起業家として、ハーバード生による教育プログラムSummer in JAPANの設立・運営などに参画。大学で培ったビジネスシンキングを生かし、大学院卒業後にニューヨークで起業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


出版社より

6
5
4

ハーバード式小論文で作文能力を鍛えよう!

3

2つの準備と4つのステップで問題解決力を高めよう!

2

5分間だけ集中するのは5分以上1つのことに取り組まない割り切り!


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 272ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2020/1/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478107297
  • ISBN-13: 978-4478107294
  • 発売日: 2020/1/30
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.2 x 2.6 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 1.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,068位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち2.2
評価の数 4
星5つ
30%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
70%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

3件のカスタマーレビュー

2020年2月9日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年2月17日
形式: 単行本(ソフトカバー)
2020年2月18日
形式: 単行本(ソフトカバー)
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告