中古品
¥ 130
+ ¥ 320 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 多少の日焼け有り。カバーに多少のすり傷あり。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

私が「この国」を好きな理由 単行本 – 2001/3

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 130
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

NHKの大河ドラマでは北条時宗が取り上げられているが、国難という意味では当時の日本もいまの日本も類似している。危機ゆえに、日本人は自らの国についての関心がこれからますます高まっていくだろう。本書は、日本という国と日本人のもつ可能性と力をさまざまなエピソードを紹介しながら実証していく。曰く、「国難を迎えたとき、突然生まれ変わる底力を日本はもっている」。また、著者は以前の著作で「二十一世紀は世界が日本化する」と主張しているが、本作では「百年、千年のきざみで歴史をふりかえってみれば」、世界は日本化するだけでなく、東洋思想が主流になっていくとも説いている。著者は、ソフト化経済センター理事長や東京財団会長などを務める。歯に衣着せぬ評論で人気が高く、著作も数多い。本書は日本を愛する人たちだけでなく、長引く不況の中で自信を失っている多くの日本人にぜひ読んでもらいたい一冊である。

内容(「BOOK」データベースより)

日本の未来はそんなに暗いのか!?私達は、自分自身の持てる力と可能性を明らかに見誤っている。21世紀、日本は必ず再び離陸する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 196ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2001/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569615635
  • ISBN-13: 978-4569615639
  • 発売日: 2001/03
  • 梱包サイズ: 17.6 x 11.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 678,644位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2006年9月12日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告