最も早いお届け日: 本日
1 時間 24 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
福島原発事故―原発を今後どうすべきか (河合ブック... がカートに入りました
お届け日 (配送料: ¥257 ): 11月3日 - 6日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ★ガイドラインに沿った出品となります★■特記事項■表紙に軽い痛み、その他概ね良好。綺麗な商品です。※品質には十分注意しておりますが、万一不具合等ございましたらご連絡下さい※使用品の為、傷や微ヤケ・微ヨゴレ等はご理解下さい※特記事項において全てのページの書込みや傷みを確認する事は出来ませんので、あくまでも目安となります。どうぞ宜しくお願い致します。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

福島原発事故―原発を今後どうすべきか (河合ブックレット) (日本語) 単行本 – 2012/4/1


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2012/4/1
¥990
¥990 ¥231
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小出/裕章
1949年東京に生まれる。1968年東北大学工学部原子核工学科に入学。1974年東北大学大学院工学研究科修士課程修了(原子核工学)後、京都大学原子炉実験所助手。1960年代の高度成長期の後期に、原子力こそ未来のエネルギー源と考えて原子核工学の研究の道に進むも、早い段階で原子力の危険性に思い至る。とくに女川の反原発運動に接して以後、「核廃絶」を追求する科学者へと自覚的に研究のスタンスを転換。その姿勢を一貫させたまま現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2012/4/1
  • 単行本 : 121ページ
  • ISBN-10 : 4777204626
  • ISBN-13 : 978-4777204625
  • 出版社 : 河合文化教育研究所 (2012/4/1)
  • 言語: : 日本語

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません