通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
福島原発でいま起きている本当のこと~元・現場技術者... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

福島原発でいま起きている本当のこと~元・現場技術者がすべてを語った! 単行本 – 2011/9/1

5つ星のうち 4.3 27件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 514
¥ 514 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 福島原発でいま起きている本当のこと~元・現場技術者がすべてを語った!
  • +
  • 原発労働記 (講談社文庫)
  • +
  • ヤクザと原発 福島第一潜入記 (文春文庫)
総額: ¥1,819
ポイントの合計: 41pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「津波の前に、原子炉は破壊されていた!」……メルトダウン報道はその事実を覆い隠すための煙幕に過ぎないのです。福島第一、第二原発で現場技術者として長年関わっていた人物が、その経験から福島原発のすべてを語ります。いままで報道されていたことは、東電の発表か、反原発の立場からの穿った見方でしかありません。本当に起きていることを語ります。

内容(「BOOK」データベースより)

津波の前に、地震で壊れていた原発。次の地震で“燃料プール”は崩壊する。放射能だらけの免震重要棟!?いまだに放射能漏れの場所が不明他。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 95ページ
  • 出版社: 宝島社 (2011/9/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4796685804
  • ISBN-13: 978-4796685801
  • 発売日: 2011/9/1
  • 商品パッケージの寸法: 21.5 x 14.4 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 193,862位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
福島原発に関する報道がめっきり減ってきた。民主党代表選報道の最中、東電から「想定外の津波」は想定内であったことが報告された。マスメディアからは追及されないとの確信があってのことだろう。

工程表に基づいて、あたかも予定通り進んでいるかのように報道されているが、この本を読むと実際は何も進んでいないことがわかる。ただ原子炉を冷やしているだけある。まだそれしかやりようがないからである。

著者は実際に福島原発で働いていたからこそ現場の状況がわかり、的を得た仮説を導き出している。
地震で壊れていた原発(そのため配管破断に触れない)、どこにあるのかわからない高線量放射性物質、メンテナンス不備によるベント不成功、ケーブル敷設作業時の汚染水被ばくの状況など現場を知らなければ導き出せないことである。

著者は配管破断により放射性物質が漏れており、そのために高い放射線量が放出されていると指摘している。
早晩、被爆線量の上限を引き上げなければ作業員が足りなくなる。しかし、2時間の講習で働けるのに「福島原発行動隊」に集まった元原発技術者463名の活躍の場はない。

地震と津波、そして水素爆発によって傷ついた建屋は、大幅に強度が落ちている。むき出しになった鉄筋は海水の影響を受けて急速に腐食し、コンクリート内
...続きを読む ›
コメント 180人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
テレビや新聞では語られない「本当のこと」。図表や写真が多くあって原発知識ほぼゼロな私でもすらすら読めました。
著者が福島第一原発の元主任指導者というだけあってか、コラム欄もなんか生々しい。「原子力村住人のライフスタイル」とか。
行方不明の作業員100人超えってネットの噂もコレを読んで納得できた。「下請けと東電社員と区別待遇」どころの騒ぎじゃない。宵越しの金は持たない現場作業員は金で買えて取替えの効く「部品」…。「二時間の講習を受けるだけであななも立派な‘放射線作業者’」。「線量を金で買う」図式。
御用報道では得られないネット上でつぶやかれる事実を裏づけされた気がした。
しかしながら「タワッシング」?!皮膚をタワシで削り洗いして血を出して除染するって・・・
「興味本位でかまいません」500円という低価格。立ち上がった勇気ある著者の気概も伝わってきます。
「無関心こそ東電の狙い」そして巨大勢力の最後のあがき。
コメント 132人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
残念なことに、今までは
 エンジニアの視点での、まともな原発報道や論説にお目にかかったことがない。

例えば
「冷温停止になりました」??  ・・・なんだそれ? 燃料はどこだ? 物理的に、つじつまが合わんだろう!!
と言った具合。

が、この本は違う。
エンジニアが読んでも、非常に筋が通っている。

ちなみに、
大学教授など、明治時代と違って、
今や高校の先生達と能力も知見も大差はないことはもっと知られてよい。
鵜呑みにするおバタリアンを見ていると、「あんた死んじゃうよ」と言いたくなる。

「この程度の放射能は安全です、むしろ健康に良いくらいだ」と言う大学教授は結構多い。

だが、聴衆が見ている目の前で、
 放射性物質入りの水やジュースを飲んで見せたものが
  ただの一人も居ないのはどういうわけだろうか?

エンジニアなら、こういう場合、飲んで見せる。
 かって、我が友人は、高性能の濾過装置を開発した時
  ウンチやオシッコの入った水の高度処理水を、
   説明するたびに、コップ一杯飲んで見せたものだ。
    蛮勇からではない、自分の
...続きを読む ›
2 コメント 104人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 本格派 トップ500レビュアー 投稿日 2011/9/4
形式: 単行本
これが真実である。原発というものの実態である。

これまでにも原発作業者の証言によるスクープが週刊誌などで取り上げられているが、これほど現場の実態を詳細に暴露したものは見たことがない。

元大手電機メーカーの技術者であり、原発のメンテナンスなどの仕事に携わり、原発というものの実態を知り尽くしている著者が語る言葉には重みがある。
「作業員に対してこれくらいのことは当然対策しているだろう」という予測はことごとく裏切られる。東電は下請けの作業員を単なる使い捨ての部品のように見下し、扱っているのである。
全身をカッパで覆われ、全面マスク越しの呼吸では呼吸により弁を開閉しなければならず息をするだけで体力を消耗する。
免震重要棟は放射能汚染されたままで除染する気などなく、作業中の被爆線量を本気で測る気がない。
定期検査の報告書は提出用の「表の」報告書と、自分たちが実際の状況を把握しておくための「裏の」報告書がある。
死亡事故が起きたときは原発に問題があることがばれないようにいつも心筋梗塞などに死因がすり替えられる。
老朽原発の配管破断を隠すために、原因はすべて津波のせいにする。
現場のメンテナンス要員は末端作業員も指導する立場の人間も「素人」。
などなど。
...続きを読む ›
コメント 164人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック