残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
福島のことなんて、誰もしらねぇじゃねえかよ! がカートに入りました
+ ¥265 配送料
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 帯もついており、良い状態の本です。Amazon専用在庫商品です。店頭価格と値段が異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。通常、土・日・祝日を除いた2営業日以内に発送致します。基本的に、ゆうメールでの発送となります。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

福島のことなんて、誰もしらねぇじゃねえかよ! (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2019/3/9

5つ星のうち4.3 30個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2019/3/9
¥1,650
¥500 ¥1
無料配送: 2月28日 - 3月1日 詳細を見る
最速の配達日: 2月 28日の日曜日, 4PM-6PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 福島のことなんて、誰もしらねぇじゃねえかよ!
  • +
  • はじめての福島学
総額: ¥3,300
ポイントの合計: 34pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

笑える福島と遊ばないか!福島に20回、楽しい社会科見学に行った結果、わかったコト。

著者について

カンニング竹山(かんにんぐたけやま)

1971年4月2日生まれ。福岡県出身。1992年小学校の同級生の中島忠幸とお笑いユニット「カンニング」を結成。
2004年6月日本テレビ「エンタの神様」に初出演。2006年12月相方の中島氏が死去後、芸名に「カンニング」を付けて活動開始。
映画「守護天使」、「ねこタクシー」では主演を務め、NHK連続テレビ小説「花子とアン」などのドラマにも出演。フジテレビ「直撃LIVEグッディ! 」、「ノンストップ! 」、朝日放送「探偵! ナイトスクープ」ほか、レギュラー多数出演。
趣味はお酒、キャンプ、アメフト、福島旅行。競馬予想が特技。

登録情報

  • 出版社 : ベストセラーズ (2019/3/9)
  • 発売日 : 2019/3/9
  • 言語 : 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) : 184ページ
  • ISBN-10 : 458413894X
  • ISBN-13 : 978-4584138946
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 30個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
30 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

殿堂入りベスト50レビュアー
2019年3月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
123人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年3月15日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 事故から8年を迎えた今、読むべき本。 【追記】 結局は福島の現実を見ない人だけが騒いでることもわかる本。
ユーザー名: 電子マニア、日付: 2019年3月15日
批判的レビューを見ると、一体どこの国のどこの時代の話をしているのか?と首を傾げたくなる。

ガイガーカウンターなんて日本全国どこでも音がなる。

ぶっちゃけ今の福島で人が住んでいるところは有名どころの温泉場よりも線量が低い。

反原発イデオロギー的な部分で情報を更新せず、福島をスケープゴートにして「危険だ!危険だ!」と煽り続ける人達を尻目に

「ふくしまの旨いもの楽しい場所を堪能して遊んでこよう!」

こんな純粋な動機で来てくれる竹山さんに感謝しかない。

食べて応援しなくてもいい、とっくの昔に福島の多くの人は自分で立って生活している。
なので、福島に来て楽しんでほしい。そんな県民の想いに本当に寄り添ってくれているいい本だと思う。

原発をやめさせたい連中には、福島を廃県にしろだとか、福島県民は1年以内に大量死するとか言われ、それが3年、5年、7年、10年に伸びた。
そんな呪いをかけられながらも多くの福島県民は今日も美味しいものを食べて、普通の人生を送っている。

そしてそんな人たちと肩を並べて酒を酌み交わし、同じく旨いものを食い、多くを語ってくれている竹山さんの本です。
原発云々の話は少なめ。ほとんどが福島の観光情報満載の本です。GW前にこの本を手にして福島に遊びにきてください。

本を買って読みもしないのに批判的レビューをあげていそうなユーザーがいるので、買って読んだ証拠として本の画像をアップ。

【追記】
原発事故の不安を過度に煽りたがる人達が被災した地域を苦しめている事がここのレビューからもわかる。

それらの人がやたら追記でこの本を批判しているが、そのような人達が東海村の臨界事故の時になんと言ってたか、そして今の東海村はどうなっているかを調べたら、それらの人が言ってる事が単なる妄言である事が分かると思う。

反原発のイデオロギーと言う棍棒で、今も福島の人たちを彼らは叩いているのだ。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
68人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年3月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
27人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年3月13日に日本でレビュー済み
58人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年3月10日に日本でレビュー済み
43人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年3月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告