ポイント: 20pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 5月20日 木曜日 詳細を見る
最速の配達日: 5月 19日の水曜日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
在庫あり。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
福岡伸一、西田哲学を読む――生命をめぐる思索の旅 ... がカートに入りました
お届け日 (配送料: ¥257 ): 5月20日 - 21日 詳細を見る
最も早いお届け日: 5月20日 木曜日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


福岡伸一、西田哲学を読む――生命をめぐる思索の旅 動的平衡と絶対矛盾的自己同一 (日本語) 単行本 – 2017/7/7

5つ星のうち4.3 55個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1,980
¥1,980 ¥1,500
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 福岡伸一、西田哲学を読む――生命をめぐる思索の旅 動的平衡と絶対矛盾的自己同一
  • +
  • 新版 動的平衡: 生命はなぜそこに宿るのか (小学館新書)
  • +
  • 生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
総額: ¥3,872
ポイントの合計: 39pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

メディア掲載レビューほか

生命科学と哲学

意味不明の図形に1本の線を引くことで、隠れていたものが浮かび上がってくる。福岡伸一と池田善昭の共著『福岡伸一、西田哲学を読む』は、そんな知的興奮を味わえる本だ。『生物と無生物のあいだ』で知られる生物学者と哲学者の対談である。

西田幾多郎といえば、西洋の翻案ではないオリジナルな哲学をつくり出したことで知られる。とくに「絶対矛盾的自己同一」は、ヘーゲル流の弁証法とは違う概念として評価されてきた。

だが、これが難解だ。なんだかよくわからない。宗教の呪文のような意味不明のもの、と批判する人もいる。ところが、福岡が唱える生命観「動的平衡」と照らし合わせると、両者は驚くほど似ていることがわかる。

生物は変わらないように見えて、細胞レベル、分子レベルでは常に入れ替わっている、というのが動的平衡。絶えず変化しているが、平衡を保っているので止まって見える。鴨長明が観察した川の流れのように。

生物の内部では、分解と合成を同時に進行している。外部から食べ物を取り込んで分解し、タンパク質を合成する。肝心なのは「作る」ことよりもむしろ「壊す」こと。壊すことによって作っている。この生命のメカニズムが、「絶対矛盾的自己同一」とそっくりだというのである。なるほど、そういうことだったんだ。

福岡の生命科学をとおして西田哲学を見ることで「絶対矛盾的自己同一」が理解でき、西田哲学によって福岡生命科学を読むことで「動的平衡」がより深くわかる。一挙両得というか、なんだかすごくトクした気分だ。暑さも吹き飛ぶ面白さである。

評者:永江朗

(週刊朝日 掲載)

出版社からのコメント

西田哲学と福岡生命科学――一見すると両者は遠い存在のように思われるかもしれませんが、実は直接の接点があります。2013年1月放送のNHK・Eテレ「日本人は何を考えてきたのか:近代を超えて~西田幾多郎と京都学派~」で、福岡先生はナビゲーターとして西田幾多郎の足跡を辿り、その哲学にも触れています。番組の中で先生が「動的平衡と西田哲学には響き合うものがある」とコメントされていたことがこの本の出発点です(先生は広い意味での「京都学派」の生物学者です)。一方、上記番組の放送より前に、西田哲学の正統的継承者である池田善昭先生は、福岡先生の生命観と西田哲学のそれとに通底するものを感じておられました。「統合学」の研究仲間でもあった2人が西田哲学と福岡生命科学を題材に、約1年半にわたって、生命とは何かという問題をめぐって真摯に、かつ真剣に対話した、その記録が本書です。

福岡先生によれば、対談の前までは「西田をまともに読んだことはなかった」とのことで、難解で知られる西田哲学ですから、対話は必ずしもスラスラとは進みません。先生は所々で足を止め、汗をかき、躓いてもいます(読者のためにあえて躓いてみせてくださったのかもしれません)。読者の方は、福岡先生と一緒に考えながら読み進める気分が味わえると思います。福岡先生が一歩一歩着実に歩みを進めるように西田哲学に向かうその姿勢はとても感動的で、一方、池田先生が言葉を探して、言葉を尽くして懸命に説明される姿にも強く胸を打たれます。

対談では、まず、西田哲学が全体として何を目指した学問だったのかという見取り図を描きます(第1章)。次に、それに沿って西田の難解な術語群を丁寧に解きほぐします(第2~3章)。そして準備が整ったところで、福岡先生が実際に西田の論文を読み解いていきます(第4章)。そこでは、西田哲学と福岡生命科学が見事なまでに響き合っていることが次々に明らかになるのですが(福岡先生の訳文も収録)、対談はただ両者を重ね合わせただけでは終わらず、第5章ではそこから「時間とは何か」という大命題に挑み、西田哲学を経由することで生命の定義に関して「1つの到達点」に行き着く過程が描かれます(この考察は理論編に引き継がれます)。西田哲学はそれ自体が統合学と呼べる学問でもありました。第6章ではその現代的意義について議論が展開されます。知が分断されているように見える今、西洋科学・哲学の限界を超克する可能性をもつ学としての側面に光を当てて対談の幕は閉じられます。

書き下ろしや往復メールの一部も加わった実に贅沢な内容で、西田哲学、池田哲学、福岡動的平衡論の格好の入門書となっているだけでなく、生命や自然について思考を深められる一冊です。生命のすばらしさ、尊さ、かけがえなさとともに学問の楽しさ(や厳しさ)をきっと感じていただけるものと思います。

本書が伝えたいメッセージの一つ、「大切なことは隠されている」――その大切なことを探しに、ぜひ本書を開いてみてください。

出版社より

福岡伸一 福岡伸一 福岡伸一 福岡伸一
西田幾多郎の実在論――AI、アンドロイドはなぜ人間を超えられないのか ギリシア哲学30講 人類の原初の思索から(上)――「存在の故郷」を求めて ギリシア哲学30講 人類の原初の思索から(下)――「存在の故郷」を求めて ハイデガーの超-政治――ナチズムとの対決/存在・技術・国家への問い
内容紹介 世界は存在するのか、しないのか。生命とは、人間とは何か――西田幾多郎の哲学は世界のあり方を根源から問う実在論であった。行為的直観、自覚、絶対無の場所、絶対現在、永遠の今、絶対矛盾的自己同一といった西田独自の概念を、生命論を手がかりに考察することを通して西田哲学と一体化しつつ、自身の思索を深化させる池田哲学の真骨頂が展開する。ピュシス(自然)の発する声に耳を傾けた、『福岡伸一、西田哲学を読む』の続編。 ハイデガーの「存在の思索」に寄り添いつつ、人類にとって原初の思索・哲学を「みずみずしい姿」で復活させ、従来のギリシア哲学観に変更を求めるとともに、そこから西洋哲学一般、近代科学、人間の思考のあり方そのものに疑問を呈する、過激にして痛烈な現代文明批判の書(上下巻)。 ギリシア哲学の権威にしてハイデガー研究の第一人者でもある著者が、「存在の故郷」を求むべく古代ギリシアの文献を読み解き、人類にとって原初の思索・哲学を「みずみずしい姿」で蘇らせると同時に、その検討を通して西洋哲学一般、近代科学、現代の人間の思考のあり方そのものに疑問を呈する。過激にして痛快な現代文明批判の書(上下巻)。 ハイデガーはなぜナチスに加担したのか? 衝撃の新資料「黒ノート」の詳細な検討も交えてナチスとの関わりを丹念に描き、彼が「超政治」と呼んだ「存在の問い」の政治性を解明する。ハイデガー・ナチズム論の決定版かつハイデガー後期思想の格好の入門書!
著者 池田善昭 日下部吉信 日下部吉信 轟孝夫
福岡伸一 福岡伸一 福岡伸一 福岡伸一
ビッグヒストリー われわれはどこから来て、どこへ行くのか――宇宙開闢から138億年の「人間」史 運命論を哲学する 飼いならす――世界を変えた10種の動植物 大図鑑 コードの秘密――世界に隠されたメッセージを読み解く
内容紹介 最新の科学の成果に基づいて138億年前のビッグバンから未来にわたる長大な時間の中に「人間」の歴史を位置づけ、それを複雑さが増大する「8つのスレッショルド(大跳躍)」という視点を軸に読み解いていく。宇宙論、生物学、化学などの自然科学と歴史学、地理学、社会学などの人文社会学が融合した「新しい学問」、ビッグヒストリーのオリジナルテキスト。 未来は決定されているのか、決定されているとしたら、一体どのように?――運命論から出発して、「ベタな現実」「絶対現実」「相対現実」「無でさえない未来」などの独自の概念を繰りだし形而上学的運命論&現実性論へと突き進む“入不二ワールド”の核心を、対談の名手、森岡正博氏が鮮やかに抉り出す。さらに圧倒的な書き下ろしによる応答で両者は互いの哲学を深化させていく。言語の極限状況で繰り広げられる、西洋哲学の輸入・紹介ではない、オリジナルな哲学。 狩猟採集民だった人間(ホモ・サピエンス)は、野生の種を手なずけることで、人口を増やし、文明を興した。最新の遺伝学や人類学の知見を織り交ぜ、人間とその盟友になった種とのかかわりを軸に歴史を概観し、これからを展望する、驚嘆すべき「われわれの物語」。 豊穣な意味世界とコードの軌跡 壮大なスケールで描き出す もうひとつの驚異の人類史 唯一無二のオールカラー大図鑑 高山宏氏・松岡正剛氏推薦!!
編者・著者・訳者 デヴィッド・クリスチャン 著、 シンシア・ストークス・ブラウン 著、 クレイグ・ベンジャミン 著、 長沼毅 日本語版監修 入不二基義・森岡正博 著 アリス・ロバーツ 著、斉藤隆央 訳 ポール・ルンダ 編、浜口稔 訳

登録情報

  • 出版社 : 明石書店 (2017/7/7)
  • 発売日 : 2017/7/7
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 356ページ
  • ISBN-10 : 4750345334
  • ISBN-13 : 978-4750345338
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 55個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
55 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2017年11月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
38人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年9月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年3月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年9月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年1月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年5月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2018年7月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年1月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告