通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
禁足地巡礼 (扶桑社新書) がカートに入りました
+ ¥ 350 配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

禁足地巡礼 (扶桑社新書) 新書 – 2018/11/2

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 918
¥ 918 ¥ 356
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで日用品等が30%OFF 1 件


booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売、発送する【A】対象の日用品等と【B】ドラッグストア・ビューティー・食品・飲料・お酒・ベビー&マタニティ・ペット・ホーム&キッチン・家電・オフィス用品・おもちゃ・スポーツ&アウトドア・シューズ&バッグ・本などをまとめて購入すると、注文確定時に【A】が30%OFF。4/2(火)から4/19(金)まで。詳しくはキャンペーンページをご確認下さい。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 禁足地巡礼 (扶桑社新書)
  • +
  • 禁足地帯の歩き方
  • +
  • ホラースポット探訪ナビ: 日本全国のヤバイところに行ってきた!
総額: ¥2,624
ポイントの合計: 75pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


【本屋大賞】大賞発表!
瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』2位以下など >本屋大賞特集はこちら

商品の説明

内容紹介

大島半島ニソの杜、氣比神宮の社叢、沖縄の御嶽、八幡の藪知らず、将門の首塚、対馬のオソロシドコロetc.

人が足を踏み入れてはならない場所が、日本各地には点在している。

奈良県大神神社の三輪山や沖縄の御嶽(ウタキ)のように、主にご神体とされている山や祈祷所のような神聖な場所であることが多いが、千葉県市川市の「八幡の藪知らず」のように、謂われがはっきりとわからなくても未だに「入ったら出てこられない」といわれている怪談要素の強いところもある。

古代信仰が残っている長崎県の対馬にある禁足地は、その名もずばり「オソロシドコロ」。うっかり足を踏み入れたものは、わらじを頭に乗せて「インノコ」(犬の子)と、自分は人間でないと言いながら後ずさって出なければならない、転んだときは片袖をちぎって身代わりに置いていかなければいけないなど、厳格な畏れの地だったという。
また、対馬のお隣、沖之島はいまだに島全体が禁足地で、限られた男性が祭りの日に入ることだけが許されていたが、世界遺産に認定されたことで、禁足が格段に厳しくなってしまった。

男子禁制、女性禁制であった場所が、時代の移り変わりとともに男性も女性も参拝できるようになったり、管理者・後継者がいなくなって消えていったところもあるように、時代とともに禁足地も変わりつつある。
本書であげられたスポットすべてに足を運んだ著者が、誰も体系的に論じたことのない「日本の禁足地」が持つ「恐れ」と「怖れ」と「畏れ」について考察する。

もくじより
第1章 代表的な日本の禁足地
第2章 人の手が入らない「なにもない空間」としての禁足地
第3章 祟る樹木、森神信仰と畏れ
第4章 現代に残された本当の禁足地「天皇陵」
第5章 現代の禁足地「心霊スポット」

著者プロフィール:吉田悠軌
怪談、オカルト研究家。怪談サークル「とうもろこしの会」会長。オカルトスポット探訪マガジン『怪処』編集・発行人。怪談の収集、怪談現場や会期スポット、奇祭など探訪をライフワーク都市、その活動は国内にとどまらない。
『怪談現場 東海道中』(イカロス出版)、『一行怪談(一)(二)』(PHP研究所)、『一行怪談漢字ドリル 小学校1・2年生』(幻冬舎)、『ムー実話怪談「恐」選集』(学研プラス)など著書多数。
TBSの「クレイジージャーニー」の常連でもあり、世界の奇祭や日本の禁足地を紹介している。

内容(「BOOK」データベースより)

女人禁制や男子禁制などの禁忌がなくなったところもあれば、さらに厳格になった場所もある。もはや消えてしまいそうな小さな禁足地や管理者がいなくなり謂われがわからなくなった場所など、変わりゆく「禁足地」の現状を綴った貴重な記録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 207ページ
  • 出版社: 扶桑社 (2018/11/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4594080839
  • ISBN-13: 978-4594080839
  • 発売日: 2018/11/2
  • 梱包サイズ: 17.6 x 10.9 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 228,822位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

VINEメンバー
2019年1月23日
形式: 新書Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告