通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
禁断の魔術―ガリレオ〈8〉 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です中古品のため、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等がある場合は、ご連絡頂ければ対応させていただきます。又迅速に対応し、発送いたします。簡易クリーニング済みです。発送月日ですが土日祝はお休みとなります月曜日と木曜日が発送予定日となります発送方法はゆうめーるになります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

禁断の魔術―ガリレオ〈8〉 単行本 – 2012/10

5つ星のうち 4.4 56件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 禁断の魔術―ガリレオ〈8〉
  • +
  • 虚像の道化師 ガリレオ 7
  • +
  • ガリレオの苦悩 (文春文庫)
総額: ¥3,672
ポイントの合計: 112pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

湯川が殺人を?「自業自得だ。教え子に正しく科学を教えてやれなかったことに対する罰だ」。ガリレオシリーズ初の完全書き下ろし。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

東野/圭吾
1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒業。85年、『放課後』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年、『秘密』で日本推理作家協会賞、2006年、『容疑者Xの献身』で直木賞、12年、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で中央公論文芸賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 327ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2012/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163816909
  • ISBN-13: 978-4163816906
  • 発売日: 2012/10
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 56件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 75,244位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
前作のガリレオ7は全てドラマのガリレオで映像化された話ばかりだったが、本作は4編のうち2編が未ドラマ化である。
最後の4編目だけが中編程度の長さがある。
初期はガリレオは佐野史朗のイメージだったが、本作くらいになるとすっかり福山雅治を想定して書かれている節がある。
短編集としてはさほど奇抜なトリックが使われている訳でもないが、定番の強さというか、王道の展開で安心して楽しめる作品である。
ガリレオシリーズの作品としては今回も外れなし。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ガリレオ8は、7よりも完成度が高いと思った。今までのどのガリレオ科学短編集よりも良かったと思う。
必ずしも殺人の原因解明を扱っているのではなく、残された家族や殺人回避を焦点にして、科学を解明している。
ヒューマンドラマのタッチを織り込んだ4篇の実に読ませてくれるストーリィだ。
最後の湯川も良いけれど、こうなると、ガリレオシリーズ、今後の行方が気になるところ
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者の作品は、巻を重ねるにつれて、湯川学の解く謎は人間の盲点をつく心理トリックにまで広げられていった。そして、湯川学の人物像が掘り下げられ、際立った魅力を放つようになっていった。幅広い作域を持つ著者の謎解きの関心が人間ドラマと融合して理想的な連作といえるであろう。
8月に第7作”虚像の道”が出たばかりだが、早くも最新作が出た。全4作がすべて描き下ろしで、力の入った短編集となった。本書の収録作では、犯人当てよりも“なぜ?”という、人の行動の理由を問う要素が明らかに大きい。また、本書で描かれる湯川は単に事件の謎解きだけではなく、関係する人たちの人生で生じた“もつれ”や“ほころび”をも元に戻す役割を演ずるのだ。
巻頭の”透視す(みとうす)“では、冷静沈着な湯川をたじろがせた女性が殺人事件の被害者となる。クラブのホステスである彼女は、初対面の客の名刺に書かれた事柄を見ずに当てるという特技の持ち主であった。湯川でさえそのトリックを見破れない。くやしがる湯川の姿も好い。次の”曲球る(まがる)“では、湯川は38歳で戦力外通告を受けたプロ野球の投手に出会う。彼の妻は強盗殺人の犠牲者となった。湯川は、その死に残された謎と、投手の人生を左右する問題までにも答えをだすことになる。続く“念波る(おくる)”では、殺人未遂にあった被害者が双子の妹に危機をテレパシーでしらせたというのは本当か
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ヒマラヤン VINE メンバー 投稿日 2016/8/15
形式: 単行本
おなじみのガリレオシリーズ。この本の内容は・・・

・ 透視す(みとおす) 面識もなく、名刺も見ずに湯川学の名前と肩書きを言い当てたホステス。そのホステスが殺された。犯人はあっさりと分かるのだが、彼女は名刺の内容だけでなく、ある客のカバンの中身も言い当てたのだ。いったい、どうやって・・・

・ 曲球る(まがる) プロ野球選手、柳沢の妻がスポーツクラブの駐車場で殺された。犯人はすぐに捕まる。もんだいはその後だ。柳沢の車の塗装があちこちはげて、錆が浮き出てくるのだ。そこから湯川の推理のおかげで、柳沢は妻の本当の思いを知ることになる―。

・ 念波る(おくる) ある既婚の女性が殺されかける。彼女には双子の妹がいて、最初にその妹―春菜が姉の若菜に何かあったかもしれない、と言い出す。確認してみると、本当にその時若菜は殺されかけていたのだ。刑事の草薙は湯川に助けを求めるが、意外なことに湯川は双子のテレパシーを認めるような言動を取る。果たして、真犯人は見つかるのか・・・?

・ 猛射つ(うつ) あるフリーライターが殺される。彼は大賀という大物政治家を追っていた。そして、古芝秋穂という大賀担当の女性記者が死亡しており、その弟が行方不明になる。事の真相はどうなっているのか・・・

ガリレオシリーズなの
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ドラマ化されてあらすじがわかるせいか、ちょっと新鮮味がなくて残念。
レビュー参考に買ったんだけどな。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ガリレオこと物理学者・湯川学を探偵役にしたガリレオシリーズの8冊目の短編集。

福山雅治さんのTVドラマ版が有名で、第2シリーズの放送(2013年4~6月)に先駆けて書き下ろしされた作品。最近はハードカバーはなかなか買わないので、ついつい先延ばしにしている内にドラマが始まってしまって読まずしまいになってしまっていました。

ガリレオシリーズは小説とTVドラマ版で設定が異なるので、ドラマを見ている人でも楽しめるのが良いところ。

ですが、ドラマで放送された「曲球る」「念波る」の2作よりも、この短編集では「猛射つ」が秀逸。

帝都大学の湯川を訪れた伸吾の元に届いた姉の凶報。その後、伸吾は大学をやめ、足跡が掴めなくなる。
別の事件の容疑者として浮上した伸吾の姉の死に大物代議士が関わっていることを掴んだ草薙と内海は、湯川に事件の相談にやってくるが……
「彼が事件に関係している可能性は百パーセントないと断言できる。」

レールガンの技術を教えた湯川が、出身校の後輩の伸吾に事件の現場で接した時に告げる言葉が凄い。科学者、研究者としての矜持が詰まった言葉で、なんでこれをドラマにしなかったかなぁと思うくらい……あ、レールガンを作るのが難しかったのかな。
個人的には「容疑者Xの献身」「真夏の方程式」の次に好きな作品です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー