この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

神話と民俗のかたち 単行本 – 2007/12


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 17,938 ¥ 309
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ピラミッドと前方後円墳、ゾロアスター教と神道など、古代文明にみられる複合的な文化要素が、はるかに距離を隔てた地域でしばしば一致しているのはなぜだろうか。本書はJ・G・フレイザーの『金枝篇』さながら、神話・伝説・物語・学説を博捜し、多くの例証を挙げて論じている。たとえば、私たち日本人になじみ深い正月の松飾りや盂蘭盆の習わしがペルシアの神話・文化に由来すること、古代ギリシアや中国などの春節祭礼の背景等々が明かされてゆく。古今の文物に共通してみられる表象から、境界、再生、供犠、象徴、聖性といったテーマと文化の伝播の構図を浮かび上がらせる試みである。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

井本/英一
1930年生まれ。京都大学文学部卒業。大阪外国語大学教授、桃山学院大学教授を歴任。大阪外国語大学名誉教授。民俗学や人類学、比較文化史に関する著訳書がある。ペルシア語・ペルシア文化を専門とする。奈良市在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 373ページ
  • 出版社: 東洋書林 (2007/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4887217420
  • ISBN-13: 978-4887217423
  • 発売日: 2007/12
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15 x 3.6 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,331,147位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。二十四節気