この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

神童[2枚組スペシャル・エディション] [DVD]

5つ星のうち 3.3 56件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオ神童¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 成海璃子.松山ケンイチ
  • 監督: 萩生田宏治
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: VAP,INC(VAP)(D)
  • 発売日 2007/11/21
  • 時間: 180 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 56件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000W6H22Q
  • JAN: 4988021128469
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 86,576位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   飛び抜けたピアノの才能を持ち“神童”と言われるうただったが、母親の期待と裏腹にレッスンはさぼりがち。でもひょんなことから知り合った青果店の息子ワオの部屋のピアノは喜んで弾くのだった。うまくはないが心地よいワオの奏でる音が気に入ったうたはワオと会うことが楽しみになり、ワオも出せなかった音が、うたのアドバイスで出せるようになった。音楽でつながったうたとワオ。でも天才少女うたの耳にある変化が訪れ…。
   さそうあきらの原作漫画を『帰郷』の荻生田宏治が演出。恋のような友情のような兄妹のような、はっきりしないけど心地よい関係の男女を成海璃子と松山ケンイチがさわやかに好演している。天才少女と言われ、悲しい過去に縛られ、ピアノに対して素直になれないうた、誰よりもピアノを愛しているのに、思うようにならないワオの苦しみは描きようによっては重いものになりそうだが、ふたりの関係を恋愛の一歩手前でとめて、純粋に音楽でつながった清らかな関係として見せたことで、気持ちのいい美しい映画に仕上がった。(斎藤 香)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『きみにしか、聞こえない』の成海璃子と『デスノート』の松山ケンイチ主演で映画化した音楽ドラマ。天才ピアニスト・成瀬うたが、音大を目指す青年・ワオとの出会いを通じて音楽の喜びを見い出していく。2枚組。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
原作は読んでおりません、おそらく原作は非常に良い作品だろうなと思います。ただ私の場合、映画を観た限りに於いてですが、今となってはもう10年前の作品ですから例えば「のだめ」などと比較すると、如何にも垢抜けしない、非常に地味な印象を受けますね。ただしかし、実際のところこの世界に於ける「現実」としては、こちらの作品の方がより近いのではないでしょうか?。音楽を前面に出す「邦画の走り」として、この作品はかなり良く出来ていると私は思います。特に(個人的に)決定的な印象を受けた主人公の言葉は「お父さんは自殺したんじゃないと思う。お父さんは”音楽のまま”でいたかったんだよ…」という言葉。これ、なんとなくですが本当に良く分かります。これは音楽の世界だけに限らないんですよね。「純粋」でいるということが如何に難しいことなのか!…私も本当に身につまされます。ただ、クライマックスのピアノコンツェルトで、主人公が自分の目だけで読譜し、あれだけの協奏曲の弾くのは(まあ誰が考えても)不可能ではありますが、むしろピアノ椅子の高さ調整で「楽譜を自分のお尻の下に敷く」というのは…?、この世界を知らないお方が創られた作品なのかな…?と疑ってしまいます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
成海璃子と松ケンがとにかく輝いてる。テーマ曲もとても効果的。ストーリーもとても良くて、劇場で観た帰り道にそのまま原作漫画大人買いして帰りました。成海璃子は撮影時たしか主人公と同じ12〜13歳だったと思うんだけど、よくこんな演技ができたな、と思うほど。私の中では、成海璃子ちゃんのベスト作品。

2017.1.28.
アマプラで再視。
このころの成海璃子ちゃん、神がかって美しいよなー。
本っっっ当〜〜に綺麗。撮影当時まだ12歳の小学生だったらしいんだけど、最近流行りの子役なんてクソに見えるお芝居で、本当最高だった。劇場で観たから、コレもう10年も前の映画なのかぁ…

リヒテンシュタインの代演のクダリは別に唐突でもなんでもない。
アレが問題ならのだめもなんでも全部ダメ。フィクションはフィクションとして楽しむものだと思う。現実と区別つかない人はそこでサヨナラ。こ
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
なぜボロアパートで暮らしているのか。
母親が見ていたのはなんの督促状だったんだ?
なぜピアノのレッスンを受けないのだ?
セミの声ってなんだ?耳が悪いのか?
オーケストラの後、なぜ倒れたんだ?
最後のシーンでは耳が治ったってことか?
話がさっぱりわかりませんでした・・・・・
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
物語の初めから中盤過ぎまではすごく良かったです、しかし、終盤が残念。ネタバレに成るのでストーリーには触れないが、題名の「神童」を決定づけたかったのか?はたまた、天才の悲劇を演出したかったのか、やや強引な展開に。。。あと一時間位、所謂、尺ってやつがあればもう少し余韻のある終盤を迎えられたのでしょうか、そう思うと少し残念。結果、中盤過ぎまで星5つの感動が、終盤で3つになりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
話がよくわからないこの作品。一番の謎は、最後ワオはどうやって倉庫の錠を破ってドンピシャの時間に入り込んだのか。ハリポタと同ジャンルならば最初からそういう展開にして欲しかった。

そして鑑賞後に心に残ったのは、ジャージのチビはどうなったのか、これに尽きる。
食い逃げしたウタの勘定を小遣いから捻出し、人間脚立をやってのけた後、心配になって倉庫に入ってみれば、そこで見るのは成人したイケメンに寄り添うウタの姿。若い女の持つ非情さ(良く言うと真っ直ぐさ)と、恋焦がれて完璧に敗北する未熟な若い男の無念さ、今までの音楽の話はどうでもよくなるほど、ラストは持っていかれました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
皆さんご機嫌はいかがでしょうか?じっちゃしんです。ストーリーは途中まで入り込めて楽しめました。こうなったら面白いなって思う方向に話が進んで行きましたが、後半から?です。プロのピアニストが自分の趣味嗜好でコンサート当日に代役を立てるのか?それは、プロ精神に反するんじゃないのか?主人公の少女らしさ(心の未熟さ)を表現するために譜面をお尻の下にひくのは・・・見ていて辛かった・・・ただの紙ではない。ノンフィクションでありエンターティーメントではあるが割り切れない違和感を覚え一気に話から覚めました。なぜコンサートの後に倒れたのか?難聴のせい?精神的に追い詰められたところからの解放で安心して倒れたのか?ジャージ小僧はどうなった?ワオは透明人間か?などなど・・・興ざめしていしまい脚本の甘さが目立ちました。せっかく脇役を含めた役者さんはいい演技をしているのに残念です。ただ、ワオが受験のときの見せた表情は僕には理解できなかった。ピアニストがあんな力任せの表情で弾くかな?激しい音であっても表情の中にクールさを秘めていないといい演奏できない。それが、伝わってこなかった。松山ケンイチはピアノが弾けない。もっとピアニストの演奏を見て研究したり練習して演奏者の気持ちを少しでも理解してから撮影に臨んで欲しかった。役者のプロであるならば・・・そんなこんなで辛口評価で★3になりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す