¥1,760
通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり)
Kindle版は今すぐお読みいただけます。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
神社本庁とは何かー「安倍政権の黒幕」と呼ばれて がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

神社本庁とは何かー「安倍政権の黒幕」と呼ばれて (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2018/12/25

5つ星のうち4.3 6個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本(ソフトカバー)
¥1,760
¥1,760 ¥1,742
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 神社本庁とは何かー「安倍政権の黒幕」と呼ばれて
  • +
  • ニュースが報じない神社の闇――神社本庁・神社をめぐる政治と権力、そして金
  • +
  • 徹底検証 神社本庁 (ちくま新書)
総額: ¥4,356
ポイントの合計: 44pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

このままでは、日本の神社が消えていく。季刊『宗教問題』編集長が、ついに暴いた真実!日本全国の神社を統括する「神社本庁」だが、神道信仰者は、今ではわずかに二・七%。なのに、戦前回帰願望、安倍政権支持等々、参拝者の幸せよりも政治的活動にご熱心。それは、多様な内紛の原因ともなっている。

著者について

小川寛大(おがわ・かんだい)
1979年、熊本県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。
宗教業界紙『中外日報』記者を経て、宗教ジャーナリストとして独立。
2014年、宗教専門誌『宗教問題』編集委員、15年、同誌編集長に就任。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
評価の数 6
星5つ
46%
星4つ
41%
星3つ
13%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2019年1月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年1月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年5月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年1月2日に日本でレビュー済み
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年12月30日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告