通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
神様 (中公文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 風神堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーあります。書き込み等無く良い状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

神様 (中公文庫) 文庫 – 2001/10

5つ星のうち 4.2 47件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 190
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 494
¥ 494 ¥ 99

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 神様 (中公文庫)
  • +
  • いちご同盟 (集英社文庫)
  • +
  • チェルノブイリの祈り――未来の物語 (岩波現代文庫)
総額: ¥2,038
ポイントの合計: 59pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

受賞歴

第9回(1999年) Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞
第9回(1999年) 紫式部文学賞受賞

内容(「BOOK」データベースより)

くまにさそわれて散歩に出る。川原に行くのである―四季おりおりに現れる、不思議な“生き物”たちとのふれあいと別れ。心がぽかぽかとあたたまり、なぜだか少し泣けてくる、うららでせつない九つの物語。デビュー作「神様」収録。ドゥマゴ文学賞、紫式部文学賞受賞。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 203ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2001/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4122039053
  • ISBN-13: 978-4122039056
  • 発売日: 2001/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 47件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 18,973位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
この小説には、熊やら河童やら人魚が当たり前のように登場する。そして主人公は、そのことにたいして驚いたりしない。そこにいちいちツッコミを入れたくなるような人には向かない小説。
川上弘美さんの作品を読むのは初めてだったが、本当にいい小説だと思った。
まず、主人公が素直な普通の人であるところに好感が持てる。最近の小説の主人公は、やたら斜にかまえたひねくれ人間が多くてうんざりしていたので、この小説を読んで心が洗われた。
「神様」でほのぼのして、「夏休み」でしんみりして、「花野」で切なくなって、「河童玉」で笑って、「クリスマス」でも笑って、「星の光は昔の光」でいろいろ考えさせられて、「春立つ」で不思議な気分になって、「離さない」でゾッとして、「草上の昼食」で号泣した。
いろいろ楽しめて、とってもお得だ。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
くまと散歩に行くからと言って、童話や絵本というテイストでもないし、

メルヘンと言ってしまうのもちょっと違うかな、と思う。

現代の社会では失われてしまったり、もともとなかったりするきもち。

それを持った人?達が登場するけれど、それを受けとめる私はちゃんと現代社会に立っている。

ほんわかと、やさしい文章だけど、現実にリンクしている部分も多くて、魂にはちゃんと響いてくる。

短編1つを読むだけなら、ほんの数分。

落ち込んだときや、悩んだとき、気分転換に読みたくなる本です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
三つ隣にくまが住み、上の階の住人から人魚を預けられるような

アパートに住む「わたし」の短編集。

「くまが!」とか「河童が!」なんていう驚き、テンションの高さはまったくなく、

日常の中に彼らはおり、「わたし」は彼らと言葉を交わし、心を通わしたり通わしそこなったり…。

設定はふわふわしていてまさにメルヘン!

しかし、決して日常のトーンを踏み外さない不思議な味わい。

それは、「わたし」が、人間とも熊とも、謎の白い生物とも

肩肘張らずに接しているからだろう。

相手を「こんな奴」と決め付けずに、受け入れて向き合えば、

こんなにも心地よい空気が流れるのかしら、なんて。

私の周りには、熊も河童もおらず、突飛な人物などそうそういないのだが、

それでも忌憚なく相手をみつめることは難しい。

お奨めは、梨を食べる白い3匹が登場する「夏休み」。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 misa 投稿日 2003/3/31
形式: 文庫
この本の中でとくに気に入ったのが「夏休み」という話。
白くてふわふわした小さな生き物が出てくるのだけど、
その中の1匹が可愛らしくて、切ない。
その生き物についての細かい描写なんかはほとんどないけど、
ストーリーを読んでいると、自分の中の「白くてふわふわした生き物」が
どんどん出来上がってくるから不思議だ。
この本の味というものについて考えた時、
出会ったのが今でとても良かったと思う。
少し疲れが出てきたときに読むと、ものすごく沁みるから。
感性と感情のハーモニー?
なんか、分からないけれど。。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この作品は私にとって、吉田戦車さんの「伝染るんです」、さくらももこさんの「コジコジ」以来のショックだった。完全にはまってしまった。しばらく地上に帰ってこられないような、不思議な感覚・・・
最初、あまりの簡潔な「~だ。~である。」調にとまどったけれど、すぐにその摩訶不思議ワールドにどっぷり浸かってしまった。
梨をひたすら食らう不思議な物体、男女の営みが旨く行かないと相談しにくるカッパ、つぼをこすると出てくる、痴情のもつれに悩む女、そして友人の「ウテナさん」・・・終わったかと思いきや、またもや登場するおかしな生き物達に、何度もブッと吹き出した。
どこかもの悲しくいじらしい、愛らしい生き物達と出会ってなぜか、「生きてるっていいなぁ~」としみじみ思いました。川上さんに、会ってみたい。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック