神様はバリにいる DVD通常版 がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

神様はバリにいる DVD通常版

5つ星のうち 4.1 18件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 3,175より 中古品の出品:12¥ 550より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

DVD・ブルーレイ 春の大セール
50%OFF以上多数。対象商品はこちら。 今すぐチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 神様はバリにいる DVD通常版
  • +
  • 大富豪アニキの教え
  • +
  • 成功を引き寄せるアニキのオキテ
総額: ¥6,199
ポイントの合計: 91pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 堤真一, 尾野真千子, ナオト・インティライミ, 菜々緒, 玉木宏
  • 監督: 李闘士男
  • 形式: Color
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2015/06/17
  • 時間: 106 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 18件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00UX35EFK
  • JAN: 4988013284586
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 16,301位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

『デトロイト・メタル・シティ』の李闘士男監督が豪華キャストで贈る「自分を変えたい」大人たちに捧げる、
実話が生んだ開運エンタテインメント!


■嘘のような実話から生まれた笑いあり涙ありの開運エンタテインメント!
原案はサクセスハウツー本として大ヒットしたクロイワ・ショウの『出稼げば大富豪』(KKロングセラーズ刊)。
実在するリアルな成功哲学がセリフに活かされ、映画を観るだけもご利益必至!?

■主演でアニキ役の堤真一を始め、尾野真千子、玉木宏、ナオト・インティライミ、菜々緒など豪華キャストが勢揃い!

■監督は『デトロイト・メタル・シティ』をスマッシュヒットさせたバラエティ作品に定評のある李闘士男!

■67館スタートながら、興収約3億のスマッシュヒットを記録!

■本邦初!オールバリロケ敢行!


[内容解説]
【STORY】
婚活ビジネスに失敗し借金を背負った元起業家の祥子は、失意の中バリ島へ。
そこで自称"爽やか”だけど爽やかじゃない日本人の大富豪アニキと出会う。
破廉恥で胡散臭そうな風貌のアニキだが、バリ島のお年寄りから子供まで様々な人たちから慕われていた。
アニキを尊敬する謎めいた青年リュウも何やらワケありのよう。
さらに日本からはストーカーが追いかけてくる始末。
祥子は藁をもつかむ思いで、お金持ちになるコツを学ぶためにアニキに弟子入りするが・・・。

[スタッフキャスト]
【キャスト】:堤真一
尾野真千子
ナオト・インティライミ
菜々緒
玉木宏
【スタッフ】
監督:李闘士男
脚本:森ハヤシ
音楽:安達練
主題歌:湘南乃風「BIG UP」(TOY'S FACTORY)
原案:クロイワ・ショウ「出稼げば大富豪」(KKロングセラーズ)
製作統括:梅田一宏 白柳雅文 小西啓介
プロデューサー:宮前泰志 前田紘孝 安里公夫
音楽プロデューサー:金山淳吾
ラインプロデューサー:鈴木大造
撮影:神田創
照明:丸山和志
録音:小松崎永行
美術:飯塚優子
編集:穂垣順之助 山本清香
スクリプター:阿保知香子
装飾:松田光畝
持道具:宮川幸子
特機:横山聖
衣裳:黒羽あや子
ヘアメイク:竹下フミ
バリ島コーディネーター:野嶋姫佐
助監督:清水勇気
制作担当:里吉優也
特別協賛:ガルーダ・インドネシア航空
企画・制作:リーライダーす
製作:「神様はバリにいる」フィルムパートナーズ



[発売元]ポニーキャニオン

(C)2014「神様はバリにいる」フィルムパートナーズ

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

堤真一主演、バリで暮らす日本人大富豪が独自の哲学で周囲の人々の人生を変えていく姿を描いたヒューマンコメディ。多額の借金を抱えてしまった元起業家の祥子。失意のままにバリ島へやって来た彼女は、謎めいた日本人の大富豪・アニキと出会う。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

今年のお正月、公開早々観に行って、
あんまり面白かったもんだから一週間後にもう一度観に行って、
それから半年たった今回、レンタルビデオで改めて観たらやっぱり面白かった。
というわけで購入することにしました。
完全に私のお気に入りの一本です。

この映画の楽しさって、子供のころTVにかぶりついて観た「てなもんや三度笠」や松竹新喜劇なんかの楽しさに似てるような気がするんですよね。
腕利きの喜劇役者さんを観る楽しさっていうかね。
堤真一さんとオノマチさん。
二人そろって、そんじょそこいらのお笑い芸人が足元にも及ばぬ高度な喜劇のセンスをお持ちです。
今日本で一番面白い芝居ができるコンビかもしれない。

アニキの「教え」にも一部で言われているような説教臭さなどみじんもありません。
世の中は人と人との縁で回っているだとか、
辛気臭い顔をしていたら、やってくるはずの運も逃げてしまうだとか、
私ぐらいの年になると、ほんとにそううだなあと納得することばかりです。
(若い人たちにはピンとこないかもしれませんが)

肩のこらない分かりやすい物語で
メチャクチャ楽しくて
うるっとくることろもあって
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
FBでレビューを見かけ、YouTubeで50分ほどの本人が喋る動画を見た。
説得力があり、全く退屈せず納得する話ばかり。
話している事は決して難しい事ではない。むしろみんな聞いたり言われたりした事がある話かもしれない。
その中から何を選び、というかどこまで自分の中で腹の底から思い、行動できるかで これだけ人も運もお金も集まってくるのだろう。

さて、これをどう映画化するのか興味津々で見た。
実話に基づいた、コメディ調のヒューマンドラマ。
笑えるクスグリやらウルっとさせるところもありながら、何だか頭にガツンと一発食らって日々の考え方を揺さぶられた様な、、
面白可笑しく描きながら、暖かい気持ちになり回りを大事にしよう、と思わせてくれた。

映画の出来自体は、自分的には星4つか4つ半くらいを付けたいが、ご本人が星5つ、オススメ度も星5つという事でこの評価。

沢山あるYouTube動画のうち、私が見たのは50分余りのものだったが、それもオススメです(笑)
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
仏教の教えも垣間見れます。心豊かにする事が、幸せである事。
コテコテの堤真一さん!いつもと違う日焼けした玉木宏さんも、なかなかよかったです。
前向きに生きるヒントが多数あり、元気になれる作品です。
ダジャレもなかなかでした(笑)
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 ヒロインは幼い頃から親の言いつけを守り、必死に勉強して、学校はすべて第一志望に合格、ミスコンに推薦されてエントリーされるくらいの美貌の持ち主。
 成功の秘訣がテーマの本を何冊も読破し、株式投資、小説執筆、パソコン教材製作などを行ない、若くして会社を設立し、社長に納まる才覚があった。 
 しかし、おりからの不況で業績が上がらず、部下たちにも裏切られ、家族からも見放され、残ったのは莫大な借金だけ。
 自殺するために、バリへ来たという、実話を基にしたストーリー。

 こう書けば、面白そうだし、役者陣も悪くはないし、何がダメなのだろう?

 「こういう本を出したいのですが」と相談されて読んだ、大ベスト・セラー『夢をかなえるゾウ』(水野敬也)を憶い出してしまった。
 成功の秘訣を教授する、トリック・スター的存在の黄色い象ガネーシャが堤真一(眉毛なしの好演! 最初、誰か分からなかった)、冴えない会社員の“僕”が尾野真千子(花魁、バリの踊り子のコスプレ、全く違和感なし!)という構図に、かなり近いものを感じる。
 大切なのは、“夢”、“向上心”、“縁”、“信頼”、“明るさ”、“感謝”、“爽やかさ”、“自分の不幸を他人のせいにしない”、etc。
 それらを実話に基づくエピソードに、多様なユーモアを鏤
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す