日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

神様はバリにいる

 (190)6.01時間46分2015G
婚活ビジネスに失敗し借金を背負った元起業家の祥子(尾野真千子)は、失意の中バリ島へ。そこで自称“爽やか”だけど爽やかじゃない日本人の大富豪アニキ (堤真一)と出会う。破廉恥で胡散臭そうな風貌のアニキだが、バリ島のお年寄りから子供まで様々な人たちから慕われていた。アニキを尊敬する謎めいた青年リュウ(玉木 宏)も何やらワケありのよう。さらに日本からはストーカーがおいかけてくる始末。祥子は藁をもつかむ思いで、お金持ちになるコツを学ぶためにアニキに弟子入りするが・・・。(C)2014「神様はバリにいる」フィルムパートナーズ
レンタル期間は30 日間で、一度視聴を開始すると48 時間でレンタルが終了します。
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
スタンプラリー

Amazonプライムを試す等でスタンプを集めて10人に1人に最大50,000ポイント。キャンペーン期間は2021年6月2日~2021年6月30 日。 詳しくはこちら

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
菜々緒玉木宏
プロデューサー
宮前泰志前田紘孝安里公夫
提供
フジテレビムービー
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち4.2

190件のグローバルレーティング

  1. 63%のレビュー結果:星5つ
  2. 15%のレビュー結果:星4つ
  3. 11%のレビュー結果:星3つ
  4. 2%のレビュー結果:星2つ
  5. 10%のレビュー結果:星1つ

レーティングはどのように計算されますか?

カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

カレット2018/09/06に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中捨てる神あれば拾う神あり。人生いろいろ、社会もいろいろ
確認済みの購入
「人生いろいろ」というのが最初に抱いた感想です。
原案は「出稼げば大富豪」、実在するバリの大富豪・丸尾孝俊氏を取材した書籍。本作のアニキ(演:堤真一)は丸尾氏をモデルとしたキャラクターです。
アニキの哲学を描いた映画ですが、アニキのようにやればいいよという話ではないと思います。現代の日本社会には合わなかったが、バリにはアニキを受け入れる土壌があったと、そう解釈しています。アニキが大富豪になれたのも、生来の商才はあったのでしょうが、きっかけはラッキーで1億円の元手が手に入ったこと。富豪になった男の人生を学ぼうと思って観る作品ではないのでしょう。主人公・祥子の最後の選択がそれを示唆しているように感じます。
しかし、アニキのバックボーンがもう少し見てみたかったなというのはありました。モデルの丸尾氏は中卒で飲食業やトラック運転手など様々な職を渡り歩き、20代後半でバリ島へ渡ったとのこと。本作ではセリフで軽く触れられる程度で深くは描かれません。アニキの生まれ育った環境の描写があると、バリの文化に惚れた理由により共感できたかもしれません。
タイトルはよく練られたものだと思います。”神様”とはアニキのことかとミスリードさせておいて、映画を観終わった後に本当の意味がわかる仕組み。
総括。捨てる神あれば拾う神あり。現代日本社会で周りから押し付けられる常識とか評価とかがうっとおしいと感じたとき、本作を観てみると「もう少しだけ自由にやってみようかな」と、勇気をもらえるかもしれません。
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
Amazon カスタマー2019/05/07に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中うさんくさい
確認済みの購入
現地に行くと金持ちになれる、
いい生活が待っている、
日本人は莫大な投資をし、投資に失敗しても、相手の責任追及せずに、すぐに笑ってすませましょう、
財布にけちけちせず現地人に無条件におごる、
など見ていて馬鹿らしくなる内容だ。
相手国政府の同意がなければ撮影できないと思うけど、
こういう相手国の条件丸呑みみたいなストーリーを見ていると馬鹿らしくなる。
どこの国にも裏の面がある。そういうのは映画では流さず夢ばかり見させようとする。
下手に見ないほうがいいと思った。
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
Amazonカスタマー2018/09/30に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中神様は必ずどこかで見ている
確認済みの購入
とても楽しく、そして勇気づけられる作品でした。バリの大富豪、オヤジギャグ連発の底抜けに
明るく、爽やか?なアニキ(堤真一)の所へ自殺志願の祥子(尾野真千子)がやって来た。聞けば
会社経営に失敗、多額の負債を抱えてバリへとやって来たと言う。

祥子役の尾野の演技がとても良かった。今までじっくりと演技を見たことがなかったが、言葉や
行動がとても可愛く、間の取り方もタメが効いていて表情豊かだった。主人公の堤は一見アクの
強そうな人物ながら、その実、人情味に厚く、現在の私たち日本人が忘れてしまったものをバリの
人々に感じ、その思いを自身の手でこの地で実現させようと努力の日々を送っています。

「落ち込んだ時、苦しい時こそ笑いなさい」「失敗を他人のせいにしてはいけない」「情けは人の
ためならず」「ピンチをチャンスに変える」、ビジネスに携わる者として必要な心構えをアニキは
翔子に切々と説きます。祥子もまたそれに応えるべく、過去の自分から脱皮しようと試みます。
コメディタッチの人情ドラマとして、とてもいい作品だと思います。
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
Amazon カスタマー2019/07/02に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中人生に疲れた時に観て救われた
確認済みの購入
何のために生きているんだろう。人生を楽しむってなんだろう。生きていて何が楽しいんだろう…。
毎日仕事してお金を稼いで消費して、お金がなくなりまた仕事しての繰り返し。
体を壊しても働かなくちゃと無理をして働く。
もう疲れた、と思った時にこの映画を観ました。
私は、誰かのために働いたり生きたりしていなかった。ただ毎日過ごせればいい、という気持ちだけだった。
周りの人が幸せになると自分も幸せになる。幸せが循環する。
映画を観ている時、笑顔になれました。世界中の人達がこんな考えになれたら、戦争もなくなるだろう。
そんな大きなことは考えてもしかたないけれど、とりあえず身近な人を喜ばせてみたくなりました。
この映画に出会えて感謝です。
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
らら2020/04/26に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中最後まで観る気になれない
確認済みの購入
尾野真千子と玉木宏目当てで観はじめましたが、他の方も書いているとおり「なんかうさんくさい」内容で、最後まで見る気になれませんでした。海外撮影で雰囲気はいいのですが、現実逃避したくて見始めても、なんだか騙されているような、お尻がむずがゆくなるような、不安な気持ちになるというか・・・怪しい自己啓発か新興宗教の入門ビデオみたいな、そんな雰囲気があります。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
最前線症候群2020/07/01に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中映画としても経営哲学としてもレベルの高い作品
確認済みの購入
まずほかの方もおっしゃっていますが、この映画のモデルの日本人は実在する人物で
会社を32社持つバリの不動産王と呼ばれる丸尾氏です。
氏の語る経営哲学は一見古臭く、道徳観や感謝といった現代日本、特に若年層では鼻で笑われるような経営哲学でありますが、それは丸尾氏のフィルターを通して丸尾氏独自の視点で語っているためであって、現在の日本でも必要不可欠な要素を多く語っておられます。
余談ではありますが、映画の中ではエンタメ性と同居させるため非常に共感しやすい耳障りの良いことしか言っておられませんが、ヨウツベなどで語る内容はなるほどと共感させられる部分が多々あります。気になった方はぜひチェックしてみてください。

映画としては非常にわかりやすくまた、主人公の祥子やアニキが共感しやすいキャラクターで
テンポよく進むため難しく考えることなく楽しめました。
個人的には主人公の祥子役女優さんである尾野真千子さんの魅力があふれ出ている作品だと感じました。
この人こんな魅力的でしたっけ?と何度も思うほどです。
久々に楽しめた日本映画でした。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
Amazonのお客様2018/09/23に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中自分教
確認済みの購入
啓発本だけではわからない、裏にある経験をまるごと見せてくれたような映画。
裏をみてみれば、それは過去に日本でも、自分でも経験のあるようなことで、
その時を思い出して、自分もいろんな人に助けられていたんだなと感じた。

神様はバリにもいるし、自分の周りにたくさんいる。
親切は巡って、自分のところにやってくるというのは、いろいろな本に書いてあるようなことだけれど、
たしかに、親切にしない人から、親切にしてもらうのも道理に合っていない。
となれば、やはり、ひとは自分の周りの人のために、親切にする以外ないんだよね。

誰かに優しくしたいとは思っていても、正義感だけはあっても、親切にできていないのかもしれないなぁ。
仕事で親切にできたら、もっと幸せな時間が増えるかもしれない。
そんなことを思いました。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
フクシンスケ2019/04/18に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中商売が出来れば、学歴なんて必要ない。
確認済みの購入
 ガラの悪そうなおっさんににらまれている。とても爽やかでない。看板に偽りあり?兄貴の型破りな生き方に共感できないとつらい展開だろう。アニキとかの師弟関係が苦手。傍若無人な態度にイライラさせられないのならセーフだ。実は自殺を助けられたヒロインの視線でアニキを見ているので、どこまでも従うしかない。金持ちになる秘訣も知りたいし。アニキだから、懐が深く徳がなければ誰も従ないはず。強面だけど優しい、稼いだお金を社会に還元する。常に相手のことを考え奉仕する。それでできた縁が財産。富の再分配が行われている、資本主義社会。
 札束でごり押しはしない。アニキの自分勝手な思い付きが挫折に導く。幼稚園、建設の許可が下りない。まさか人身売買に絡んでいると思われたのか。役人にわいろを渡して解決では、とても爽やかとは言えない。最後にはアニキの縁に助けられた。

 あんなロケーションのいいところに幼稚園を建設できるだなんて、まさに夢の島という感じがした。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
すべてのレビューを表示