通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
神様はじめました 6 (花とゆめCOMICS) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

神様はじめました 6 (花とゆめCOMICS) コミック – 2010/5/19

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 神様はじめました 6 (花とゆめCOMICS)
  • +
  • 神様はじめました 7 (花とゆめCOMICS)
  • +
  • 神様はじめました 8 (花とゆめCOMICS)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 白泉社 (2010/5/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4592192168
  • ISBN-13: 978-4592192169
  • 発売日: 2010/5/19
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
自分の能力以上に一生懸命頑張る女の子に、影からサポートしてくれる男の子が好意を寄せる(この場合は主従関係だけど)なんて、完全に少女マンガの王道だ。しかしこの物語は設定が特殊で面白い。人間でありながら土地神に任命された主人公、奈々生の神様修行を助ける、狐の神使、巴衛。ツンデレタイプの巴衛に当たり前のように惹きつけられる奈々生の恋は、気持ちだけではなく物理的にも前途多難であるものの、6巻まできてようやく巴衛の態度に変化が。頼られなくてつまらなく思ったり、告白と他人が聞けば思えるような一言を発した自分にドキッとしたりと、読者が思わずニヤリ顔になってしまう変化だ。
物語も出雲の神議り行き切符を巡って、現人神と呼ばれる少女、香夜子との一騎打ちという盛り上がる展開に、わくわくしながら一気に読めた。香夜子の心の闇を受け入れて救えるのは、やはり奈々生が選ばれた少女だからなのか、無欲な少女の心を込めた働きに周囲も惹きつけられる。頼りになるかわいい式神も登場し、いよいよ次巻は出雲神議編。どんな珍妙な神々が登場するのか、妨害工作はあるのか、非常に楽しみだ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
なんといっても今回は巴衛が可愛いすぎる!

行動の端々に今までとは明らかに違う奈々生への気持ちが現れてます^^(だからと言って恋愛云々では無いですが)

しかも、奈々生も神様としてちょっとだけパワーアップしましたし(笑)これからも目が離せません!

個人的にオトヒコさん嫌いじゃないですww←
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この巻は巴衛→奈々生色が濃かった気がします(かといって恋愛感情かはまだ不明な感じですが)
二人の恋の行く末がますます興味深くなりました!
そして新キャラクターが登場するのですが、私は初め、嫌われキャラかな?と思いながら読んでいました。なのに最後のほうになると、ほろりと思わず涙が零れそうになって……。
登場キャラなどの心情がひしひしと伝わってきました。
本当に巻数を重ねるごとに、良い作品になっていると思います。なので是非皆様も読んでみては如何でしょう?
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
最新刊16巻までを一気読みしての感想です。
この6巻の内容は、
アニメじゃ割愛して全く別物にして最終回を作っていましたが、
あれは暴挙だと思います。

6巻のほんとの役割は、
巴衛が奈々生に浄化される大事な場面を持つこと。
巴衛にとって虫けらのように弱い存在から、
神様として助けてあげれる存在になるんです。
人間に失望している巴衛にとってとても重大なこと。

香夜子というライバル誕生にやきもきさせられたりするから、
そっちに気をとられるけれど、
霧仁の存在、神議りへの出席と、
悪羅王とのかかわりの重要局面。

出てきたはいいけど、霧仁の存在って謎。
12巻に本筋は悪羅王なんだって書いてあるけど、
話は霧仁、神様たち、鞍馬etc.を巻き込んでどんどん膨らんでいって、
いっそう面白くなっていくのです。
大満足。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
香夜子ちゃん、初登場です‼︎
そして、護くんも初登場です‼︎
ストーリーも面白いので、気に入ってます‼︎
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック