通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
神様のメモ帳 (電撃文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

神様のメモ帳 (電撃文庫) 文庫 – 2007/1/6

5つ星のうち 3.7 61件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 659
¥ 659 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 神様のメモ帳 (電撃文庫)
  • +
  • 神様のメモ帳〈2〉 (電撃文庫)
  • +
  • 神様のメモ帳〈3〉 (電撃文庫)
総額: ¥1,977
ポイントの合計: 81pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「ただの探偵じゃない。ニート探偵だ。世界を検索し死者の言葉を見つけ出す」路地裏に吹き溜まるニートたちを統べる“ニート探偵”アリスはそう言った。高校一年の冬に僕と同級生の彩夏を巻き込んだ怪事件、都市を蝕む凶悪ドラッグ“エンジェル・フィックス”―すべての謎は、部屋にひきこもる少女探偵アリスの手によって解体されていく。「真実はきみの平穏を破壊する可能性がある。それでも知りたいかい?」僕の答えに、普段は不真面目なニートたちが事件解決へと動き出す!情けなくておかしくて、ほんの少し切ない青春を描くニートティーン・ストーリー。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

杉井/光
1978年、東京生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 327ページ
  • 出版社: メディアワークス (2007/1/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840236917
  • ISBN-13: 978-4840236911
  • 発売日: 2007/1/6
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 61件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 337,817位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
私は星1つとさせていただきます。一部を除き、登場人物があまりにも変わった考えをしているためか、全く感情移入できませんでした。キャラクターは個性が強いんですが、魅力的には思えません。「個性的なやつ」ではなく「ただのヘンなやつ」として映ります。
話の構成や文章技術は特に問題ないですが…。
これは読む人を選ぶ作品だと思いました。一度中古屋で1巻を買って読んでから、新品を買うか考えるべきです。
コメント 107人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ほんとうにもうタイトルの通りです
この作品の作者が匿名で長い期間に渡り積み重ねてきた誹謗中傷の数々はとても正視出来る物ではありませんでした、一部のゲテ物好きならば喜んで読みあさるでしょう
作品の内容にあまり触れず作者さんの問題行為を指摘するのは少々心が痛みはしますが、匿名でライバル作家さんの人格批判をしまくっていた杉井光さんならきっと理解してくれるでしょう
ちなみに作品は物語の最初から最後まで寒いノリのギャグやシリアスが続き、ミステリー要素もあまり感じられない(ここが一番残念でした)なんちゃってミステリーでした
コメント 161人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
匿名掲示板でのことは作者が公式で認めたので事実なのでしょう
1巻は読みましたが作品もあんまり面白くないので1で
コメント 135人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
素晴らしい方がお書きになられたんですね
得るものも非常に多いと思います(この本ではなく、作者の書き込みから)

[・・・]
コメント 132人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 レビュー #1殿堂トップ500レビュアー 投稿日 2013/8/27
形式: 文庫
匿名掲示板で度々同業者への誹謗中傷をしていたのが発覚し、世間を騒がせている著者。
ニートが活躍する本書ですが、作者もニートとなって活躍していくのでしょうか。
そんな著者の事を考えながら読むと熱いものが込み上げて来ますね。
コメント 118人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
作者の名前で検索すると色々出てきますよ。
この作品を読んでみようか迷っていましたが、最低の作者だと知って購入をやめました。
コメント 133人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この著作は2013年の8月において最も重要な本の1つになってしまいました。
それはライトノベルの作家がどういう人間性を持ち、ライトノベル業界がどういう状況にあるのかという問題提起です。

ひきこもりである少女のアリスと「読者の意欲が上がろうが下がろうがほんとどうでもいい」と匿名掲示板で言い放ってしまう杉井氏には同じような精神年齢しかありません。

物語が進むにつれて、アリスは外へ外へと向かいますが、
作者本人は内へ内へと向かい、先輩作家の暴言を繰り返していました。

NEET探偵とは何だったのでしょう?

彼女は何かの事件を解決するためにコンピューターネットワークを使います。
その時、作者の杉井氏も同じようにコンピューターネットワークを使って他人の中傷をしていたのでしょう。
そして自分の評判を上げるための工作らしきものも見受けられました。

この物語は、現在のライトノベル作家の質的な貧しさと
彼らの想像力で作り上げられた幻想を知るための学術的な本です。
決して購入はおすすめできませんが、一つの事件として重要な本であると断言できます。
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
題名どおり、とにかく文章がクドい
ラノベらしくペラペラにしろと言っているわけではなく、
クドい文章ならクドい文章で、楽しませる技術がほしい
一人称の文体なのに、ここまで入り込めないのは初めてでした
とにかく退屈
小説というより、日記に近い文体と構成です

更に話の展開も遅すぎます
いわゆるミステリー? なんですが、
こういう事件があるよと分かるまで100ページかかります
知人が死ぬまで140ページです
いくらなんでもひどくありませんか?
あまりにも退屈すぎるでしょう
更に全くのめり込めない文章と相まって、とにかく苦痛です
何というか、とにかく読ませようという気持ちが一切伝わってこない

まぁページ数増えても印税が上がるだけだしまぁいっかとばかりに、

一切を削らず、推古もせず、ただ好きなことを殴り書きにして出来た作品が、
これと言わぬばかり
はっきり言って、ひどい

ストーリーも結局空想の道具が原因だし、犯人も誰? レベルで意外性ゼロ
分からないのはボカしている出しているだけです。よくある手法ではありますが
また特定した理由もどうなんだと
...続きを読む ›
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー