通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
神様のボート (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

神様のボート (新潮文庫) (英語) 文庫 – 2002/6/28

5つ星のうち 4.2 107件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 529
¥ 529 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 神様のボート (新潮文庫)
  • +
  • きらきらひかる (新潮文庫)
  • +
  • つめたいよるに (新潮文庫)
総額: ¥1,523
ポイントの合計: 73pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

昔、ママは、骨ごと溶けるような恋をし、その結果あたしが生まれた。“私の宝物は三つ。ピアノ。あのひと。そしてあなたよ草子"。必ず戻るといって消えたパパを待ってママとあたしは引越しを繰り返す。“私はあのひとのいない場所にはなじむわけにいかないの"“神様のボートにのってしまったから"――恋愛の静かな狂気に囚われた母葉子と、その傍らで成長していく娘草子の遥かな旅の物語。

内容(「BOOK」データベースより)

昔、ママは、骨ごと溶けるような恋をし、その結果あたしが生まれた。“私の宝物は三つ。ピアノ。あのひと。そしてあなたよ草子”。必ず戻るといって消えたパパを待ってママとあたしは引越しを繰り返す。“私はあのひとのいない場所にはなじむわけにいかないの”“神様のボートにのってしまったから”―恋愛の静かな狂気に囚われた母葉子と、その傍らで成長していく娘草子の遙かな旅の物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 286ページ
  • 出版社: 新潮社 (2002/6/28)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 4101339198
  • ISBN-13: 978-4101339191
  • 発売日: 2002/6/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 107件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 171,537位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
この本に出逢えて良かった、というよりも、出逢ってなかったら・・・と考えるとゾッとする。
本であれ、映画であれ、音楽、人、・・・すべてにおいて大切なのはタイミングではないかと思う。
『神様のボート』を読んだのはとてもすてきなタイミングだった。
「信じる」という意味、「約束」という美しさ、もうここにはいない人を失わずにいられる唯一のてだて、そもそも「一度出逢ったなら永遠に失うことはない」ということに気付かせてくれた。
この小説はわたしのために書かれたのではないかと勘違いをしてしまえるほどだった。
すべての痛みは成長痛です。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 何もかも捨て去るような、熱病のような恋というものにはそれなりに憧れますが(ええ、憧れますともさ)現実私はきっとそんな風にはならないでしょう。だから憧れるのかもしれないけれど。
 だってそれはやっぱり異常なことでしょう。まともじゃない。で、そういうまともでなくなってしまった女の人と、その娘の話でした。一人称でかわるがわるなので当初戸惑いましたが、すんなりと、するりと物語はすすみます。
 運命みたいなどうにもならない手があって、さからえないまま恋に落ちた。そして彼女はそのまま行き先も知らず、愛しい気持ちだけを抱いたままでさすらっている。
母親はそれでよかったのです。彼女は完結している。けれど娘は成長し、いつまでも子どもではいられない。母親がつむいでいるのが夢でしかないことにいつしか彼女は気付いている。あてもない未来にしがみつくよりも今を生きたい。父親を待つよりも今ある場所に根付いてしまいたい。母親に別れを告げる娘さんのセリフは胸にきます。
閉じた穏やかな世界に二人はすんでいて、それはもう江国さんの文章なのでさらさらと綺麗な透明感のある乳白色な空気があふれておりました。ずっとそこにいられればいいと多分彼女は思っていた。完結したやさしい世界で。それこそ殻のなかにいるように。しかし成長が止まらない以上終局もまた避けられないのです。
最後は解
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 lili 投稿日 2013/3/2
形式: 文庫
透明感あふれる文章。
親子のやりとりだけじゃなく、周りの人たちもいそうでいなそうだったり、滑稽で悲しかったり、
不思議な面白さがあります。

でも、この話の醍醐味はやはり親子のやりとりではないかと思います。
徐々に大人になっていく娘と、いつまでもあの人にとらわれて恋の狂気までいってしまった母親。
その悲しさが娘の成長とともに、だんだんと拡大していく様子が読みごたえがあります。

ここから先は議論にもなってるこの物語
はたして、現れた男は葉子が死んだ(あるいは妄想だったのか)から見たものなのか、
それとも現実に現れたあの人だったのか?ということなんだけど。

私はこれ現実の男なのではないかと思いました。
失恋ばかりの私なので、いっそ現実ではないほうが面白いんじゃんなんて不謹慎だけど
考えたこともありますが、
この最後の2ページにでてくるあの人は確実に現実味というか、男の躍動というか
ぬくもりを感じます。なんて大袈裟かな。
でも、これを読んで恋愛をしたいと思いました。
最後の2ページ前までは現実感のない恋愛だなと思いましたが、
この2ページこそ男と女の 何というかうまくいえないんですが、
傑作なんじゃないかと思いました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
桃井先生の「東京から出て行って欲しい」という言葉を守るため、あの人に出逢うため、旅をし続ける親子。
その設定を読んだとき、これは自分が引越しを決めたときに読まなければならない、と思っていました。
今、引越しを決めてこの本を読むと、草子の素直な気持ちが痛いほど伝わってきました。
江國香織の文章は、いつもありきたりさがない。一般性がない、と言ってもいい。不思議な設定、
不思議な語り口、ああそうだ、というような膝を打たせる共感など全く求めていないかのようです。
それでも、徹底的に登場人物の人生を読ませきってしまう。気持ちを伝えきってしまう。
そして、江國香織の文章はいつも短い。一言一言がいつも短いのに、知らない間に登場人物を知ってしまう。
だから、知らない間に読み終わってしまう。どこまでも不思議な作家なのだ、と思います。
幼かった草子が成長していく中で、変わりゆく気持ち、自立していく様子、この辺りは特にいつの間にか、を感じました。
いかにもな描写はしない、短い言葉が知らない間に伝えてしまうものがありました。
こんな親子はきっといない、少なくともほとんどいない、と思います。江國香織の小説はそれでいい、と思います。
村山由佳も大好きですが、江國香織は彼女と同じように全てを説明する必要
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー