通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
神様につながった電話 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【表紙・カバーの状態】表紙部はおおむね良好です。【本文内の状態】キズや汚れ・ページ折れ等ありません。線引きや書き込み等は見当たっていません。★アマゾン配送センターからの発送となりますので安心・迅速です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

神様につながった電話 単行本(ソフトカバー) – 2014/7/28

5つ星のうち 3.7 28件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 788

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 神様につながった電話
  • +
  • 人を見たら神様と思え
  • +
  • 愛の宇宙方程式
総額: ¥4,706
ポイントの合計: 141pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

保江邦夫先生の講演会は満員となりました。 ご協力に感謝いたします。 ありがとうございます。 平成26年9月17日

内容(「BOOK」データベースより)

サムハラ龍王、次いでマリア様の愛が入ってきた。神のお出ましは何を示唆しているのか。―時代は急を告げている!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 221ページ
  • 出版社: 風雲舎 (2014/7/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4938939762
  • ISBN-13: 978-4938939762
  • 発売日: 2014/7/28
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 63,771位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 akari 投稿日 2015/6/15
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この神社は、大阪に住んでいる方も、知らない神社です。
本を読んで、御利益を求めて参拝するには、神に愛される人、心清き人。
この神社は、世界平和や、個人で 陰ながら 御神事を真剣にされている方には
とても 重要な場所です。
この本や 教授の講演などで有名になり
昨年まで、ありえなかった状況になっております。
あちこちに、お賽銭が置かれている状況は、非常に 悲しいです。
神社では、「こちらに、来させて頂き誠にありがとうございます。」と
参拝し、我欲や、興味本位での願いは 聞いてくれません。

御神事、神社の神様の穢れる原因は、
人の我欲で 本来の 力が発揮できなくなってしまいます。
千と千尋の 油屋で、神様も 洗い清めるという御神事が、こちらの神社でも
今年も必要になってしまいました。
神社に 光りの柱を 立て 浄化する
お役目の人が、日本に数人 います。昨年までは 此処は 穢れていない。
素晴らしい神社でした。
今年は サムハラさんに 行かないと・・・・。と
関東在住の方も お呼びがかかったようです。
どうか、今こそ 世界平和を 祈って下さい。
個人的な お願いは、どうか 控えてください
...続きを読む ›
コメント 93人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
86歳になってこんな体験をするとは思いませんでした。
娘から保江先生の新刊を貰って読みました。最初は保江先生が神懸かりになっていく話は強烈でついて行けない気がしました。でもだんだん読んでいくうちに涙がこぼれて止まらないのです。この気持ちはどこからくるのか分からないので、もう一度読み直しました。やはり涙が溢れてきます。また読み直しました。どの章を読んでもやっぱり涙が出てきて止まりません。悲しいわけではないのです。読んでいくうちに、この本には神様がいると思いました。神様とつながる感じがして涙が出ているのかもしれません。結局3回読みましたが、冥土の土産にサムハラ神社に一度はお参りしたいと思っています。
コメント 123人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
私はこの本を発売日に買って読みましたが、その時まだほとんどのレビューがありませんでした。本を購入して次々と投稿されるレビューを読んでいますが、ある意味怖いです。
著者のお身内と思われる熱狂的な肯定的レビューを見て、買わなければ良かったと思いました。
70人のうちの1人に入るとか何様気取りなのか、この方々が思っている世の中になったら私ははっきりいってそこには所属したくありません。何かの宗教なのでしょうか?
コメント 117人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この本は、早雲舎から出版された保江邦夫氏の第四作目。第四作まで出版されるというとこは、そこまでの反響と需要があってのことなのでしょう。

この手の神様本は、特定の宗教団体に属している方々にとっては自らの教義を否定されかねないので、批判も多く、賛否両論になってしまうのは必然でしょう。それでも、早雲舎が四作も出版するということは、現代に伝え残しておかなければならないメッセージがあったからではないでしょうか。

本書は、保江氏の体験に基づくものなので、確かに、保江氏が特殊能力を持っているかような自慢話に聞こえてしまうかもしれません。

でも、その真意は、もっと別のところにあるのでしょう。

神様は己の中に存在し、日頃は自我という穢れによって閉ざされています。しかし、誰でも祝詞により自我を祓い祓ったのちには、必ず神性が現れるということを伝えたかったのではないでしょうか。

(その現象があたかも降ってきたのようなので、「神降ろし」と表現されていますが、その現象を分析すると、自我を祓って神性が湧いてきたとも解釈することもできます。)

そして、その神性というものは、実は、愛そのものである。

そのことに気づいてほしい。それが出版の目的だったような気がしてな
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
保江邦夫という物理学者はここまで来たのか!という印象が一番強かった。伯家神道の神事のおかげなのか、あるいはそういう時代なのか、保江氏が体験していくプロセスは読み物としてもとても面白かった。
植芝盛平の合気はまさに神降ろしである。ここに登場する医師たち、山本光輝氏、天真女さん、空手の大家も、みんな神降ろしを体験している。だから保江氏の体験と合わせ、神降ろしというものは特別なものではなく、以外と日常的にその辺にころがっているのかもしれない。だから神様がいると信じた方が世の中楽しいし、日常生活でもそういうのを意識したほうが結構面白く生きていけるのではないか。
そして、そのヒントは木内鶴彦氏との対談にある。我々は絶対調和に向かっているということ。閉塞的で物騒な今の世の中で元気づけられる話だ。
植芝盛平の合気の秘密、葉室宮司の話、ロシア武術の話、サムハラさんのお守り、未来を読む人など、どれもこれも結構面白く一気に読める。猛暑にはこんな本がいい。
コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー