Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 610

¥ 49の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[あざの 耕平]の神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルとイドラの魔術師 (GA文庫)
Kindle App Ad

神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルとイドラの魔術師 (GA文庫) Kindle版

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエル(GA文庫)の3の第2巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 610
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 659 ¥ 1
【ライトノベル ストア】: ラノベの人気レーベル、ベストセラー、新着・ニューリリースをチェック。 ライトノベル ストア へ



商品の説明

内容紹介

あがり症が克服できず、人前で演奏できないでいるアマディア。そんな彼女が久しぶりに再会した幼馴染みは、なんと新人音楽家として、華々しくデビューを飾っていた。焦り、嫉妬を覚えるアマディアだったが、幼馴染みの少女は意外なことを口にしたのだが……。

現状を抜け出せないでいる自分とは違い、きらびやかなステージに立った幼馴染みの少女リジアに、アマディアは嫉妬と羨望を覚えていた。しかし、ひょんなことから再会した本人は、意外にも現状に満足しておらず「自分の音楽」を目指したいのだという。そんな彼女を事務所に招待するサリエル。だが、彼女をプロデュースしているのは、なんとサリエルのかつての相棒、「イドラの魔術師」と称されるハセ・シャルマだったのだ! 表題作『ダン・サリエルとイドラの魔術師』の他、忙しくも愉快なサリエルやモモ、コジ、そしてアマディアたちの日常を描いた作品等、全4作を収録! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

内容(「BOOK」データベースより)

現状を抜け出せないでいる自分とは違い、きらびやかなステージに立った幼馴染みの少女リジアに、アマディアは嫉妬と羨望を覚えていた。しかし、ひょんなことから再会した本人は、意外にも現状に満足しておらず「自分の音楽」を目指したいのだという。そんな彼女を事務所に招待するサリエル。だが、彼女をプロデュースしているのは、なんとサリエルのかつての相棒、「イドラの魔術師」と称されるハセ・シャルマだったのだ。表題作『ダン・サリエルとイドラの魔術師』の他、忙しくも愉快なサリエルやモモ、コジ、そしてアマディアたちの日常を描いた第2弾。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 4732 KB
  • 紙の本の長さ: 312 ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2009/4/13)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B008ASEEHY
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 144,012位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 まさみ 投稿日 2009/4/17
形式: 文庫
最高。
もーーーーーーー最高です!最高でした!待った甲斐がありましたサリエルは相変わらず不埒千万と暴虐無人と傲岸不遜を掛け合わせた性格の俺様でかっこいいし、サリエルに虐げられるけなげなドジっ子のモモ可愛いし、コジは相変わらずアル中のどら猫だし(待て)でも今巻で一番がんばったのはやっぱりアマディアでしょうね。一巻はサリエルとモモを軸に展開しましたが、二巻ではダブルヒロインのもう片方アマディアがクローズアップ。
音楽家の名門一族に生まれかつては将来を期待された神童、しかしあがり症を克服できず試験に落ち続け親にも見放された令嬢。音楽を目指すものなら誰をも羨む特別な才能に恵まれながらも、人前で弾くことができないという致命的な欠点に悩み苦しむアマディアの内面が非常にリアルに描写されて感情移入していました。
あざのさんの書くキャラは等身大の肉付けがされていて、個々の葛藤や悩みなどにひしひし共感できます。
俺様キャラで倣岸不遜な言動が目立つサリエルにしたところで、ひどく繊細な面をあわせもつ。アマディアに「音楽を楽しめ」と教えたサリエル自身、彼女の才能と自分の才能とを比較し、劣等感を抱いてしまう。

ぜんっぜん完璧な人間じゃない。突出したひとつの才能を除けば難のほうが目立つ。それでもサリエルを好きにならずにいられない。
不遜で傲
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
神曲楽士でありながら音楽家として活躍するダン・サリエルの日常を描いたシリーズ第2巻。
GAマガジンに掲載された「〜七つの仕事」を含めた四編が収録されています。

第一話「〜七つの仕事」
最近元気のないモモが受けていた仕事をうっかり忘れていた。
アマディアは神曲楽士であるサリエルなら即興で曲を作ることも可能だと言うのだが…。

第二話「〜日溜まりの決闘」
サリエルの下に近所の公園に現れるという猛獣退治の依頼がやってきた。
現地に赴いたサリエル達だったが、そこにあったのは他ならぬコジの姿だった。

第三話「〜イドラの魔術師」
アマディアは街で偶然幼なじみのリジアと再会する。
彼女はいまや期待の新人歌手として時の人となっていたのだが、それは全て『魔術師』シャルマのプロデュースがあってのことだった。

第四話「キーラ・アマディアのささやかな一歩」
シャルマの元に戻ったリジアと本音でぶつかり合い友情を深めるアマディア。
一方、再会を果たしたサリエルとシャルマは旧交を深める気などないらしく…。

今回は全編通して「音楽で食べていくという事」というメッセージが強く感じられました。
あざの先生があとが
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover