この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

神智学の鍵 (神智学叢書) 単行本 – 1994/3

5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 1994/3
"もう一度試してください。"
¥ 4,000
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 心理学| ビジネス向けの自己啓発から引き寄せの法則など、幅広いジャンルの本をラインアップ。心理学の本ページへ。


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

神智学の母、H.P.ブラヴァツキー夫人は不朽の名著「シークレット ドクトリン」出版の一年後「神智学の鍵」を出版しました。本書はその書名の通り神智学の扉を開く鍵です。神智学のすべては「シークレット ドクトリン」に述べられていますが、同書は大変頁数が多くまた専門的な用語が多く、非常にむずかしいものです。そのため、本書は神智学の「概要を述べ、その基本的な原理を説明すると同時に、西洋一般の研究者が提起した様々な反論に答え、よく分からない概念をできるだけ簡単な形と明瞭な言葉で現そうとするもの」と、H.P.ブラヴァツキー自身、その序文に書いております。(本書見返し文より抜粋) 目次 第一章 神智学及び神智学協会 第二章 顕教的神智学と秘教的神智学 第三章 神智学協会の活動体系 第四章 神智学協会と神智学の関係 第六章 自然と人間に関する神智学の教え 第七章 様々な死後の状態について 第八章 輪廻即ち再生について 第九章 カーマ・ローカとデヴァチャン 第十章 思考原則の性質について 第十一章 輪廻の神秘について 第十二章 実践的神智学とは? 第十三章 神智学協会についての誤解 第十四章 神智学のマハートマ達 結論 神智学協会の未来 用語解説 索引


登録情報

  • 単行本: 354ページ
  • 出版社: 神智学協会ニッポンロッジ (1994/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4897413168
  • ISBN-13: 978-4897413167
  • 発売日: 1994/03
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 430,436位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2004/6/12
神智学の入門書としては最適な本です。
神智学とはいえないような書籍があふれる現状ですが、この本は神智学の書籍として薦めることができるものです。
おかしな概念はすてて、この本から取り組みのがいいでしょう。
翻訳は、意味をある程度伝えることに成功しているといえるでしょう。原文の意味を大きく変えたところもあまりないと思います。原本とあわせて、精読すべき第一級の本です。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
p258日本語訳248people never forgive those whom they have wronged 「人々は自分が害した人を決して許しません」。この邦訳は変だと思ったが、彼女はこう付け加えている。「自分が親切を受けて仇で返したので、今度は世間と自分自身の良心の前に、気違いじみた自己正当化に一生懸命です」と。エゴとはおかしなものだ。この部分は奇蹟講座と関連がある人間の性質なのだろう。彼女によれば「壮大で首尾一貫し、論理的で包括的な哲学」とp241に言った通り、現在、あらゆる分野から、この生命観(神智学や東洋思想を意味してはいない)が正しいことを示唆する情報が山のようにある。私は35年かけ、そのほんの少しを学んだ。その前に8年、ショーペンハウエルを学んで、基礎を学んだ。つまり、この世界の表象性=メンタルピクチャーや人間のエゴの策略などだ。奇蹟講座を学んでいる人はこちらを先に学んだほうが分かりやすい。初歩の本どころではない。この本はとんでもない本である。どんな人間もたったひとつの分野ですら全てに精通できるほど学べる人間はいない。例え、可能だとしてもその人は他のことは何も出来ないので人間としてカタワモノになってしまうだろう(昔から、それくらいでなければ、この道に何らかの成果を得ようとして出来た人は聞かない。人は簡単に神格に出会えるものではない)。それくらい現代の本の...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 はるみ 投稿日 2014/2/14
Amazonで購入
翻訳の文章がやや直訳的で、ブラヴァッキー夫人が使っている原文とずれているように思います。
元の本が読みにくいので、あくまで参考程度に購入しました。
英語版と付き合わせて読まないとだめですね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/9/6
 本書の著者ブラヴァツキー夫人によって1875年に設立された神智学協会とその教義は、ベンジャミン・クレームのシェア・インターナショナルやルドルフ・シュタイナーの人智学協会をはじめとする多数の疑似宗教的組織の思想的淵源となってきましたが、すでにブラヴァツキーの生前から数多くの批判を受けてきています。

 その中の一つに、神智学協会が「大師」からの「霊感」によって書かれたと主張するブラヴァツキーの著作Isis Unveiledにおける剽窃問題があります。

 すでに1891年の時点でコールマンは、Isis Unveiledはブラヴァツキーが当時の二次的オカルト文献からの剽窃によって書いたにすぎず、剽窃の具体例はおよそ二千箇所(!)にのぼると主張しました。

 Bruce F.Campbellは、コールマンが指摘した中の数十の例を検討し、そのすべてにおいて、コールマンが挙げた典拠から「イシス」の各節が文字通り剽窃されているのを確認したうえで、ブラヴァツキーが「霊感」によって本書を書いたという主張に重大な疑問をなげかけています。(
...続きを読む ›
2 コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す