通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
神技の系譜 武術稀人列伝 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーにわずかな小傷、縁の傷みがありますが、中身は概ね良好な状態です。エタノールで消毒後、丁寧に梱包し、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

神技の系譜 武術稀人列伝 単行本(ソフトカバー) – 2015/7/14

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 2,200

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 神技の系譜 武術稀人列伝
  • +
  • できない理由は、その頑張りと努力にあった
  • +
  • 甲野善紀 甲野陽紀  驚くほど日常生活を楽にする 武術&身体術 「カラダの技の活かし方」 (DVDブック)
総額: ¥6,372
ポイントの合計: 192pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

夢想願立・松林左馬助、起倒流柔術・加藤有慶、弓術・松野女之助、小山宇八郎兄弟、天真兵法・白井亨、そして手裏剣術……。歴史に隠された異能の武術家達の知られざる姿に、豊富な資料と独特の観察眼で迫る武術研究者甲野善紀待望の研究書久々に発刊!それぞの章末には貴重な原文資料を掲載。武術愛好家必携の一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

歴史に隠された異能の武人達の知られざる姿に、豊富な資料と独特の観察眼で迫る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 383ページ
  • 出版社: 株式会社 日貿出版社 (2015/7/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4817060107
  • ISBN-13: 978-4817060105
  • 発売日: 2015/7/14
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 13.7 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 232,092位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ご本人の あとがきの言葉か゛印象的でした。

「まさに神技と呼べるような技の数々は、、、一体どのようにして可能になったのか」
「、、、これを詳しく探求することは、、現実に体を通して研究する以外にはないことだと思う」
「、、、そうした現実の技の研究を抜きに、ただ資料だけでかつての武術家の世界に迫ることは
不可能だと思うし 私は余り関心が持てない。」

古文書を「江戸時代までの文書」と定義した場合、古文書の70%は江戸時代のものとか、、、
それほど 文字による抽象概念までの伝達が可能になりつつあった時代だったのだと思います。
しかし、匠によらず 技術の核は不立文字が当たり前の世界で 隠語 暗号 符牒など
部外者には解けない文書も多々ある中、はたして創始者の体感がそのまま伝わるメディア
など本当にあり得るのかと疑問も感じています。(伝書や形といった全てのメディアについて)

史料を大切にしつつも、自分の中で何度も実験を繰り返す姿勢こそ 甲野先生の魅力だと
思いますし 共感する所です。
起倒流関係は 以前私も読んでいて既知の部分であり その事もあったのか 全体は 非常に
読みやすかったです。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ100レビュアー 投稿日 2015/8/18
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
無住心剣術の小出切一雲(1630-1706)は、妙技は武士の恥辱で芸者と言っている。一雲は、始祖針ヶ谷夕雲(?-1669)の門人である。
そして、水も月も「相ヌケ」している。月は、ただ水に映るだけで水を害することはなく、水もまた、ただ月を映すだけで月を害することはない。名人というものは、万象と全て「相ヌケ」していると。
本質的に万象は、自由で境界は無いというのであり、無拍子を哲理とした。
一雲は、自分を斬りつけようとする心が敵に生じたならば、襲われる三日前からそれと感じ取る妙感が自然と備わってくるようになると言っている。
ただ、一雲は晩年門人真里谷円四郎と立ち会って「相ヌケ」になれず敗れてしまい、空鈍と名を改めて出家する。

天真兵法の白井亨(1783-1843)は、忘れて捨てるように努めなければならないもの三つとして、敵の体(姿)・自分の体・自分が持っている剣を挙げこの三つを意識しないようになければならないと言った。
覚えて修するもの三つとして、真空・我が腹(丹田)・太刀先の赫機(のび)を言った。真空とは、天の気・地の気が交流して万物を生じる空機の働きである。これを養って空気を円相にして、これで敵を包む。更に、丹田を練って体を柔らかに調和させ全身を腹の中に入れる。太刀先への赫機は、敵の背後何十丁も突き貫く長い棒
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック