通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
神去なあなあ日常 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆若干、カバーに傷みがあります。カバーに日焼けがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

神去なあなあ日常 単行本 – 2009/5/15

5つ星のうち 4.3 165件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 669 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 神去なあなあ日常
  • +
  • 神去なあなあ夜話
  • +
  • 風が強く吹いている (新潮文庫)
総額: ¥4,201
ポイントの合計: 127pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

林業っておもしれ~! 2010年本屋大賞ノミネート作品 美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。しかも村には秘密があって…!? 高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある神去村。林業に従事し、自然を相手に生きてきた人々に出会う。 神去村の人たちはおっとりしている。彼らの口癖は「なあなあ」で、「ゆっくり行こう」「まあ落ち着け」など、いろんな意味に使われているが、語尾にも「な」がつくので、のんびりした感じになる。神去村には林業従事者が多く、百年単位んの作業をしているので、あくせくしてもしようがないと思っているみたいだ。俺は平野勇気。高校卒業式の後、俺の行き先は、担任の先生と母親に決められていた。この神去村で、林業の研修生として働くことになっていたのだ。ローカル線の終点の駅に出迎えに来てくれたのは、髪を金髪に染めたヨキというガタイのいい男だった。チェーンソーの使い方など教えられたところで、俺は「緑の雇用」というシステムの応募者にされたのだと知った。しかし、「やっと神去村に若者が来た」と涙ぐんでいるおじいさんを前に帰るとは言えなかった。俺の山の生活が始まった。……。

内容(「BOOK」データベースより)

美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。しかも村には秘密があって…!?林業っておもしれ~!高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある神去村。林業に従事し、自然を相手に生きてきた人々に出会う。


登録情報

  • 単行本: 290ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2009/5/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4198627312
  • ISBN-13: 978-4198627317
  • 発売日: 2009/5/15
  • 梱包サイズ: 19 x 12.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 165件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 137,484位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
大変intereting and amazing.
人は環境により大きく変われるもの、新たな出会いにより新たな人生が始まるものですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
旅行のバスの中でビデオのウッジョブを見ました。面白かったので、原作を読もうと帰宅して早速注文しました。映像が先だと頭の中でキャスティングが出来ているので、より視覚的に読めました。今時の若者が林業という経験したことのない世界で神去村の人々に支えられながら成長していくお話ですが、登場人物がそれぞれ魅力的でした。脇役の巌さん、三郎じいさん、繁ばあちゃん、いい味だしてますよぉ。山太いちいち可愛い!神去村に入り込んで読みました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ToTo 投稿日 2016/12/15
形式: Kindle版 Amazonで購入
私は農業地区に住むため、林業に関する知識は乏しい。しかし、農業でも神仏とともに生活するという概念が定着しており、本文中の神がかりな出来事や儀式を受け入れてしまう環境に納得させれれてしまった。主人公が林業に順応するのが少し早すぎる嫌いもあったが、爽やかな読後感が味わえた作品であった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
若い主人公の独白形式なために読みやすさは充分にあるが、かえって小説で書く必要はあるのかと思うくらいなんだか軽い。
文章の深みがないのは最近の小説だから諦めるとしても、ストーリーとしてもありきたりで、
奈良の山奥という物珍しさを抜かせば圧倒的にストーリーが物足りなく、平べったい。

また展開も、やたらページ数が多い小説のだめな部分をこれも踏襲していて、1章の中で繰り広げられる起承転結要素がとても薄い。
たとえば面白いマンガは、大人向けではなく少年向けのものでも一話の中で物語を非常に上手く構成していて、
読み手の感情を揺さぶり、主人公に親近感を抱かす。
あるいは悪役を登場させ、ストレスをかけながらも適度に読者にカタルシスを感じさせるものだ。

だがこの小説は主人公による砕けた口調で物語が進行するために取っつきの良さはあっても、
展開自体がマンガに劣るために、小説しか読んだことがない人にとってはよくても、
コンパクトに上手くエッセンスを凝縮させた海外ドラマや漫画の良さを知ってるものにとっては、かなり冗長だと思えた。
悪い人間が不在だし、それによって主人公の揺れる心や変化や、人間関係の濃さがあまりになかった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
林業は地域差の大きい仕事なので一概には言えないのですが、この本の内容を真に受けて、林業とか田舎暮らしに憧れるのはマズイなあって思いました。三浦さんは、ちゃんとバランスをとって山仕事の大変さと楽しさを書いてくれていますが、実際は、遥かに厳しいです。「田舎で静かに暮らす」というのも、濃密な近所付き合いと人間関係で不可能です。でも、私は三浦さんが、漁業でも農業でもなく林業をテーマにしてくれたのが、本当に嬉しいです。何か矛盾する文章になりましたが、皆さんの大嫌いな花粉を飛ばすスギ・ヒノキが、皆さんの生活のお役にたっていることに、少しだけ考えるキッカケになる、とてもいい本だと思いました。
コメント 150人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ヒュー VINE メンバー 投稿日 2014/5/20
形式: 文庫
 高校卒業と同時に無理やりに三重県の山奥・神去村に送り込まれた主人公・勇気。

 訳わからずも、逃げようとしながらも・・・

 やがて林業を通して村人と交流し、成長していく過程の中で、ちょっぴり青春ものも含まれ、それでいて神去村の不思議な神事に巻き込まれ・・・。

 映画化されたと聞いたので、原作を読んでみましたが…映画を観たくなりました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 最近読んだ本の中では、「舟を編む」。出色の出来でした。
 ポラリスとか、以前の作品とは別人の出来。成長された三浦さんの作品に
とても感動して、この作品もワクワクして手に取りました。

 物語は神去村。三重県の山奥?ってことは和歌山とか奈良との県境近く?
 そこに何故だか知らないけど、就職してきた18歳。男子。横浜出身。
 中村林業にひょっこりと、自分でも分かんないうちに放り込まれて、
成長日記。
 天狗たちとの毎日。ガキ大将ヨキと、中村林業おやかたの清一さんと、
先輩のおじいちゃんたちとの生活。修行。山奥の生活。
 習わしと習慣と因襲。
 限界集落。
 クライマックスは神去山の祭り。大木を伐倒して麓まで。そこまでの
全ての感情を吹き飛ばす。

 と言うことで、大木が加速するがごとく、最後は加速して読み切って
しまいましたが、山奥の生活。山太しか子供が出てこない、そんな生活。
 私個人は山奥でお仕事していたことが数年あります。林業のみならず、
畑やら、田圃やらを相手にして冬に耐え忍ぶ。そんな生活。
 三浦さんは一年間住んでみたのでしょうか。お忙しいから住んではいない
ってのは明明白白。
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー