中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

神の棄てた裸体―イスラームの夜を歩く 単行本 – 2007/9

5つ星のうち 3.6 48件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637 ¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

イスラームの国々では、男と女はどのように裸体を絡ませ合っているのだろう──。「性」という視点からかの世界を見つめれば、そこには、性欲を持て余して戒律から外れる男女がいて、寺院の裏には神から見放された少女売春婦までがいる。東南アジアから中東まで旅し、土地の人々とともに暮らし、体感したあの宗教と社会の現実。戦争報道では分からない、もう一つのイスラーム報告。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

そこで見たものは、戒律から外れたイスラームの性―。辺境を探訪する体験的ノンフィクション。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 310ページ
  • 出版社: 新潮社 (2007/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103054514
  • ISBN-13: 978-4103054511
  • 発売日: 2007/09
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 14 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 48件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 383,869位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 doc.funfun 投稿日 2011/3/3
形式: 単行本
イスラム社会の恥部とも言える性の実態に取り組み紹介した点は高く評価する。しかし、一読で分かるように、これはノンフィクションではありえない。それぞれの物語にドラマティックなストーリーがあり、相応のオチまで付いている。海外であれ、スラム地区であれ、日々の生活は同じことの繰り返し。劇的な事件に連続して遭遇することは考えられず、2,3編読むと底が割れてしまい、うんざりしてしまう。

海外での情報収集の最大の問題は言葉の壁である。私自身、英国滞在の経験があるが、会話力がある程度のレベルに達しても、心を通い合わせるような細やかなニュアンスの会話はできるものでなく、何かに手を触れて確かめたいのにガラスに隔てられて触れることのできない様なもどかしさを感じ続けた。
短期間で現地の人と入り組んだ会話などできるわけがなく、作者が見聞した事実を基に組み立てたフィクションと受け止めるほうがすっきりする。
1 コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
他の方のレビューを見て、こんなに評価が高いのかと意外に思った。

タブーに突っ込むこと・新たな視点で物事に切り込むことは評価に値するだろう。
イスラーム世界という男尊女卑が色濃く残る場所における、性の実態・・・興味はそそられる。その点で☆2つ

だが文章・構成力が陳腐すぎる。

テレビの演出同様、ノンフィクションとはいえ多少の誇張表現などはあってもしょうがないと思う。
(ただ石井さんは他作品を読んでもノンフィクションとフィクションの狭間を大きく揺れていると思うが)

本書は15,6のイスラーム世界の性の実態を追っている。
ボリュームは結構あるのだが、笑ってしまうくらいに常に同じ展開が続いていく。

訪れた地にて不条理な現実にぶつかる→
著者は正義感から感情的になり、相手を傷つける言葉と知りながらも投げかける→
すると相手はそれがこの地の常識なんだorそれ以外に選択肢が無いんだ、勝手なこと言うなと反論する→
自分は日本での感覚を押しつけようとしただけだと気付く→
自分はなんて無力なんだとフラストレーションを溜めていく・・・・・・・

この流れにした方が読者に伝わりやすいと思ったのだろうか。
...続きを読む ›
1 コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「性」の観点からイスラム圏の各国を旅した記録。なんとなく「性に厳しい」イメージがあるイスラム圏の国々の、性産業や男女の社会的役割、家族のあり方などの実際と、現地の人々の考え方を覗き見ることができる。
著者が訪れた地域ごとにおおよそ20ページ程度のエピソードとしてまとめられていて、著者が各地の人々(一般人から幼い娼婦まで)と友人として接しながらイスラム社会の性について調査する過程が生き生きと描かれている。短編小説を読むような感じでスラスラと読むことができる。また、各話の冒頭にその土地の社会についての概説があり、これが理解を深める助けになる。

テーマがテーマだけに日本人にとっては非常にショッキングな内容もあり、読み始めるにあたって相応の覚悟は必要。エピソード中における(つまり実際に訪れた土地での)著者の言動には浅はかで無責任としか言えない点も多々あり、読んでいて不快になることもままある。また、いくらなんでも著者がここまで多くの「エピソード」に遭遇するとは思えないので、ある程度の「盛り」は入っていると思ったほうがいい。純粋なノンフィクションとしては読めない。
しかし、本書を読むことで、我々が「イスラム圏」として一括りに認識している国々が実際には様々に異なること、「イスラム教徒」も我々と同じ人間であり、同じように考え感じること、が印象深く伝わってく
...続きを読む ›
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
紹介文からは何かイスラム世界の特有の男女関係が描かれているものだとばかり思ってた。
私はかなり多数のイスラム諸国に行ったことがあるのだが、戒律が厳しい国では女性の姿を見ることすらできない。夫婦であってもレストランで一緒に食事ができない。
イランの海水浴場に行ったことがあったが、女性は黒い布で覆われた一部だけで泳がされていた。
これがプライベートになるとどうなるのだろう。ベールの下に彼女たちは何を着ているのだろう。
イスラム世界にいるとそういう女性への興味がわいてくる。
それが書かれているものと期待していた。

ところがこの本で描かれているのは、非常に特殊な底辺の世界というか、娼婦の世界だった。
これは別にイスラムに限らない。
東南アジアでもインドでも中南米でも経験できることだ。
紛争地帯は世界中にいくらでもある。
そういう意味で、「イスラムの夜」なんて気を引くようなタイトルではなく、単に「世界の売春地帯を歩く」でよかったのではないか。

内容は、特に大したものはない。
貧困国ならばどこでも体験するような話だ。
それにこの本は、すべて作り話だ。
取材はしているだろうが、会話にしてもシチュエーションにしても全部著者が作り上げたも
...続きを読む ›
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック