中古品
¥ 1,047
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 多少の日焼けと使用感があり、天に薄ジミがあります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

神の島―医療査察官ドクター貴崎 単行本 – 2003/7

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,047
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 300
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

医療の究極の目標は、永遠の命に近づくこと…自らの妄想の実現を追い求めた悪魔の医師と対決する若き医療査察官の活躍。

内容(「MARC」データベースより)

離島にある老人介護病院。患者たちは、喜々として治療を拒否し死んでいく。その病院の異様な実態を調査すべく潜入した医療査察官・貴崎と、自らの妄想の実現を追い求めた悪魔の医師との対決を描く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 220ページ
  • 出版社: 実業之日本社 (2003/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4408534404
  • ISBN-13: 978-4408534404
  • 発売日: 2003/07
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,244,321位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2003/7/21
形式: 単行本
著者は、現役の神経内科医であり、作家、評論家でもある。小説のテーマに医学関連物が多いのは当然であるが、著者の小説には神経内科の知識を応用したテーマが多い。この小説ではむしろ老人医療のあり方、最後の死に方に疑問を投げかけ、新しいヒローの医師、貴崎を生み出している。医療特区が新聞で話題であるが、近未来の日本の医療状況をふまえ、矛盾した医療のあり方を追求している。ヒーローは厚生労働省の査察官であり、気鋭の胸部外科医であったが、医療の矛盾と不正を暴くために危険な任務に取り組んでいる。臓器移植を絡め、人の生命をもてあそぶ現代医療の矛盾を推理小説の形で浮き彫りにしているのが本書の特徴であろう。新しいヒローの今後活躍が見物である。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 この本は、現役で神経内科医の米山氏の書かれた医学ミステリーであり、神経内

科医として高齢者を診てきた経験を生かして、書き上げた終末期医療に関連した内

容である。

 今回は、医療査察官(KISの一員)として貴崎という医師を、沖縄の離島の岩身

島というところにある小湊病院に派遣させたところから物語は始まっている。

 寝たきり老人が増え、国の政策が間に合わなくなり、民間の活力が求められるよ

うになり、国の医療に対するさまざまな規制が撤廃された。しかし、医療の内容を

的確に判断できるように、国が独立した査察機関を作った。それが、国立医療査察

機関KISであった。

 KISは、表立った機関ではなく、その存在を知るものはごく一部の限られた政府

の一部の人間だけあったが・・・・・

 小湊病院のは、ガンによる末期の患者や老人がやすらかな死を迎えるためにある病

院であった。院長の深見は、表の顔と裏の2つの顔を持っていた。院内の人間で院長

の深見のことを悪くいう人間は、不思議なことに誰ひとりいない。
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告