通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーデザインが画像とは異なります。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫) 文庫 – 2002/2/28

5つ星のうち 4.2 91件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 529
¥ 529 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)
  • +
  • 東京奇譚集 (新潮文庫)
  • +
  • レキシントンの幽霊 (文春文庫)
総額: ¥1,490
ポイントの合計: 46pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

1995年1月、地震はすべてを一瞬のうちに壊滅させた。そして2月、流木が燃える冬の海岸で、あるいは、小箱を携えた男が向かった釧路で、かえるくんが地底でみみずくんと闘う東京で、世界はしずかに共振をはじめる……。大地は裂けた。神は、いないのかもしれない。でも、おそらく、あの震災のずっと前から、ぼくたちは内なる廃墟を抱えていた――。深い闇の中に光を放つ6つの黙示録。

内容(「BOOK」データベースより)

1995年1月、地震はすべてを一瞬のうちに壊滅させた。そして2月、流木が燃える冬の海岸で、あるいは、小箱を携えた男が向かった釧路で、かえるくんが地底でみみずくんと闘う東京で、世界はしずかに共振をはじめる…。大地は裂けた。神は、いないのかもしれない。でも、おそらく、あの震災のずっと前から、ぼくたちは内なる廃墟を抱えていた―。深い闇の中に光を放つ6つの黙示録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 237ページ
  • 出版社: 新潮社 (2002/2/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101001502
  • ISBN-13: 978-4101001500
  • 発売日: 2002/2/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 91件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 19,344位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
地震を題材にした本作は、これまでの村上作品では表に出てこなかった作者の個人的な想いも見え隠れします。

【1 UFOが釧路に降りる】
小村氏の妻は神戸の地震の画面にくぎ付けになり、まもなく彼の前から姿を消した。
彼女はそこにいったい何を見ていたのだろう?
釧路への旅で彼は自分が今不確かな現実世界に立っていることを実感する。

【2 アイロンのある風景】
順子は焚き火を見ているうちに自身の気持ちが形を成し始めていることを感じる。
「私ってからっぽなんだよ」「いいよ。死んでも」静かな温かみを肌に感じとり、涙がこぼれてきた。
若く未熟で不安定な胸の内を吐露した順子は、三宅さんに見守られながら束の間の眠りにつく。

【3 神の子供たちはみな踊る】
父親の姿を追って義也は深夜の草野球場にたどり着いた。
自分が求めていたものは父親ではなく自分自身の抱える幻想に過ぎなかった。
母親に対する性的な邪念、恋人との無責任な別れ話、田畑さんに対する心残り。
その一つ一つを思い浮かべては赦しを与え、深い暗闇の中に放った。

【4 タイランド】
私たちは自分が何のために生きているのか問い続ける存在だが、さつきはそこに答え
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 em 投稿日 2016/9/22
形式: 文庫
村上春樹の作品は初めて読んだ。
この作品は短編小説なので、大人になるまで読書をしなかった私でも飽きずに読める長さである。
印象に残ったのはかえるくん、東京を救う の話 
小説の、フィクションの世界に心地よく浸った。かえるくんは何かに擬態されているのか?
私の平凡な日常にもかえるくん、来てくれないかな。などと薄っぺらいことを考えた。

しかしまだ村上春樹に、というよりは文学に馴染んでいない私なので、彼が伝えたかったメッセージはわからない。
しかし村上春樹、面白そうだ。これから少しずつ、嫌いにならないように彼の作品に挑戦していこうと思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私たちは時として、抗うことのできない理不尽な衝撃(不幸)に会う。当事者はそこから何とかして再生しようと手を尽くし、実際、再生できる、・・・ようにみえることがある。しかし、実際にその現場に直面した人と、TVなどで伝聞した人々の間には、ある種、明確な区分ができてしまうのは自明であり、自分の愛していた身近なひとの死であったり、(個人が引き受けるには)過剰な災難であった場合、その傷は心に大きな空洞として、あたかも実在する損傷のように残ってしまう。長い時間の経過によってその心の損傷は、一見無くなったようにみえることがあるのかもしれないが、実は、それは誤解であり、空洞がその形を変えて密やかに身を横たえているにすぎない。
 著者は、この短編集を通して、「人は本来、能動的に生きており、またそうあるべきであるが、時として抗うことが不可能なほどの圧倒的な力に打ちのめされ、泪を流しながら受動的に生きていかざるをえない理不尽な状況に身を置くしかないことがある」・・・・・こんなことを言いたかったのでしょう。

 終局的に、著者はこの作品集を通して問う 「それじゃ、私たちはいったい何のために生きているんだい?」 と (cf. 『タイランド』)。 「意味なんか無いさ、この小さな不安定な星の上で踊っているだけさ・・・・・」
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ペトロニウス VINE メンバー 投稿日 2002/5/19
形式: 文庫
僕は、村上春樹の最高傑作ではないか?、と思っています。
読みやすいし、分かりやすいし、短い(笑)し、なによりも村上春樹世界観が全て詰まっている上に、風の歌を聞けのころからの村上さんの様々な世界への問いかけの答えが示されているような気がします。
オムニバス形式・・・・タランティーノ監督の映画パルプフィクションやマグノリアみたいで、
といったら分かってもらえるでしょうか?。
様々な登場人物の小さな(一見関係ないような断片的な)ストーリーが、いくつも重なり合って一つの大きな物語に収斂したり、一つの大きなテーマを浮かびあがらせたりする手法です。これは、6つの短編からなっている作品です。
僕は、【かえるくん、東京を救う】が感動的で、泣き笑いしました。!
昔の宇宙刑事ギャバンとか、そういった戦隊ヒーローもので悪を倒す
ような爽快感がありました。とりわけ、かえるくんが神妙に「あたなしかいないんです」と片桐さんを選んだシーンは、まじで涙でました(笑)
それに【蜂蜜パイ】のラストシーンは、感動的でした。僕個人が、最近
結婚したということもあって、特に(笑)。学生時代から【羊をめぐる冒険】みたいな観念的なハルキワールドにはまっていた自分の、心の変化
と重なっているような気がしたんです。
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー