日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

神と共に 第2章:因と縁 (字幕版)

 (509)7.22時間21分2018G
1000年で48人を現世に転生させた三人の使者は、49人目を生まれ変わらせれば、彼ら自身も新しい生を得ることができる。その49人目として選ばれたのは、あの消防士ジャホンの弟スホンだった。彼は兵役中の誤射で命を落とし、怨霊と化していた。スホンを連れて地獄めぐりを繰り広げるカンニムと、閻魔大王の命を受けて下界に降りたヘウォンメクとドクチュンに、“前世”の謎が立ちはだかる。三人の使者を結びつけた1000年前の“因縁”。それは想像を絶する衝撃的なものだった──。 © 2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
キム・ヒャンギキム・ドンウクイ・ジョンジェD.O.(EXO)
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち4.2

509件のグローバルレーティング

  1. 54%のレビュー結果:星5つ
  2. 24%のレビュー結果:星4つ
  3. 13%のレビュー結果:星3つ
  4. 5%のレビュー結果:星2つ
  5. 3%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

MoonWalkCatsEye2020/08/14に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
俳優さんは映画やTVで見るベテランの方ばかりなので、安心して見れました
確認済みの購入
第2章は1章に比べると、お金もかけてるし、CGも良くなっているけど、なんか恐竜まで出てしまうと、ジュラシ-クパークとか少し引いてしまいました。新しい技術を映画に盛り込みたいのはわかりますが、映画が子供用になってしまうのでいらないシーンだと思います。結構昔の映画のパックリ要素高いですよね
思い浮かべる恐怖は{ゴーストバスターズからだし}恐竜はジュラシックパークだし、これはダメですよね
1章の方が面白かった、死後の世界(地獄)を楽しませてくれる内容です。2章で1章からの謎もここで解明されておちもありでした。
俳優さんは映画やTVで見るベテランの方ばかりなので、安心して見れました。
やはり今回は特に閻魔大王のイ・ジョンジェが恰好いいな_!
それにマ・ドンソクさんがよいですね。強面なのに優しさが滲み出ている演技
ストーリー展開はすごくよかった。脚本力(原作は漫画)すごいです
千年前と現代と交互に描かれていく形で、使者3人の結びつきが明らかになって,感情移入してみてしまいました
最後に、ようやくどう締めくくるんだろうと思ったら次への予告もあり、3章もぜひ見たいですね
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
一般ユーザー2020/08/24に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
安定の面白さ
確認済みの購入
、、、だけど、個人的には1作目の方が好きです。
1作目と2作目はテーマが違うせいで違ったテイストの映画になってしまっていると思うので、どちらが好きかは個人の好き嫌いによるところが大きいと思います。でも、どちらもしっかりと作られているので娯楽映画としては十分楽しめると思います。どちらも変わらないのはドクチュンの可愛さですね(オカリナにしか見えないけどw)
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
MARGARET2019/12/08に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
最後まで見ましょう。
確認済みの購入
うーん。第二章は一章に比べると、お金もかけてるし、CGも良くなっているけど、なんか間延びしてるんだよなー。と思いながら見てまして、最後にようやく来たかと。どう締めくくるんだろうと思ったら次への予告もあり、おちもありでした。そして今回は特に閻魔大王のイ・ジョンジェが恰好良すぎ!!ま、これは主観であり、好みですけどね。もう笑った時の顔にキュンキュンですわ。

話は千年前と現代と交互に描かれていく形で、使者3人の結びつきが明らかになっていくのが、今回のメイン。なので、弟役のキムドンウク(ドラマ「コーヒープリンス」でブレイクした演技派俳優)は完全に脇役。
屋敷神であるマ・ドンソクも良かったけど、消滅した後なにもないのがちょっと残念。次回にも出てほしいのになあ。

原作はウェブコミックなんですね。知らなかった。第三章はいつになるかしら。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
かなり悪いオヤジ2020/08/17に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
地獄の沙汰も神次第
確認済みの購入
〈第一章 罪と罰〉の続編として〈第二章 因と縁〉が撮られたそうだが、第一章の終わり方を見る限りはじめから続編ありきで企画されたシリーズではないだろうか。原作コミックを読んだことがないので何とも言えないが、無駄な登場人物(ソンジュ神、じいさん、孫)や冗長なシークエンス(消防士の誉め殺し、お涙ちょうだい、怨霊探索)をうまくショートカットすれば1本に十分まとめられた内容である。

神というよりは、地獄に落ちた貴人(現世で他人のために善行を施した人)を現世に転生させるための使者であり、本作の中でこれでもかと誉め殺しされる善人消防士のスホンが何故天国に行けなかったのか不思議なくらい。そもそも生まれ変わり=輪廻転生とは仏教では本来、悟りを目指す菩薩にとっては煩悩から解脱できていない状態であり苦しみとされるのだが、インドから中国に伝わり道教と結び付いて新たに生まれたとされる“地獄”の概念からすれば、“ご褒美”といっても差し支えないのかもしれない。

『マトリックス』『ジュラシック・パーク』『スパイダーマン』などのハリウッドムービーからパクったCGアクションもまあまあいけていて、貴人兄弟の転生話がいつのまにか使者3人組の因縁をめぐる歴史絵巻へと“転生”するストーリーは実に斬新であり、邦画にはない自由度を感じるのである。コリアン・ムービーにはキムチにように欠かせないコメディのトッピングだが、映画のスケールからするとかなり貧弱に映ってしまい、本作に限ってはむしろ消化不良に終わっている。

兄貴を凌ぐ武力・知力を備えていたはずのヘウォンメクが只の体育会系筋肉馬鹿と描かれていたり、紅一点のロリキャラドクチュンのラブ・シークエンスも実に中途半端。スホン兄弟と密言兄弟の悲劇が今一つ映画の中で重なっていないため、緻密さを要求する欧米の批評家が見ると「まだまだ」という印象をもつのかもしれない。しかしそのスケールの大きさは間違いなく世界レベル、是非とも大金をかけたハリウッド・リメイクを期待したいところだ。編集のうまさが光る『アヴェンジャーズ』のルッソ兄弟あたりにやらせれば、かなり引き締まった映画に化けそうな気がするのだがどうだろう。
クロ2021/03/03に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
第1章は序章だった。こんな悲しい話だったとは。
確認済みの購入
本当に描きたかったのはこの第2章だったのだろうと思う。
第1章はヘンテコ地獄主体の話だったけど、第2章は現世が中心。そして1000年前の高麗と女真族の戦いをめぐる悲しい運命の話。
そのため、第1章に比べれば奇想天外なビジュアルは少ないので、人によっては「第1章の方が面白かった」と思うのも無理ないことだと思う。でも自分は別の意味でのジェットコースターに振り回されて思いがけない場所に着地したこの第2章の方が好きです。まさかあのチャラい感じの若者にこんなバックボーンがあるとは…
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
アンドリュー・バルトフェルト2020/03/15に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
まさに因縁って事だね
確認済みの購入
第1章、第2章ともに素晴らしいと思えた。
単なる続編ではなくテーマもガラリと変わっていて同じシリーズでありながらまったく違う映画のように感じられた。
第1章では死後の世界の罪と裁き、家族愛が印象深いが第2章では人の縁、罪悪感、といったものがとても印象に残っている。
共通しているのは適度に含まれている笑いと中二心をくすぐるスタイリッシュなバトル、多分に共感できる人の営みとその世知辛さ。
韓国映画は基本的にバッドエンドや後味の悪い終わりが多い印象だけどこれらは良い終わり方が出来ているんじゃないかと思う。韓国映画にしては。
両方ともに2時間超える中身なのに展開は速いため途中で集中切れることなく最後まで観れた。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
chackmama2020/07/30に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
終わってしまった
確認済みの購入
ト・ギョンスに惹かれて第一章に続いて観ました。 壮大なテーマで出演者も知った顔がたくさん。 
どうしても夜寝る前に観ることになり、ついつい睡魔に勝てず気が付いたら終わっていたと言うことが
重なり、あっという間に視聴可能時間も終了してしまった。 レンタルビデオも一泊二日の設定だから
仕方ないとは思うけれど、有料なのだからもう少し長い時間観られると良いのに。と言うことで結局
内容はほとんど把握出来ていません。 
スナフキン2020/08/11に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
韓国ローカルご都合主義
確認済みの購入
第一章の感想に書い韓国ローカルの匂いは、第二章のファンド(KOSPI)に連動される子供の運命やGoldstarのラジカセ、登場し続ける太極旗腕章の韓国軍兵士のビジュアル小道具や、さりげなく「愛国歌斉唱」という台詞が出てくることも合わせつつ、それは揺るぎない。
公開中の「マルモイ ことばあつめ」の例を出すまでもなく、言葉(母国語)はアイデンティティにおける重要な問題である。如何に数奇な物語を描いても、冥界が韓国出身者で支配されているように見え、朝鮮語(韓国語)が母国語でない契丹族や女真族の者が朝鮮語を話すことが当然のように、その冥界で奉仕させられ続けられるなんて、あまりにも身勝手な話だと思う。数奇な話なんだから細かいこと言わず韓国が中心のようにして納めるというのは、いくらエンタメ映画なんだからといったって杜撰だろう。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示