通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
神さまの言うとおり弐(6) (講談社コミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

神さまの言うとおり弐(6) (講談社コミックス) コミックス – 2014/3/17

5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 188 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 神さまの言うとおり弐(6) (講談社コミックス)
  • +
  • 神さまの言うとおり弐(7) (講談社コミックス)
  • +
  • 神さまの言うとおり弐(5) (講談社コミックス)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

別冊少年マガジンの超人気カタストロフィ・サバイバルが週刊少年マガジンに移籍し、完全新作新連載スタート! ありきたりの日常が、「だるま」の出現で儚くも崩れ去る。それでも生きろ。生きてみせろ。死にたくなったことのある全ての人に贈る、「生」の物語! ビーフ・オア・チキン?

「すな」「あや」「いす」3チームのマス取り合戦!! 四隅の激強不思議艮と坤の挟み撃ちに、明石に想いを告げ、涙が命を落とす‥。怒り、復讐を果たす明石! 一丸となる、すなとりチーム! 寂しさと怖さから、修羅となった原海も改心! だけど、いきなり新ルール導入!?


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2014/3/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063950328
  • ISBN-13: 978-4063950328
  • 発売日: 2014/3/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
無印の殺人ゲームは基本逃げ回りながら課題をクリアする形でしたが弐になってから敵を狩る形のゲームが多くなりました。それに従って頭や駆け引きを使うことは減って暴力に頼ることが多いです。この巻の七×七不思議はただ敵を倒していくだけなのでようはGANTZです。ただし迫力や絶望感は相当劣ります。登場人物はぽんぽん死んでいくので”ああ、またか”と思うだけで何も感じません。無印とキャラがかぶってる事も多いし、催眠術とか普通の高校生離れしたキャラが出てくるのもマイナス。すぐ隣で人が死んでいるのに平然とゲームを続ける高校生って何なの。
無印1巻の招き猫戦で主人公が「リスクを負わないと生き残れないシステム!!!」と看破してましたが、弐になってからそういうシステムでは無くなりました。ここまで読んだ中では従来路線の「すなとり」が一番面白かったのでやっぱり無印の路線に戻してくれませんかね。劣化版GANTZが読みたいわけではないので。原作担当さん仕事しろ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
1期も粗の多い無茶苦茶な話ではあったけれど、ついつい読まされてしまう謎の勢いがあって、個人的には先の気になる大好きな漫画でした。

しかし2期は、巻を重ねるごとにただのよくある残虐なバトル少年漫画に成り下がり、絵柄や漫画的な表現が上達した代わりに、作品としての個性を無くしてしまったようで非常に残念。

現時点で特に好きになれるキャラもいないので、誰が死んでも特に気にならないというのは致命的。1期の続きが知りたいから、とりあえず読んでいるという感じになってきてしまったので、そろそろ原点回帰を望みます。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
前巻の最後でセイン・カミが言ったとおり、今巻からは「七×七不思議」の点数取得条件が多少変わり、皆(他のチームも)が生き残るためより綿密な作戦が必要となっている。
多少希望が見えた点としては、前巻で和解した原海率いる「あやとりチーム」との共同戦線のおかげで次々と不思議を撃破(もう少しそれぞれをゆっくり見たかった気も)していく。修羅海→原海に戻ったことにより急に原海の存在感がなくなった(戻った)気がするが改心した彼の明石チームサポートは何か嬉しい。

残る謎多き紫村とその右腕・紫村影丸と愛甲龍臣(+ミツバ)の動向が気になっていたが、こちらも意外な真相と結末が描かれている。この結果が明石達に良くなるか否か、次巻も目が離せない。

残念だったところは表紙になっている不思議(44番)「雷神サン」の出落ち具合だろうか。表紙になるくらいだからきっとこの後も何かある、、と期待したが何もなかった(笑)
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告