通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
神さまの言うとおり弐(18) (講談社コミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

神さまの言うとおり弐(18) (講談社コミックス) コミックス – 2016/8/17

5つ星のうち 2.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 27
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 神さまの言うとおり弐(18) (講談社コミックス)
  • +
  • 神さまの言うとおり弐(19) (講談社コミックス)
  • +
  • 神さまの言うとおり弐(20) (講談社コミックス)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「別冊少年マガジン」の超人気カタストロフィ・サバイバルが「週刊少年マガジン」に移籍し、完全新作新連載スタート! ありきたりの日常が、「だるま」の出現で儚くも崩れ去る。それでも生きろ。生きてみせろ。死にたくなったことのある全ての人に贈る、「生」の物語! ビーフ・オア・チキン?

最終選別(ラストゲーム)は、生と死が紙一重の「神罰ババ抜き」! いくつかの「神罰」が明らかになる一方、ゲームのクリウ方法は依然不明のまま……。オスメスの兇気が犠牲者を生み出す状況で、ついに語られるのは神小路かみまろの誕生秘話!!


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2016/8/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063957314
  • ISBN-13: 978-4063957310
  • 発売日: 2016/8/17
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
子供が本を買いに行くのが
面倒というので 近くの本屋
さんに買いに行くと欲しい
本の在庫がなく、一週間ぐら
いかかると言われ困っている
と近所の方からアマゾンさん
なら翌日に届くと言われ、今
回は購入を決めました。
実際に在庫がすぐ確認できて
商品も翌日に届いたので、自
分の時間も短縮されてとても
便利でした。
次回もアマゾンで新刊がでた
ら注文しようと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
とうとうババ抜きが始まりましたね
話も終盤に差し掛かっていますが、ハラハラドキドキは今回の巻ではあまり期待しない方がいいです
以下ネタバレを含みます

しゃくれの必要性が全くわからない
他にも目に見えて変化させることができるものはあるだろうし、いまいち緊張感がない
引いた相手にキスするのも、有っても不思議ではないですけど丑三が、キスを要求する下りは果たして必要だったのか、グダグダ感が否めません
ハイテンションカードも、ハイテンションが人によって異なりますし、あの下りは仲間内でも結末は疑心暗鬼に陥るという伏線なのかとも思いましたが、読んでいてグダグダで辛かったです
また、リリィが変わったという描写ですが意味がわかりません。何が変わったのでしょうか?元々リリィは自分達が生きていくために仕方なく殺すことをしていただけで、明石が牢獄に入った時にその旨を語っています
ですから、リリィにとって最善は明石達との共闘
そしてかみまろを殺すことにシフトチェンジしても何ら不思議ではありませんし
オスメスは単に殺し合いが好きだったかのようになってしまっていますし
共闘でかみまろを殺しにいった方がリリィの生存率も高いはずですし、神にもなりますし
オスメスの空回り加減が何とも言え
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告