通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
神々の食べ物―聖なる栄養とは何か がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆少し、カバーに使用感があります。少し、小口に汚れがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

神々の食べ物―聖なる栄養とは何か 単行本 – 2007/5

5つ星のうち 4.2 20件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,002
¥ 3,002 ¥ 2,419

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 神々の食べ物―聖なる栄養とは何か
  • +
  • リヴィング・オン・ライト―あなたもプラーナで生きられる
  • +
  • 誰とも争わない生き方  人生にも魂にも善悪はない
総額: ¥7,322
ポイントの合計: 222pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

十数年間、ほとんど何も食べずに生きている女性が、自らの実践と現代科学と古来からの教えをまとめ、総合的な視点とツールを紹介し、あなたを新しい次元へと導きます。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ジャスムヒーン
18冊の本の著者。国際的講演者。プラーナの栄養研究者。the Self Empowerment Academyの創設者、CIA(the Cosmic Internet Academy)の共同ファシリテーター。オンラインMAPS大使のニューズレター「The ELRAANIS Voice(TEV)」の発行人・編集者。1957年ノルウェー移民としてオーストラリアに生まれる

鈴木/里美
翻訳家。1974年7月宮城県生まれ。高校在学中に留学、大学生活をアメリカで過ごし帰国後様々な職業を経験。2004年より本格的に翻訳に取り組み、現在、翻訳家として幅広く活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 333ページ
  • 出版社: ナチュラルスピリット (2007/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4903821021
  • ISBN-13: 978-4903821023
  • 発売日: 2007/05
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 172,310位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
不食の弁護士、秋山佳胤先生のお話会で、先生が不食のきっかけとなった本として紹介されました。2年前の夏でしたが、当時の私にはちんぷんかんぷんでした。

今夏、どうしても気になって入手し、一気に読了! 腑に落ちる内容でした。

餓えを感じるのは「不足、欲しがる、競争」の波動(ベータ波)であり、餓えを感じないのは「満たされ、愛と調和、分かち合い」の波動(シータ・デルタ波)だから。

不食になるための準備をする数々のテクニック、たとえば波動を上げる(シータ・デルタ波になる)愛の瞑想などが紹介されています。

中でも感銘を受けたのは、紫の光でエネルギーボディを満たすと、必要な栄養が行き渡る。自ら紫の光を発すると餓えることはなくなるということ。

自ら紫の光を発する状態では、必要な愛と富、人脈、機会はやってくる。

不食になることが目標なのではなく、最終的な目標は自立・自由であり、愛と調和、分かち合いの世界、そう遠くない未来に訪れると思われる世界、人間の無限の可能性を垣間見せていただきました。買って良かったと心から思います。

それならば不食を目指すかというと、私はまだまだ食べる楽しみを満喫していくつもりですが、不食という自由で身軽さ・省エネな生き方は魅力的です。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
前著の「リヴィング・オン・ライト」に感銘していましたので、これも迷わず買いました。

前著もすばらしいのですが、通常の社会生活を送る人が、著者が光で生きるためにたどった軌跡をたどることは難しく、そういう意味で打ちのめされた気がしていました。
前著は「今」に即していないと著者自信がセミナーなどでは言っているそうですね。

今回の「神々の食べ物」の方が、「摂取する」ということで「何を満たそうとしているのか」という本質的な部分に言及していると感じました。

菜食・少食・不食などを実践している方には体感してわかりやすい内容でしょうが、いきなり「リヴィング・オン・ライト」できない一般人にとっては、本作の方が「優しい」内容であると感じます。(優しいのであり、決して「易し」くはありません。)

何に飢えているのか。
なぜ、食べるのか。
何を、食べているのか。

ただ、漠然とたべていることを辞めることで、素敵なものが見えてきます。
いつかは、光を摂取して生きてみたいものです。
そんなことを、著者はとてもナチュラルに教えてくれる人です。
コメント 138人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ただ、何を食べるか、という違いがあり、「食材」から確実に栄養を取るには、食材に合わせた肉体に作り変える必要がある、という事なのだと理解しました。

「物質的な食物」の必然性からの開放は、どれ程自由になれるでしょう?
この本に書かれている技術が「可能なんだ」と知っただけで、私の人生観が変わりました。

食べる必要がなくなれば、世界中の戦争の大部分がなくなるでしょう。
「大量に安価に」作る必要がなくなるから、農業ももっと充実した穏やかな、本来のリズムを最優先したものに切り替えられるでしょう。

「食べる」事の内容ではありましたが、この本から一番伝わったメッセージは、「愛」でした。
コメント 144人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
以前大木を見て和んでいた時ふと、「ひょっとしたら人間はものすごく効率の悪いエネルギーーの使い方をしているのでは?」と思いました。木は人間のようにあくせく働きに行かなくても、あんなに大きく育っている。なぜ人間はそうなれないのか?そんなことを考えていた私にとってとても有益な本でした。日月神示やその他多くのアセンション系の書籍にも食べ物や食べ方に関する記述が多く、今の時点でスピリな力を持っている人はともかく、凡人のわたしは来るべきそのときの為にどう生活していけばいいのか、なんて事を考える人は多いのではないでしょうか?翻訳のし方がちょっと独特で、文章自体を理解するのが難しいというか、お馬鹿な私には読みづらい感じがしたので星一つ減らしましたが、数々の預言書、瞑想、ヨガ、マクロビオティック、東洋医学等々の概念がすべてがつながっているな〜と感じられます。
コメント 97人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー